年末年始営業時間のお知らせ

12/29,30 :9:00-14:00

12/31-1/4:休業

1/5より通常営業

年末年始は宅配業者の繁忙期のためご希望日時にお届けできない可能性があります余裕をもってご注文ください。

上皮性悪性腫瘍への使用例

情報提供:塩田動物病院様

【上皮性悪性腫瘍:コルディMとステロイドの併用】
犬種:ボーダーコリー
性別:雌
年齢:14歳
コルディ使用期間:2016年8月20日~2017年1月13日

治療経過

2016年8月8日、肛門脇に40×60mmのシコリを発見、抗生物質の服用を開始するも、シコリに変化なく、同月17日に細胞診で上皮性腫瘍(肛門嚢アポクリン腺癌の疑い)と診断。

同月20日より、コルディMとステロイドの服用を開始し、10月12日からはアンチノールも併用。

一時期腫瘍の縮小が見られたが、ステロイドを切ったところ、11月28日に再発が見られた。
その後、元気食欲問題なく、排便もスムーズに行えていたが、12月28日に呼吸喘鳴、痙攣の症状が見られる。
2017年1月4日、咳や鼻汁があるものの、元気食欲は問題なかったが、1月13日に午前中に食事を食べ、散歩にも行っていたが、午後に永眠。

 
【弊社より一言】
肛門嚢アポクリン腺癌は稀に起きる病気で、主に雌での発生率が高い病気です。
腫瘍の成長はスピーディーで、腰部のリンパ節への浸潤も強く見られます。排便困難になることも多いです。
進行が早い腫瘍を患いながら、最期まで元気食欲と言った一般性状を保ちQOLの維持が出来たのは、コルディのサポートが合ったからではないかと考えられます。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
がんや病気を抑えるために重要な免疫の働き 免疫とは、体に備わる大切な防御メカニズム。昼夜を問わず働き続け、がんや感染症などの病気から犬と猫の...
コルディ使用例
猫伝染性腹膜炎(FIP、エフアイピー)とは、コロナウイルス科コロナウイルス属猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。 猫コロナウ...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
ここでは、ネコちゃんの肝臓疾患で、腫瘍以外の主な疾患についてご紹介します。 ワンちゃんの肝臓疾患に関する病気はこちら をご覧ください。 急性...
取扱い動物病院の一覧
いつでも頼れる地元の獣医さん ケペル動物病院は西武新宿線・野方駅より徒歩1-2分にあるこじんまりとした動物病院です。 近くにコインパーキング...
ニュース・コラム
手作り食にチャレンジしてみましょう! 手作り食というと、難しく考えてしまい気構えてしまう方が少なくありませんが、難しく考えず、気軽に、そして...