年末年始営業時間のお知らせ

12/29,30 :9:00-14:00

12/31-1/4:休業

1/5より通常営業

年末年始は宅配業者の繁忙期のためご希望日時にお届けできない可能性があります余裕をもってご注文ください。

コルディ製造工場は原材料GMP認定を受けています

いつもコルディをご愛用頂きありがとうございます。

弊社モノリスのコルディ製造工場(自社工場)は健康食品GMP(原材料GMP)の認定を受けています。(認定日は2016年9月21日)

※原材料(コルディ)がGMP基準で製造されているという事です

GMPとは

GMPとはGood Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。

GMP認定証GMP認定証

医薬品や健康食品(サプリメント)は製造の過程で濃縮や混合などの作業が行われるため、製品に含まれる成分量にバラツキがでたり、汚染などにより有害物質が混入したりする可能性があります。

この問題を未然に防ぐために以前より医薬品はGMPへの対応が義務付けられ、最近では健康食品においてもGMPの考えが導入されるようになってきました。

既に米国をはじめ、ニュージーランド・オーストラリア、そして中国や韓国などの近隣諸国では健康食品の製造にもGMPが義務付けられています。

しかし日本ではサプリメント製造のGMPは義務付けられておらず各企業の自主努力に頼っているのが実情ですが、GMP認定を受け維持するには多額の費用がかかるため実際にGMP基準に沿ってサプリメントを製造している会社はまだ少数です。

特に原材料GMPを取得している企業は日本でも数えるほどしかありません。モノリスは原材料GMP認定を受けている数少ないメーカーの一つです。

弊社の取り組み(安全性試験)

弊社では以前より健康食品は「安全である事」が第一に重要であると考え、急性毒性試験、亜急性毒性試験、エームス試験(変異原性試験:遺伝子に異常を来さないかの試験)、遺伝毒性試験等の安全性試験をGLP適合機関※にて実施し、コルディの安全性を確認してまいりました。

これら安全性の試験を実施するには多大なコストがかかるため、しっかりとした安全性の試験を行わずにサプリメントを販売している業者も少なくありません。
むしろ安全性試験を実施している業者の方が少数かもしれません。

GLP適合機関:国際機関であるOECDが定めるGLP(医薬品、化学物質等の安全性を評価する検査や試験が正確かつ適切に行われることを保証するための基準)に適合した機関

安全性試験だけで安心・安全?

では各種の安全性試験を行っていれば製品は安心・安全が担保されるのでしょうか?

答えはNOです!

安全性試験を行い、その結果問題が無かったとしても常に一定の製造工程で安定して製造された製品でなければ製品毎にバラツキが出てしまいますし、製造工場の設備が整っていなければ外部から害虫や雑菌、あるいは汚染物質などが紛れ込んでしまうリスクがありますので、全ての製品が安心・安全とは言えません。

「サプリメントは大切なご家族の健康の為を思ってお買い求めいただくもの」です。

ですから常に安全であり安定した品質を保った製品をお届けしたいと考えるのは当然であり、弊社は安全性試験の実施だけにとどまらずGMP認定を目指してまいりました

弊社工場は原材料GMP認定を受けておりますので原材料の培養段階から最終ボトル詰めまで一貫してGMP基準に沿った製品を皆様にご提供できる体制が整っています。
GLP適合機関での安全性試験も行っております。

確かにGMP認定工場を維持するには多大なコストがかかります。
しかし、弊社では皆様にモノリス虫草を安心してお使いいただけるよう、今後も努力を重ねていく所存です。

定期的なDNA鑑定


天然の冬虫夏草(虫草)を採取し、培養する際に気を付けなくてはならないのは、採取してきた冬虫夏草(虫草)についている雑菌を排除し、純粋な冬虫夏草(虫草)の菌だけを培養しなくてはならないという事です。

 

弊社では培養したコルディが元の菌(冬虫夏草)と同一性が保たれているか確認するためにDNA同定検査を定期的に行っています。

 

DNA同定検査を行うことで、コルディは元の菌と同一である、確かに冬虫夏草(虫草)である、という事が言えるのです。

定期的な放射能検査


原発の事故以降、日本の食品は海外への輸出が規制されています。
それは放射能汚染のリスクがあるためです。

弊社のモノリス虫草は海外からの引き合いも多いため輸出をしていますが、輸出の際には製品が放射能汚染されていないか証明書の添付が求められます。

そこで弊社では製品の放射能汚染検査も定期的に行っております。

検査対象としているのは下記の通りです。

放射性ヨウ素 I-131 検出せず
放射性セシウム Cs-134 検出せず
放射性セシウム Cs-137 検出せず

競走馬理化学研究所のドーピング検査にもパス


競走馬理化学研究所では競走馬に使用される飼料、飼料添加物、医薬品、健康食品等に禁止薬物が含まれるているか否かの検査を行っています。

コルディは競走馬理化学研究所のドーピング検査にもパスしております。
馬や牛など大型動物の健康増進にも安心してご使用いただけます。

健康増進目的の場合、体重1キロあたり1日0.04-0.1g(例:500㎏の場合は20g-50g)を飼料などと一緒に与えてください。

コルディは大型動物にも安心してご使用いただけます。詳しくは競走馬理化学研究所のドーピング検査にもパスをご覧ください。

コルディの紹介動画

コルディの製造の流れを動画でご覧いただけます。冬虫夏草の採取から培養、そしてボトル詰めまで安心・安全にこだわったモノリスの取り組みについて是非ご覧ください。コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等について)はこちら


モノリスでは今後も皆様の大切な家族の健康維持のためにコルディの品質向上に努めてまいります。安心・安全なコルディ。自信をもってお勧めいたします。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
犬の肝機能・腎機能低下へのプラセンタ12000の使用例 情報提供:塩田動物病院様 【肝機能・腎機能低下:プラセンタ12000】 犬種:チワワ...
ニュース・コラム
猫はもともと腎機能が低下しやすい動物です。実際に腎臓病と診断される猫は多く、高齢になるほど増加します。 腎機能低下時の低タンパク食は寿命を延...
ニュース・コラム
動物専用の抗がん剤は発売されていません。そのため人間用の抗癌剤が動物の治療に用いられます。 抗がん剤を使うとき、その副作用を切り離して考える...
取扱い動物病院の一覧
近隣だけではなく遠方からの来院も多い動物病院 あさか台動物病院は、東武東上線の朝霞台駅・JR武蔵野線の北朝霞駅から至近距離にある動物病院です...
ニュース・コラム
がんや病気を抑えるために重要な免疫の働き 免疫とは、体に備わる大切な防御メカニズム。昼夜を問わず働き続け、がんや感染症などの病気から犬と猫の...
取扱い動物病院の一覧
自然療法を取り入れた治療が人気。サプリメントも積極的に利用して治療の質を高めています。 神奈川県相模原市のひだまり動物病院のご紹介です。 最...