猫のがん

猫の腹腔内リンパ腫ー特徴、治療法、改善のヒント

猫の腹腔内リンパ腫

リンパ腫とは、猫に発生するリンパ腫とは血液由来のリンパ球が腫瘍化したものです。

リンパ腫は全身に発生する可能性のあるがんで、主に体の中にあるリンパ節から発生しますが、臓器から発生することもあります。

リンパ腫には他の悪性腫瘍のように塊(しこり)を作って進行するタイプもあればリンパ腫は塊(しこり)を作らず進行するものもあります。

腫瘍の発生する部位や、腫瘍化する細胞の種類、形態により細分化され、その中で、腹腔内のリンパ節が腫瘍化したものが『腹腔内リンパ腫』といいます。

腹腔内リンパ腫は、腸間膜に存在するリンパ節の腫瘍化や、消化器型リンパ腫、肝臓リンパ腫なども含まれます。
腫瘍が大きくなるにつれて腹腔内の臓器が圧迫されることで、呼吸器への影響や食欲低下、嘔吐などの消化器症状、体重減少などが見られます。

リンパ腫の概要や診断法、治療法、予防法については、下記の記事をご参照ください。

猫の悪性リンパ腫-リンパ腫の治療中でも笑顔で過ごすために

 

猫の癌克服-癌の種類、原因、症状、治療、癌克服のためのヒント