• コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)

犬・猫・ペットの癌、肉腫、リンパ腫対策サプリ|コルディ
元気食欲を回復させ穏やかな毎日を送りたいならコルディをご検討ください。
>>コルディの使用例はこちら<<


 

抗がん剤はほとんどのがんに対してあまり奏功しませんが、その中でリンパ腫は抗がん剤が反応しやすい珍しいがんです。

とは言いましても、実際のところ抗癌剤治療だけで治癒にまで持ち込める可能性はほとんどありません。リンパ腫で抗がん剤を使う目的は寛解(一時的な回復状態)に持ち込んだり、少しでも延命させることです。

リンパ腫の抗がん剤

リンパ腫の標準治療は化学療法(薬物治療)です。リンパ腫にはあまり手術が役立たないので、実質的に化学療法(抗癌剤治療)が主な治療法となります。

リンパ腫に使われる抗がん剤
一般名(成分名) 製品名 特徴 予想される副作用
ビンクリスチン オンコビン
シクロホスファミド
=サイクロフォスファマイド
エンドキサン
L-アスパラギナーゼ ロイナーゼ
ドキソルビシン
=アドリアマイシン
アドリアシン
ロムスチン

=CCNU

日本未承認 アルキル化剤T細胞性リンパ腫
ダカルバジン ダカルバジン アルキル化剤
エトレチナート
メルファラン アルケラン
アクチノマイシンD
ブレオマイシン
シトシンアラピノシド
メトトレキセート
プレドニゾロン プレドニン

 

抗がん剤の標準的な使い方

副作用に耐えられるだけの体力があれば、抗がん剤を徹底的に使います。

リンパ腫細胞は抗がん剤に対して耐性を獲得します。時間をかけているといずれ抗がん剤が効かなくなるのがわかっていますので、最初から複数の抗がん剤を手加減なしで使用するのが基本です。効き目が悪ければ別の薬剤に切り替えます。

組み合わせのパターン

複数の抗がん剤の組み合わせのことをレシピ、その投与計画をプロトコールなどと呼びます。

リンパ腫治療の抗がん剤の組み合わせ例
呼び名 組み合わせる薬剤 特徴 予想される副作用
ビンクリスチン オンコビン
シクロホスファミド
=サイクロフォスファマイド
エンドキサン
L-アスパラギナーゼ ロイナーゼ
ドキソルビシン
=アドリアマイシン
アドリアシン
ロムスチン 日本未承認 アルキル化剤T細胞性リンパ腫
ダカルバジン ダカルバジン アルキル化剤

 

レスキューについて

レスキューは再発時の治療のことです。

リンパ腫は寛解してもほぼ確実に再発してしまいます。再発時の治療は、寛解に持ち込んだプロトコールを投与することになるでしょう。それが反応しないときのために用意されているのがレスキュープロトコールです。

初発時に比べて再発時では、体力も免疫力も消耗していることが多くなります。初回治療に比べて良い結果が得られる可能性は低くなります。再治療を受け入れるかどうかは、期待できる効果と被るであろう副作用を天秤にかけ本当にメリットが多いのか、よく検討されることをお勧めします。

なかなか進歩しない抗がん剤治療

抗癌剤開発の歴史を聞くとみなさんきっと驚くのではないでしょうか。世界初の抗がん剤(エンドキサン:シクロホスファミド)は第一次世界大戦で使用された毒ガス「マスタードガス」をヒントに生まれましたが、シクロホスファミドはその抗がん剤に手を加えた化合物です。
いまだにリンパ腫治療がシクロホスファミドに頼らざるを得ないのは、それを超えるような抗がん剤がほとんど開発されていないためです。
 

コルディをお勧めします

弊社のコルディM/コルディGはワンちゃん、ネコちゃんの免疫を整えるお手伝いをするために開発されたサプリメントです。
抗癌剤の副作用軽減・相乗効果も期待できます。
悪性リンパ腫でお困りの犬・猫のためにコルディをお勧めいたします。
>>コルディの使用例はこちら<<
 

犬や猫のがんの関連記事
  • 下顎のメラノーマ
    犬のメラノーマ・皮膚がん
  • 猫の膀胱がん
  • 犬猫のリンパ腫で使用する抗がん剤とその副作用
  • 猫の注射部位肉腫~ワクチン反応性(誘発性)肉腫~
  • 犬の血管肉腫
  • 犬の膀胱がん
  • 犬の肥満細胞腫
  • 猫の乳腺腫瘍(乳がん)は、手術だけでは高確率で再発する

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
日曜・祝日も診察を受けられます 南浦和動物病院はJR京浜東北線、JR武蔵野線の南浦和駅から徒歩10分ほどにある動物病院です。駐車場も完備して...
ニュース・コラム
癌はいまだに不治の病です。そして致死率がとても高い病気です。有効な対策は予防です。 癌(がん)は犬の死因の第一位です。怖い病気であると同時に...
メール相談への回答集
Q:8歳のトイプードルを飼っています。トリミングで、乳腺にしこりがあると言われ、かかりつけで細胞診をしたところ、良性腫瘍との診断でしたが、ま...
ニュース・コラム
夏が近づくにつれて、注意したいことと言えば「熱中症」。 そして、それと同時に多いのが、「下痢」や「嘔吐」などの消化器症状です。 人間と違い、...
ニュース・コラム
がんや病気を抑えるために重要な免疫の働き 免疫とは、体に備わる大切な防御メカニズム。昼夜を問わず働き続け、がんや感染症などの病気から犬と猫の...