• コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)

若く健康な子でも、麻酔のリスクは避けられません。

ましてや、高齢ともなると、肺の機能低下(換気低下)や臓器の機能低下(解毒低下)が問題になってきます。

血液検査で異常値はないのか(肝臓・腎臓だけでなく、アルブミン値も重要です)、レントゲン検査で肺に異常はないのか。

これらをしっかり検査をし、手術を受けることでのメリット・デメリット等、先生と納得行くまで話し合いを重ねてから手術をするか否かを決断しましょう。

手術でがんは取れたけれど、麻酔から目が覚めなかった、術後の回復が芳しく無く、そのまま亡くなってしまったというケースも少なくありません。

症例によっては一刻を争う為、急いで手術をしなければならない場合もありますが、がんの場合、急ぎで手術を!ということはあまりありません。

食欲がなく、体力が低下している状態での手術は高リスクですし、高齢であれば更にリスクは高まります。

一度気持ちを落ち着かせ、本当に手術しなければならないのか、ご家族で話し合ってみてください。

コルディを使用されている飼い主様から、食欲が元に戻り体力がついてきたので手術に踏み切ったという子もいらっしゃいますし、当初手術は出来ないと言われていた子が、コルディ服用後のワンちゃんの見て、この状態なら手術も頑張れるかもしれないという状態まで戻った子もいらっしゃいます。

もし、手術に踏み切るということであれば、少しでも手術に耐えられるような体作りを心掛けてあげてください。

よくあるご質問の関連記事
  • 飼い主様からの質問と回答
  • 腫瘍と腎不全を併発<コルディ相談>
  • 腫瘍とてんかん発作を併発<コルディ相談>
  • 飼い主様からの質問と回答
  • コルディの飲ませ方【成功例】
  • 何も手立てがないと言われたが…本当に何もできないの?
  • 抗がん剤を勧められたが、副作用の危険性は?
  • 手術を勧められたが、麻酔のリスクが心配

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
肝臓の機能 肝臓は体内の中でも最大の臓器であり、様々な機能担っています。その中でも重要な機能として ①胆汁の生成、分泌(栄養の消化吸収に関与...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
ここでは、ワンちゃんの肝臓疾患で、腫瘍以外の主な疾患についてご紹介します。ネコちゃんの肝臓疾患に関する病気はこちら をご覧ください。 犬伝染...
メール相談への回答集
消化器型リンパ腫での使用について Q:15歳の猫を飼っています。数ヶ月前より下痢が続いており、抗生剤を使用しても改善しなかったため検査をした...
コルディ使用例
犬の甲状腺癌の肺転移使用例 甲状腺がんとは 甲状腺の腫瘍の発生は、犬の腫瘍全体の2%未満とまれです。しかし、多くが悪性の甲状腺がんでリンパ節...
ニュース・コラム
猫はもともと腎機能が低下しやすい動物です。実際に腎臓病と診断される猫は多く、高齢になるほど増加します。 腎機能低下時の低タンパク食は寿命を延...