• コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)

情報提供:塩田動物病院様

【耳介の扁平上皮癌:コルディMの内服と外用、コルディGの外用】
動物種:猫
性別:雄
年齢:不詳
コルディ使用期間:2016年8月20日~2017年3月17日

 

治療経過

2015年1月24日:耳介に怪我があるとのことで来院、元気消失、食欲減退。
2016年7月9日:細胞診をしたところ、扁平上皮癌との診断。
インターキャット、バイトリル(抗生剤)、Pd、ラクテック、ベターシャーク(ヨシキリザメ軟骨のサプリメント)を服用。
8月20日:コルディMの服用を開始。
9月29日:右耳介切除、病理検査で悪性扁平上皮癌と診断、同月29日には左耳介より出血が確認され、細胞診の結果、慢性化膿性炎症との診断。
11月22日:コルディEXの塗布を開始。
12月17日:コルディMをニベアクリームに混合した軟膏の塗布を開始。
2017年1月10日:コルディGをニベアクリームに混合した軟膏の塗布を開始。
3月17日永眠。
【先生、飼い主様よりコメント】
定期的な補液とベターシャーク服用を併用し、削痩が見られていたものの、最期まで食欲があった。
【弊社より一言】
猫の扁平上皮癌は比較的多く見られる腫瘍であり、抗がん剤も効きにくい腫瘍です。
お顔に出来る腫瘍は悪性度が高いため、比較的進行も早く、お顔の変形も見られます。
栄養状態を安定させ、コルディなどサプリメントを利用してQOLを維持していくことが大事になるのではないでしょうか。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
動物保護にも力を入れている動物病院 馬場総合動物病院は神奈川県川崎市中原区、JR南武線武蔵中原駅から徒歩10分中原街道沿いにある動物病院です...
取扱い動物病院の一覧
積極的に代替療法を取り入れている動物病院 ふぅ動物病院は東京都青梅市の動物病院です。 犬・猫・ハムスター・小鳥・うさぎの診察を行っています。...
ニュース・コラム
ここ数年、ワンちゃん・ネコちゃんのお口の中から健康にということで、動物病院でも「デンタルキャンペーン」が行われているところが増えているように...
コルディ使用例
コルディMをご愛用頂いている飼い主様より、嬉しいご報告のメールを頂きました。 同じ疾患でお悩みの方の希望になればと思い、飼い主様のご了承を得...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
肝臓の機能 肝臓は体内の中でも最大の臓器であり、様々な機能担っています。その中でも重要な機能として ①胆汁の生成、分泌(栄養の消化吸収に関与...
ニュース・コラム
手作りレシピ集~お食事編~はこちら 手作り食で使える食材を紹介します。 一度にいろいろな食材を入れるもの良いですが、あまり沢山の食材を混ぜて...