• コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み

2016北京国際栄養健康産業展示会

2016年11月25日から27日の3日間、中国の首都北京で「2016北京国際栄養健康産業展示会」が開催されました。

弊社も中国の方に「モノリス虫草」および「コルディシリーズ(コルディM/G/EX)」をご紹介するため展示会に出展してきましたのでその模様をご紹介いたします。

北京の大気汚染

ご存知の通り、中国はすさまじい勢いで経済発展していますが、それと同時に環境悪化・環境汚染が大きな社会問題となっています。

車の排気ガスや工場が排出する排ガス、そして冬場は暖房に練炭を使っていることなどが原因のようですが、北京の空気汚染の状態は空港に降り立てばすぐにわかるほどの状態でした。

上の写真は現地時間の朝9時に撮影した写真です。
太陽方向を撮影しましたが、ほとんどまぶしくありませんでした。

写真中央のビルは100m離れていません。さらに右手奥に写っている少し遠くのビルも霞んでほとんど見えません。(距離は500mほどしか離れていません)

この日の夜にはpm2.5の数値が350を超えていました。
さすがに目や喉に違和感を感じましたし、同行した5名全員が少し頭痛を感じるほどでした。

このような環境が続くのでは喘息や肺癌など肺疾患が多くなるのもうなずけます。

冬虫夏草は中国では高嶺の花

今回展示会に出展したのは弊社の冬虫夏草製品を本場中国で紹介する為です。

中国で冬虫夏草と言えば、小さなお子さまからお年寄りまでどなたでも知っているとても有名なキノコです。

天然の冬虫夏草は乱獲の影響もあり年々取れ高が減少し、価格も高騰してしまい、一般の方が買える値段ではなくなってしまいました。

写真の冬虫夏草は北京同仁堂という中国で最も信頼度の高い漢方薬局で売っていた冬虫夏草です。(偽物が多い中国ですが同仁堂で売られているものは確かだという意識があるようです)

わずか1gで920元(2016年11月末のレートで約15000円)もします。

コルディM/Gは30g入りですから、この最高級冬虫夏草ならコルディ1本が45万円!にもなってしまいます。

形が完全に崩れて粉になってしまったものでも10gで2580元(約42000円)でした。

天然の冬虫夏草はとてもとても庶民が日常的に飲む事ができない高価な漢方なんだと改めて実感しました。

本場中国で日本産の冬虫夏草を販売??

弊社のコルディは弊社スタッフが野山に入り採取してきた日本産の冬虫夏草を自社工場で培養し製品化したものです。

弊社冬虫夏草を中国の人々やワンちゃん、ネコちゃんにも飲んでもらいたいと思いたったのが約5年前。東日本大震災のすぐ後でした。

知人に「一度経済発展著しい中国を観に行きましょう」と誘われ震災後の4月初旬に中国を訪れました。

その時、現地で冬虫夏草がいたるところで売られているが、ほとんどは偽物であると知り、『それなら弊社のスタッフが自ら採取し自社工場で培養した高品質の冬虫夏草をより多くの人に安く提供したい』と思い、中国で弊社製品を販売する準備に取り掛かったのです。

簡単には販売できない冬虫夏草

しかし調べてみると中国では<冬虫夏草やその培養物には効果があるため普通のサプリメントとして販売できない>事がわかりました。

医薬品ではないが、効能効果があるため日本のトクホ(特定保健用食品)と同じように扱われ日本の厚生労働省にあたるCFDA(中国国家食品薬品監督管理総局:China Food and Drug Administration)の許認可が必要なのです。

CFDAの許認可が必要なのは医薬品、化粧品、医療機器、そして特定の食品(効能効果があると認められた食品)で、許可が下りると、写真のようなロゴマークを製品に表示できます。

CFDAの許認可を得るためには例えば毒性試験(急性毒性・亜急性毒性・変異原性試験など)や安定性試験、効能試験(例えば免疫力増強)などなど様々な試験に合格しなければなりません。

弊社はCFDAが求める試験に全て合格し、現在は書類審査の段階に入っており、まもなくCFDAの許可が取得できると思われます。

CFDAの許認可がおりましたら、改めて皆様にご報告致します。

展示会の模様

さて、前置きが長くなりましたが展示会での様子をお伝えいたします。


弊社ブースの写真です。

入口からほど近いとても良い場所に出展させていただきました。

が、、、外の気温は氷点下

入り口から近いため、会場入り口付近の室温もほぼ氷点下!です。
朝から夕方まで一日会場にいるといくら厚着をしていても足元から冷えてしまいます。

高い関心・評価を得ました

しかし、中国で初!CFDAで許可を取得(予定の)海外製の冬虫夏草という事で、人々の関心はとても高く、寒がっている暇もなく来客対応に追われていました。

嬉しい悲鳴です。

メディアからも注目され、中国国営のテレビ局CCTV(中国中央電視台=中国中央テレビ)の取材3本の他、新華社(新聞社)からの取材も受けました。展示会の模様はCCTV4チャンネルやCCTV7チャンネルで放映されるとのことで、中国在住の方はご覧になられたかもしれませんね。

また、一般の消費者や業者の方からも

  • 中国の冬虫夏草と何が違うのか?
  • 日本にも冬虫夏草があるのか?
  • いつから販売するのか?
  • どこで買えるのか?
  • 販売代理店をしたい

などなど、様々な質問・反応をいただきました。

4年以上の年月を要しましたが、まもなくCFDAの許認可が下りて上梓できます。

とても楽しみですし、早く中国の方々やペット達の健康維持・改善にお役立ちしたいと思っています。

中国にお住いの皆様、今しばらくお待ちください。


 

  • コルディの安全性への取り組み
  • 競走馬理化学研究所のドーピング検査
  • 免疫(免疫力)は癌や病気を抑える切り札
  • 手作りレシピ集~食材編~
  • 手作りレシピ集~作り方~【改定】
  • 手作り食のサポート~ビール酵母~
  • 犬・猫のワクチンについて
  • ワン・ニャンも歯が命!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
手作り食や半手作り食をされている方からのご相談で、ミネラル・ビタミンが足りているか不安だというお声をいただきます。 特に、ネコちゃんはお野菜...
コルディMについて
投与回数 コルディは1日2回以上、できればより小分けにして与えていただけるとより良いです。 (常に体の中にコルディがある状態にしていただくの...
犬や猫のがん
1.扁平上皮癌とは 皮膚や粘膜を生成する扁平上皮細胞という細胞が腫瘍化したものを、扁平上皮癌と言います。 猫の場合、口の中や目、鼻、口などの...
ニュース・コラム
動物専用の抗がん剤は発売されていません。そのため人間用の抗癌剤が動物の治療に用いられます。 抗がん剤を使うとき、その副作用を切り離して考える...