鼻腔は、鼻の穴の内側で、空気の通り道であり、嗅覚を司る部分でもあるため、とても重要な器官です。
鼻腔内に発生する腫瘍の殆どは悪性であり、腺癌と肉腫(線維肉腫、軟骨肉腫、骨肉腫)が多く発生しますが、悪性腫瘍のうち2/3は腺癌です。
その他、発生は少ないですが、リンパ腫、肥満細胞腫、嗅神経芽細胞腫なども発生します。

悪性の鼻腔腺癌などの治療が手遅れの状態の場合、半年以内で命を落とすことが多いと言われています。

犬の鼻腔内腫瘍の原因

ほとんどが原因不明と言われていますが、鼻が長い犬種(シェットランドシープドッグ、コリー、ダックスフントなど)や高齢犬がなりやすい傾向にあります。
また、飼い主が喫煙者と非喫煙者の場合、喫煙者での発生が多いことから、タバコの関連性も示唆されています。

タバコの煙は粘膜の炎症の原因になる可能性がありますので、タバコを吸う時にはワンちゃんのいない場所で吸うようにしてあげてください。

犬の鼻腔内腫瘍の症状

犬の鼻腔内に腫瘍ができたの初期症状は、鼻炎の症状とよく似ており、粘液性の鼻水、くしゃみ、目やになどが見られ、稀に鼻血も出ることがあります。

鼻腔内の腫瘍が進行すると、顔の腫れや変形、眼球突出、開口呼吸、呼吸困難、顔面付近の骨の溶解が見られます。
更に進行した場合には、てんかん・発作、性格の変化などの神経症状が見られることもあります。

犬の鼻腔内腫瘍の診断・治療

鼻腔内腫瘍の症状は、非腫瘍性疾患(真菌性鼻炎や細菌性鼻炎、高血圧、免疫介在性リンパプラズマ細胞性鼻炎など)とも似ているため、鑑別診断が必要となります。
鼻腔内腫瘍が疑われた場合、レントゲンや全身麻酔下でCT、MRIで腫瘍を確認します。

確認が出来た場合、細胞をとって悪性か良性か検査します。

転移が稀な腫瘍のため、局所治療がメインとなります。
ただし、肺や脳などに転移した場合は局所療法では効果が限定的です。

手術-犬の鼻腔内腫瘍の治療

以前は外科手術が用いられることが多かったですが、完全切除は難しい部位のため、腫瘍の一部の切り出し・掻き出しのみとなります(姑息手術)。

放射線治療-犬の鼻腔内腫瘍の治療

近年の第一選択肢となる治療法です。
放射線治療で治療した場合、1年生存率は約50%といわれています。

犬の鼻腔内腫瘍の予防法

タバコの煙や芳香剤・柔軟剤などの環境における化学物質の暴露が関連している可能性があるため、これらの有害物質の排除が発症リスクの軽減に繋がります。

犬の鼻腔内腫瘍の治療・日常ケアにサプリメントを

鼻腔内腫瘍では、放射線治療が第一選択となりますが、ご年齢やご体調などで手術を行うことが難しい場合があります。

コルディM/コルディG/コルディフローラ等を併せて与えていただく事で免疫力をアップさせ、腫瘍の増大抑制、再発防止、QOLの維持にお役立てください。

もちろん予防においても、安全性の高いコルディM/コルディG/コルディフローラは安心して使うことができます。医薬品のような副作用は心配がありません。鼻腔内腫瘍に限らず、がんは予防をすることが一番良い方法です。

日頃の体調維持・管理にコルディをお役立ていただければ幸いです。
コルディのお問い合わせ・ご注文はこちら

犬の癌(がん)克服-癌の原因、種類、食事や治療法、末期症状
犬の鼻腔腺癌-原因、症状、治療、改善方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします