犬の血管肉腫について

ご愛犬が血管肉腫(けっかんにくしゅ)を患ってしまった方へ

血管肉腫は悪性度の高い癌です。血管肉腫の治療を受けたが症状が改善しないケースは少なくありません。抗癌剤など副作用の強い治療を受けQOL(生活の質)が悪化してしまい後悔される飼い主様も少なくありません。そのような飼い主様が一人でも減って欲しい、治療のことをよく知り、納得したうえでご愛犬にとってプラスになる治療を受けさせて欲しい、という思いでこのページを作成いたしました。たとえ末期の血管肉腫でも取り組み次第で予後の改善は可能です。以下を参考にしてください。

血管肉腫はがん(悪性腫瘍)の一種です。血管の内皮に発生するため、血管の多い肝臓や脾臓に多く見られます。犬の場合には、脾臓から発生する事が多く、 悪性で非常に進行が速く、転移も起こりやすいがんです。

 

一般的に治癒させることはもちろん、コントロールすることさえ難しく、予後は極めて不良と言われています。

手術や抗癌剤治療を施しても、余命は半年程度と考えられています。

 

早期では症状が少なく見つけることは困難です。腫瘍が破裂・出血し、体調異変で気がつくケースは少なくありません。見つかった時点で余命1ヶ月と宣告されることもある厳しいがんです。

 

しかし取り組み次第で血管肉腫と共存したり、ご愛犬の予後を改善することはできると思います。

 

このページをご覧いただいている皆様のご愛犬が血管肉腫を患ってしまっているのでしたら、一度弊社にご相談いただければと思います。

 

私たちは今まで多くの血管肉腫を患ったワンちゃん、ネコちゃんに「コルディ」をお飲みいただき、免疫が整い元気食欲がでてきてワンちゃんがワンちゃんらしく、猫ちゃんは猫ちゃんらしく生きていくお手伝いをしてきました。一度お気軽に状況をお聞かせください。

 

コルディのお問い合わせはこちら

 

犬の血管肉腫に対する一般的な治療法

血管肉腫の手術

腫瘍(血管肉腫)が一箇所に限局している場合、余命の延長を期待して外科手術を行います。手術が成功して腫瘍を取り切ったように見えても、実際にはがん細胞は体中に転移している可能性が極めて高いため獣医師から手術後にも関わらず「残念ながら完治は困難です」と言われてしまう事も珍しくはありません。

 

血管肉腫を取りきれないとわかっていても手術が行われることがあります。このような手術を姑息手術(こそくしゅじゅつ)といいます。

 

姑息手術では腫瘍の体積を減らし一時的な改善を狙いますが、どれほど余命を延長させるかは明らかではありません。また血管肉腫では腫瘍から容易に出血します。その出血を止める目的での手術は緊急避難的に重要です。

 

血管肉腫に対する抗がん剤治療(化学療法)

手術に続いて化学療法(抗がん剤治療)が検討されます。全身に広がって摘出できない癌細胞を叩くことが目的です。すでにがんが広がり過ぎている場合、手術をせず化学療法だけが行われることもあります。

 

抗癌剤ドキソルビシン(商品名:アドリアシン)を組み合わせた化学療法を行うことがあります。

しかし血管肉腫は抗癌剤が非常に効きにくいため身体に負担をかけて抗がん剤治療を受けたとしても延命効果はあきらかではありません。

 

またドキソルビシンは心臓を障害する副作用があるため、心臓病(僧帽弁閉鎖不全症にともなう心不全など)がある場合は使いにくい抗癌剤です。心臓疾患がみられやすいマルチーズを始めとする小型の犬種やスパニエル種(特にキャバリア・キングチャールズ・スパニエル)では獣医師からデメリットについてよく聞いて下さい。

 

 

血管肉腫の予後・余命・生存率

一般的に血管肉腫の予後は非常に厳しいと考えられています。

 

手術後の生存率は1年後で10%程度と言われていますが、手術で延命できるのは運良く早期発見ができた場合です。そもそも手術ができないほど進行したケースは少なくありません。ですので血管肉腫と診断されてからの平均余命は3ヶ月ないかもしれません。

 

1日でも長く延命したいという思いで抗がん剤投与が検討されますが、必ずしも効果を得られるわけではありません。逆に短命になる危険性やQOL(生活の質)が著しく低下する可能性があります。

血管肉腫は通常の治療だけではほとんどコントロールできない難治性の高い病気です。

血管肉腫でもQOLを維持し延命・克服できるー免疫改善の必要性

手術後はすぐに免疫を整える取り組みを開始することをお勧めいたします。

 

がん治療において免疫は非常に重要です。がんの進行を遅らせ予後に大きく関わります。また手術のストレスや麻酔、抗がん剤の副作用などにより免疫力は容易に低下するため、対策を講じなければ逆に予後を悪くしてしまう恐れがあります。

 

血管肉腫の延命・克服を目指して

血管肉腫と診断されてショックを受けない人はいません。ですがくよくよしていても何も状況は変わりません。時間が経てば確実にがんは進行します。メリットがあればすぐに手術や抗癌剤治療を検討して下さい。

 

通常治療が無効だとしても先進医療、代替療法が状況を改善する可能性があります。免疫面・栄養面からの取り組みとしてコルディMや食事の見直しも検討してください。体力を落とす心配や副作用がほとんどなく、一般治療を行なっていても開始できます。免疫や体調の改善を期待できるうえ、マイナス面はほとんどありません。

 

療養食を中心とした治療メニューで3年7ヶ月生存した報告もあります。脾臓が破裂して動物病院に担ぎ込まれてきた子が、コルディM/コルディGを含めた自然療法で見違えるほど元気になったとの報告もあります。

 

私たちは今まで多くの血管肉腫を患ったワンちゃんに「コルディ」をお飲みいただき、免疫が整い元気食欲がでてきてワンちゃんがワンちゃんらしく生きていくお手伝いをしてきました。一度お気軽に状況をお聞かせください。

 

コルディのお問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディMについて
    コルディ®(犬・猫・ペット用の冬虫夏草サプリ)の安全性への取り組み
    2018年05月12日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
おすすめの記事
積極的なビタミン摂取は、がんを減らす
ニュース・コラム
犬も猫も人間も、ビタミン無しでは生きていけません。慢性的なビタミン不足では、肌は荒れ、病気になりやすく、とても健康で長生きすることなどできま...
がん予防にも低炭水化物
ニュース・コラム
低炭水化物食はダイエット方法としてすっかり有名になりましたが、健康を得るためにも非常に役立つ食事方法です。 私たちはがん食事療法としても低炭...
ニュース・コラム
様々なサプリメントがあるなかで、『免疫 高める』と検索するとβグルカンやアガリクスなど、キノコ系サプリメントが多く出てきます。 しかし、キノ...
ホモトキシコロジーについて
自然療法・代替療法
ホモトキシコロジーの紹介 ホモトキシコロジーは一般的な西洋治療に対する代替療法として、最近広まりつつある治療法です。 ホモトキシコロジー製剤...