年末年始営業時間のお知らせ

12/29,30 :9:00-14:00

12/31-1/4:休業

1/5より通常営業

年末年始は宅配業者の繁忙期のためご希望日時にお届けできない可能性があります余裕をもってご注文ください。

猫の肥満細胞腫は手術で取りきれるかどうかが予後を大きく左右します

肥満細胞腫は人間にはほとんど発生しませんが犬やネコでは頻繁に発生する悪性腫瘍で、犬の皮膚にできる悪性腫瘍では一番目に多く、猫では2番目に多いと言われています。

 

肥満細胞腫は肥満とは関係がなく、免疫を担当する肥満細胞(マスト細胞)に発生する腫瘍です。

猫に発生する肥満細胞腫は主に頭部や首のまわりなどの皮膚に発生する「皮膚型肥満細胞腫」と脾臓や肝臓、小腸などの内臓に発生する「内臓型肥満細胞腫」があります。

 

悪性の肥満細胞腫だった場合は命にかかわってくる病気です。手術適応がある場合には早めに手術を受けることをお勧めします。しかし手術で取りきれたように見えても再発・転移してしまう事は珍しくありません。

 

皮膚にできる「皮膚型肥満細胞腫」では脱毛したところに1ヶ所ポコッとイボ状に固いしこり・塊ができることもありますし、身体の広範囲にぽつぽつと発生することもあります。しこりが肥満細胞腫かどうかは動物病院で検査を受けなければ判断できません。

 

一方、臓器に発生する「内臓型肥満細胞腫」の場合は、腫瘍が発生した部位により軽度の下痢を起こしたり嘔吐が観られることがあります。元気食欲がなくなっていったり体重が減少していったりすることもあります。

 

またお腹を触るとしこりが触れることもありますし、痩せてきたのに腹部だけはポコッとしていることもあります。内臓に発生する肥満細胞腫は悪性度が高いものが多いので上記症状が認められたら早めに動物病院を受診し診察を受けられることをお勧めいたします。

 

肥満細胞腫は手術で取りきれるかどうかが予後を大きく左右します。もし手術で癌を取りきれずがん細胞を取り残すと、高確率で再発してしまう悪性度の高い癌です。

 

このページをご覧いただいている皆様のご愛猫が肥満細胞腫を患ってしまっているのでしたら、一度弊社にご相談いただければと思います。

 

私たちは今まで多くの肥満細胞腫を患ったネコちゃんに「コルディ」をお飲みいただき、免疫が整い元気食欲がでてきてネコちゃんが猫ちゃんらしく生きていくお手伝いをしてきました。一度お気軽に状況をお聞かせください。

 

コルディのお問い合わせはこちら

肥満細胞とは

その名前から肥満との関係を連想するかもしれませんが、直接的な関係はありません。顕微鏡で見ると細胞が膨らみ太って見えるために、肥満細胞という名前が付けられています。

 

肥満細胞は白血球のひとつで、ヒスタミンという物質を放出する機能を持っています。ヒスタミンは炎症や免疫反応に関わります。内臓の働きにも影響を与えます。

 

花粉症ではアレルギー症状を引き起こす物質として、ヒスタミンに悪いイメージがあるかもしれません。ですが鼻水や涙が出るのは体に侵入する異物を排除するための防御反応です。肥満細胞の働きにより、生体は守られているのです。

 

なお肥満に関わるのは細胞内に脂肪を溜め込んでいる脂肪細胞ですので、脂肪細胞と肥満細胞腫との直接的な関わりはありません。

 

症状

肥満細胞腫が皮膚にできる「皮膚型肥満細胞腫」では顔(頭)や頸部(首)での発生が多いですが体幹、四肢(脚)での発生もあります。内臓に発生する肥満細胞腫は脾臓や肝臓、小腸等への発生が多く認められます。

 

シャム猫さんのように特定の品種では若い時から皮膚型肥満細胞腫の発生が認められることがあるため、品種によって発生しやすいと考えられています。
また、身体のあちこちに多発する肥満細胞腫では猫免疫不全ウイルス(FIV)との関連も疑われています。

 

肥満細胞腫ではヒスタミンなどの物質が大量に放出されます。ヒスタミンは生命活動に必要な物質ですが、多くなりすぎると様々な問題を引き起こします。アレルギー反応が起こりやすくなったり、胃酸を増やして胃潰瘍を起こしたりします。肺に障害が出て呼吸困難を引き起こすこともあります。これらはQOL(生活の質)を著しく低下させます。場合によっては生命を危険にさらします。

 

肥満細胞腫の治療

手術

猫が肥満細胞腫になったときに第一に優先される治療は手術です。腫瘍だけでなく、周囲をできる限り広く切除します。それは肥満細胞腫(がん細胞)が取り残されてしまうと再発が起こりやすいからです。もし再発してしまうと一般的に治癒は極めて困難になると考えられています

 

取りきれないとわかっていても手術することがあります。肥満細胞腫からヒスタミンなどが大量に放出されるため、体の不調を招きます。手術で腫瘍を減らすことで、症状が軽減することがあるのです。因みに症状軽減目的で行う手術を姑息手術(こそくしゅじゅつ)と言います。

ホルモン剤

身体の広範囲に癌が拡がっていたり体力的に手術に耐えられない子のように手術で取りきれない場合は、副腎皮質ホルモン剤などの塗布を行う事もあります。

抗がん剤

肥満細胞腫の治療として化学療法(抗がん剤治療)が行われることがあります。抗がん剤は全身に作用するため、腫瘍が広がりすぎて手術で取りきれない場合には適した治療です。しかし肥満細胞腫を抗がん剤だけで治癒に導くのは難しいことです。また厳しい副作用が出る可能性があることは覚悟しておかなくてはなりません。

放射線

放射線治療は大学病院など設備の整った施設で行われることがあります。基本的に放射線治療は手術と同じく、局所的な治療法です。もし広域に強い放射線を当てれば被爆により正常な組織まで障害されてしまいます。また同じく被爆の問題があるため何度も繰り返し治療を行うことはできません。

肥満細胞腫の予防法

肥満細胞腫が発生する原因ははっきりしていません。そのため明確な予防法はありません。しかし肥満細胞腫を早期発見できれば手術で取りきれる可能性があります。予防法ではありませんが、日頃から皮膚のチェックを行い、定期的な健康診断を受けておく事をお勧めいたします。

 

もちろん「しこり」や「おでき」が見つかっても、そのほとんどは良性であり、がんではありません。過度の心配はいりませんが、動物病院で診てもらえば万が一という不安がなくなります。

 

なお肥満細胞腫は高齢になるほど多く発生しますので、免疫力の低下と肥満細胞腫の発生率の上昇には関係があると思われます。日頃の免疫ケアが予防に役立つと思います。

肥満細胞腫の治療・再発ケアにサプリメントを

肥満細胞腫では、まず手術による腫瘍の摘出が第一選択ですが、見つけられなかったがん細胞が再び増殖する可能性があります。

 

コルディM/コルディG/コルディフローラ等を併せて与えていただく事で免疫力をアップさせ、再発防止にお役立てください。また周辺に広がっていたり、遠隔転移がある場合、手術だけで対処するのは困難です。そのような進行がんであってもコルディがお役に立てるケースはあります。西洋医学では対処できないとわかっても、諦めてしまうのはまだ早いと思います。

 

もちろん予防においても、安全性の高いコルディM/コルディG/コルディフローラは安心して使うことができます。医薬品のような副作用は心配がありません。肥満細胞腫に限らず、がんは予防してしまうのが一番良い方法です。

 

日頃の体調維持・管理にコルディをお役立ていただければ幸いです。

 

コルディのお問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
情報提供:塩田動物病院様 【乳腺腫瘍:コルディM使用】 犬種:マルチーズ 性別:雌 年齢:9歳3ヶ月 コルディ使用期間:2017年3月4日~...
ニュース・コラム
犬も猫も人間も、ビタミン無しでは生きていけません。慢性的なビタミン不足では、肌は荒れ、病気になりやすく、とても健康で長生きすることなどできま...
コルディ使用例
猫伝染性腹膜炎(FIP、エフアイピー)とは、コロナウイルス科コロナウイルス属猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。 猫コロナウ...