モノリスに電話する

リンパ腫とは、犬に発生するリンパ腫とは血液由来のリンパ球が腫瘍化したものです。

全身に発生する可能性のある腫瘍で、主に体の中にあるリンパ節から発生しますが、臓器から発生することもあります。
リンパ腫には他の悪性腫瘍のように塊(しこり)を作って進行するタイプもあればリンパ腫は塊(しこり)を作らず進行するものもあります。

 

5~10歳の間に発症しやすいと言われていますが、10歳以降のシニアの子からのご相談も多くいただいております。

悪性リンパ腫を発症しやすい犬種には、

・ゴールデンレトリーバー
・ビーグル
・プードル
・シェパード

などが挙げられます。

 

腫瘍の発生する部位や、腫瘍化する細胞の種類、形態により細分化され、その中で、腹腔内のリンパ節が腫瘍化したものが『腹腔内リンパ腫』といいます。

腹腔内リンパ腫は、腸間膜に存在するリンパ節の腫瘍化や、消化器型リンパ腫、肝臓リンパ腫なども含まれます。
腫瘍が大きくなるにつれて腹腔内の臓器が圧迫されることで、呼吸器への影響(呼吸促迫、呼吸困難など)や食欲低下、嘔吐などの消化器症状、体重減少などが見られます。

 

「無治療なら余命は1~2ヶ月」と言われると、つい獣医師にゆだねるしかないと考えてしまいがちですが、飼い主様の取り組みこそが重要なのです。飼い主様の取り組みは治療効果を大きく左右し、予後に影響を与えます。

「抗癌剤治療を受ければ半年、受けなければ1~2ヶ月」と言われたら、それは抗癌剤が良く効いて、副作用も少なかった時に限る話です。
抗癌剤治療を受ければ必ず延命できるのか、副作用で元気がなくなってしまう事は無いのか、効果は必ず得られるのかなど獣医師に確認されてみることをお勧めします。

 

リンパ腫の概要や診断法、治療法、予防法については、下記の記事をご参照ください。

犬の悪性リンパ腫-悪性リンパ腫の克服、QOL改善、延命のために

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事