年末年始営業時間のお知らせ

12/29,30 :9:00-14:00

12/31-1/4:休業

1/5より通常営業

年末年始は宅配業者の繁忙期のためご希望日時にお届けできない可能性があります余裕をもってご注文ください。

なぜ犬・猫に歯磨きが必要なの?

自然界の動物は歯磨きをしなくても虫歯になったり歯周病になる事はありません。
しかし、ペットとして飼われている犬・猫の場合は違います。

 

多くの犬・猫は歯周病を患っています。

 

ご愛犬やご愛猫にペットフードを与えていらっしゃるご家庭は多いと思います。
ペットフードは食べやすいように加工してあり、食べると歯の周りに細かな粉がついてしまいます。

 

これが歯垢の原因となります。そして歯垢は数日で歯石になってしまいます。
歯石は成長する時に歯茎に入り込み歯茎が歯槽膿漏となってしまいます。

 

歯垢が歯石になる前に取り除いてあげる事や歯肉を引き締めてあげる事はご愛犬やご愛猫の口腔ケアにはとても大切なのです。

犬・猫にとって歯磨きはストレスです

自然界に生きる動物にとって歯磨きは不要なものです。ですから犬も猫も歯磨きの重要性を理解できません。

 

歯・口をいじられることは不快な行為ですから、歯磨きを嫌がって暴れたり噛みついたりするのは自然の反応なのです。

 

しかし、犬や猫の健康面を考えた時に口腔ケアはとても大切です。
歯みがきの習慣がないと歯垢がつき、数日で歯石となってしまい、さまざまな病気の原因になります。

 

ストレスが少なく歯磨き・口腔ケアができるように開発されたのが「歯みがき手袋」です!

歯みがきはワンちゃんやネコちゃんにとってはストレスになりやすいため信頼関係が築かれていないとハードルが高いものです。

 

歯ブラシを使った歯磨きを嫌がる子でも、遊びながら自然と歯磨きができる「歯みがき手袋」をご使用いただければ、ストレスを感じることなく歯磨きができるかもしれません。

犬の歯周病、犬の口内炎

3歳以上の犬の約8割は歯周病を患っていると言われています。
歯周病は歯の周りの歯周組織が歯垢に潜む菌によって炎症を起こす病気です。

 

歯周病は放っておくと手術が必要になってしまう怖い病気です。

 

黄色から茶色に見えたり、歯肉が赤く腫れている時は歯周病の初期段階「歯周炎」のサイン。
しかし、歯肉以外の歯の周りの歯周組織が炎症を起こすと歯周炎になります。

 

歯周炎になると歯肉は赤く腫れ、歯垢・歯石の付着が酷くなり、口臭や痛みを伴うようになってきます。

 

歯と歯肉の間から膿が漏れ出てきたり、菌が血管から入り込み心臓や肺、肝臓、腎臓などにたどり着き様々な疾患を引き起こしてしまう事もあります。

 

歯周病のサイン
  • 歯が黄ばんでいたり茶色く変色している
  • 歯ぐきがピンクではなく赤くなり腫れている
  • 口が臭い
  • 口の中から出血している
  • 食欲が低下してきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 歯と歯肉の間に膿が溜まり漏れ出ている(歯槽膿漏)
  • 口の中と皮膚が貫通してしまった
  • 固いものを噛んだら骨折してしまった

ワン・ニャンも歯が命!』にも歯の大切さについて記載しております。
合わせてご一読ください。

歯周病予防に歯みがき手袋をお勧めします

大切なご家族であるご愛犬・ご愛猫が歯周病にならないように、歯磨きを習慣化できたら良いですね。
歯みがき手袋はストレス少なく歯磨きができますので、一度お試しいただいてはいかがでしょうか。

実際に歯みがき手袋を使って歯磨きをしている動画をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

歯みがき手袋のお求めは・・・

歯みがき手袋は弊社直営のYahoo!モノリス店でお求めいただけます

 

お電話(TEL:048-474-0813)でもご注文いただけます。

税込745円です。クロネコヤマトのDM便なら送料込みです!

もちろん、コルディと一緒のご注文も大歓迎です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
犬のコアワクチンについて 致死率の高いウイルスの予防となるコアワクチン。 このページでは、犬のコアワクチンが予防するウイルス病がどのような病...
コルディ使用例
犬の甲状腺癌の肺転移使用例 甲状腺がんとは 甲状腺の腫瘍の発生は、犬の腫瘍全体の2%未満とまれです。しかし、多くが悪性の甲状腺がんでリンパ節...