獣医師推奨サプリメント
コルディ®
コルディM30g
株式会社モノリス動物医療事業部
無料相談:048-474-0813
HOME » 犬や猫のがん » 犬の皮膚組織球腫 <コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
服用の相談(TEL)048-474-0813
コルディのお求め
製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)

犬の皮膚組織球腫

Pocket

皮膚組織球腫では手術が勧められます

皮膚組織球腫は良性腫瘍ですが、それでも切除が獎められるのは、危険な肥満細胞腫との判別が難しいケースがあるからです。
皮膚組織球腫は犬にだけみられる腫瘍です。若いうちにできるのが特徴です。(一般的に腫瘍は高齢ほど多くできます。)

腫瘍の成長が早いため、急に大きくなって驚かされることもありますが、良性腫瘍のため心配いりません。ただし見た目では他の悪性腫瘍との区別が難しいため、動物病院に診てもらったほうが良いと思います。

治療

治療をしなくても消えてしまうことが少なくありません。ステロイド剤の塗布で消えてしまうものもあります。

しかし気を付けなくてはならないのは、同じように皮膚にできる肥満細胞腫との見誤りです。こちらは予後があまり良くありません。

早めに診断をつけるために切除手術してしまい、摘出した腫瘍を検査してもらうのが安心でしょう。

予後

良性腫瘍ですから内臓へ転移したりしません。生命の危険はまずありません。腫瘍自体もいつの間にか消えてしまうでしょう。

良性であっても腫瘍ができてしまうということは、体に歪があるからだと思います。運動不足、睡眠不足にならないように気をつけましょう。過度のストレスもよくありません。低質のフードもやめたほうがいいでしょう。それらは免疫を低下させてしまう要因です。

コルディをお勧めします

弊社のコルディM/コルディGはワンちゃん、ネコちゃんの免疫を整え病状のの改善を目指し開発されたサプリメントです。
ご愛犬が皮膚組織球腫と診断されたら、コルディの使用をご検討ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

Pocket