モノリスに電話する
もしご愛犬が癌の一種、肥満細胞腫を患ってしまったとしても、取り組み次第で「犬は犬らしく過ごしていくことはできる」という事を是非とも皆様に知っていただきたいと思います。 これから肥満細胞腫の治療を受ける方、治療中の方、もう治療を続けられないと言われてしまった方、末期癌で余命宣告を受けてしまった方、まだ肥満細胞腫ではないけど普段から身体が弱かったり高齢のため心配という方まで、全ての方のお役に立てれば幸いです。

犬の肥満細胞腫はどんな癌?

肥満細胞とは?

肥満細胞は顕微鏡で見ると細胞が膨らみ太って見えるために、肥満細胞という名前が付けられています。

肥満細胞は白血球のひとつで、ヒスタミンという物質を放出する機能を持っています。ヒスタミンは炎症や免疫反応に関わります。内臓の働きにも影響を与えます。

花粉症ではアレルギー症状を引き起こす物質として、ヒスタミンに悪いイメージがあるかもしれません。ですが花粉症になって鼻水や涙が出るのは体に侵入する異物を排除するための防御反応です。肥満細胞の働きにより、生体は守られているのです。

なお肥満に関わるのは細胞内に脂肪を溜め込んでいる脂肪細胞ですので、脂肪細胞と肥満細胞腫との直接的な関わりはありません。

肥満細胞腫とは?

肥満細胞腫は皮膚にできるタイプと内臓にできるタイプがありますが、犬の場合は皮膚にできることが多く、犬の皮膚に発生する癌で最も多い悪性腫瘍です。

肥満細胞腫というと、その名前から肥満との関係を連想するかもしれませんが、肥満と肥満細胞腫に直接的な関係はありません。

上の写真は肥満細胞腫のエコー画像です。そして下の絵は獣医師が患者さんへの説明時に手書きで使用したものです。

皮膚や内臓にできたしこりが肥満細胞腫だった場合は悪性腫瘍すなわち癌(がん)の可能性が高く、命にかかわる病気です。

広がったり転移する恐れがあるため早急に手術で切除すべきですが、悪性度が高いため広範囲に切除する『拡大手術』をしなくてはいけないため、部位によっては十分なマージン(余白)が確保できなかったり、また取りきれたように見えても再発・転移してしまう事は珍しくありません。

手術で肥満細胞腫を取りきることができて再発・転移しなければ良いのですが、もし転移して他の臓器や全身に広がったりすると、例えば消化管の炎症や出血を伴い嘔吐物に血液が混じったり、下血が観られることもあります。また、食欲不振になり元気食欲も低下していきます。

肥満細胞腫は悪性腫瘍の一種ですが、早期発見により早めの対処ができれば助かる可能性も高まりますので皮膚になにかしらの異常を見つけたらなるべく早めに動物病院を受診するようにしてください。

犬が肥満細胞腫になったときの症状

犬に発生する肥満細胞腫はしこり・塊を作り固くなったり脂肪の塊のように柔らかかったり、ポコッとイボ状に盛り上がったり逆にペタッと平べったく拡がっていくなど形状は様々です。そのため、しこりが肥満細胞腫かどうかは動物病院で検査を受けなければ判断できません。

肥満細胞腫ではヒスタミンなどの物質が大量に放出されます。ヒスタミンは生命活動に必要な物質ですが、多くなりすぎると様々な問題を引き起こします。アレルギー反応が起こりやすくなったり、胃酸を増やして胃潰瘍を起こしたりします。肺に障害が出て呼吸困難を引き起こすこともあります。これらはQOL(生活の質)を著しく低下させます。場合によっては生命を危険にさらします。

飼い主の皆様がご愛犬の外見の変化や体調の変化に気が付いたら、できるだけ早めに動物病院を受診し、必要に応じて検査を受けるようにしてください。

皮膚に肥満細胞腫ができたときの症状

犬の肥満細胞腫のほとんどが皮膚に発生します。肥満細胞腫は体幹から陰部周囲が約50%、四肢(脚)が約40%、頭部から頸部(首)が約10%という割合で発生します。毛が抜けて気が付く事もあります。

ワンちゃんの体表にしこりができて、しこりが炎症を伴う事がありますが、そのような場合は悪性度が高いことが疑われます。
皮膚にしこりができて炎症を起こしていたり出血していたら、早めに獣医師の診察を受けてください。

皮膚にできるその他の腫瘍

皮膚に発生する癌としては他にメラノーマや扁平上皮癌などがあります。

 

内臓に肥満細胞腫ができたときの症状

肥満細胞腫が内臓にみつかる事もあります。内臓に肥満細胞腫ができた時のほとんどは皮膚からの転移だと考えられます。転移はリンパ節、肝臓、脾臓、骨髄などにしやすいです。

内臓に肥満細胞腫ができると吐気や食欲低下が目立つようになります。内臓から出血することで血便がでたり、貧血が進むこともあります。また、排便困難になることもあります。

肥満細胞腫の原因

肥満細胞腫は年齢や犬種に関係なく発症するため肥満細胞腫の原因はまだはっきりわかっていません。一般的には遺伝的な要因や加齢による免疫力の低下、食生活などの生活習慣の問題、環境汚染、ストレスなどが肥満細胞腫の原因として考えられます。

肥満細胞腫はラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーなどのレトリーバー種や短頭種のパグ、ボクサー、ブルドッグなどがなりやすい傾向がありますが、他の犬種でも肥満細胞腫になります。

肥満細胞腫が疑われる時の検査

細胞診

細胞診は注射針を使って肥満細胞腫が疑われる部分の細胞を採取し顕微鏡で検査します。ほとんど痛みはなく、麻酔なしで簡単に行えます。
しかし、細胞診では採取できる細胞が少ないため、正確な判断ができない場合も少なくありません。

血液検査

肥満細胞腫が疑われるとき、血液検査を行い貧血の度合いや内蔵機能の確認、肥満細胞腫から放出されるヒスタミン量の変化などを調べます。

画像検査(レントゲン、CT、MRIなど)

胸やお腹回りなど、身体の内側の臓器やリンパ節に転移がないか調べるとき、レントゲンやCT、MRIなどの画像検査を行います。
画像検査の結果だけではどのような腫瘍か判断できないため、確定診断には組織検査や細胞診が必要です。

遺伝子検査

遺伝子検査は細胞を少量採取することにより、肥満細胞腫のタイプを調べることができます。悪性度や治療薬の効きやすさを予測するのに有効です。

肥満細胞腫のグレード(悪性度)

肥満細胞腫は全て悪性の腫瘍(がん)ですが、悪性度は3つに分類でき、悪性度により治療法が異なってきます。皮膚以外にできた肥満細胞腫は悪性度の高いものとして扱います。

グレード1 悪性度は低く、転移もしにくい。手術のみで対応することが多く術後の再発も少ない。肥満細胞腫のなかで最も完治が期待できる。
グレード2 悪性度が高いため転移することがある。手術後に放射線治療や抗癌剤治療を行う事もあるが、再発・転移してしまうと予後は悪い。
グレード3 極めて悪性度が高く、転移も起こしやすい。手術後に抗癌剤や放射線治療などを行っても再発・転移は高頻度でおこるため完治が難しい。

肥満細胞腫のグレード2やグレード3だと完治が難しいと言われるかもしれません。しかし、取り組み次第で予後の大幅な改善も不可能ではありません。その方法については後ほどご説明いたします。

犬の肥満細胞腫の治療

犬の肥満細胞腫の治療:手術

犬が肥満細胞腫になったときに第一に優先される治療は手術です。腫瘍だけでなく、周囲をできる限り広く切除します。それは肥満細胞腫(がん細胞)が取り残されてしまうと再発が起こりやすいからです。もし再発してしまうと一般的に治癒は極めて困難になると考えられています

取りきれないとわかっていても手術することがあります。肥満細胞腫からヒスタミンなどが大量に放出されるため、体の不調を招きます。手術で腫瘍を減らすことで、症状が軽減することがあるのです。因みに症状軽減目的で行う手術を姑息手術(こそくしゅじゅつ)と言います。

犬の肥満細胞腫の治療:抗がん剤/分子標的薬

肥満細胞腫の治療として化学療法抗がん剤治療)が行われることがあります。抗がん剤は全身に作用するため、腫瘍が広がりすぎて手術で取りきれない場合には適した治療です。しかし肥満細胞腫を抗がん剤だけで治癒に導くのは難しいことです。また厳しい副作用が出る可能性があることは覚悟しておかなくてはなりません。

肥満細胞腫の治療で使用される分子標的薬にイマチニブやパラディア(トセラニブ)があります。

分子標的薬はターゲットとなる腫瘍細胞を狙い撃ちして抑制効果を示すため、一般的な抗癌剤よりも副作用が少ないと言われていますが、消化器障害や間質性肺炎などの副作用が出ることもありますので使用の際にはご愛犬の様子を注意深く見てあげてください。

パラディアは特定の分子の働きを抑制することによる直接的な腫瘍増殖抑制効果と、腫瘍が増大するのに必要な血管の新生を抑制することによる間接的な抑制効果が期待できると言われていますが、イマチニブより消化器障害(嘔吐や食欲不振)などの副作用が出やすいので投与量の調整(さじ加減)が必要です。

犬の肥満細胞腫の治療:放射線

放射線治療は大学病院など設備の整った施設で行われることがあります。基本的に放射線治療は手術と同じく、局所的な治療法です。もし広域に強い放射線を当てれば被爆により正常な組織まで障害されてしまいます。また同じく被爆の問題があるため何度も繰り返し治療を行うことはできません。

犬の肥満細胞腫の治療:その他

肥満細胞腫のその他の治療として、ステロイド(プレドニゾロン)の単独使用や消化管保護剤、抗ヒスタミン剤が挙げられます。
ステロイドは抗炎症作用をしめしますので、腫瘍の炎症をコントロールするための緩和目的として使われます。

消化管保護剤としてはシメチジン、ラニチジンが挙げられます。
これは、肥満細胞が分泌するヒスタミンによる消化管潰瘍の支持療法として使用されます。

また、抗ヒスタミン剤は、肥満細胞腫の副腫瘍症候群(ダリエ徴候:ヒスタミンによる発赤や丘疹)を抑える目的で使用されます。

ただ、これらの治療法は肥満細胞腫自体を改善させるわけではなく、あくまでも対症療法として使用されています。

犬の肥満細胞腫の予防法

肥満細胞腫が発生する原因ははっきりしていません。そのため明確な予防法はありません。しかし肥満細胞腫を早期発見できれば手術で取りきれる可能性があります。予防法ではありませんが、日頃から皮膚のチェックを行い、定期的な健康診断を受けておく事をお勧めいたします。

もちろん「しこり」や「おでき」が見つかっても、そのほとんどは良性であり、がんではありません。過度の心配はいりませんが、動物病院で診てもらえば万が一という不安がなくなります。

なお肥満細胞腫は高齢になるほど多く発生しますので、免疫力の低下と肥満細胞腫の発生率の上昇には関係があると思われます。日頃の免疫ケアが予防に役立つと思います。

免疫の対策方法については以下を参考にしてください。

肥満細胞腫の治療・再発ケアに免疫対策サプリメントを

肥満細胞腫では、まず手術による腫瘍の摘出が第一選択ですが、見つけられなかったがん細胞が再び増殖する可能性があります。

コルディ(コルディM/コルディG/コルディフローラ等)は犬の免疫対策の為に開発されたサプリメントです


 

この写真は肥満細胞腫の子にコルディを1ヶ月半与えた時の画像の変化です。一ヶ月半で腫瘍縮小が確認されています。


普段の生活習慣の見直しにコルディを併せて与えていただく事で免疫力をアップさせ、肥満細胞腫などの悪性腫瘍になるリスクを抑えられることが期待できます。

もし、既に肥満細胞腫を患ってしまい手術した後なら再発防止にお役立てください。また周辺に広がっていたり、遠隔転移がある場合、手術だけで対処するのは困難です。そのような進行がんであってもコルディがお役に立てるケースはあります。西洋医学では対処できないとわかっても、諦めてしまうのはまだ早いと思います。

もちろん予防においても、安全性の高いコルディは安心して使うことができます。医薬品のような副作用は心配がありません。肥満細胞腫に限らず、がんは予防してしまうのが一番良い方法です。

肥満細胞腫の子にコルディを使用し病状をコントロールしている使用例もあります。

肥満細胞腫を患ったときの免疫対策、体調維持・管理にコルディをお役立ていただければ幸いです。
コルディのお問い合わせ・ご注文はこちら

犬の癌(がん)克服-癌の原因、種類、食事や治療法、末期症状
犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします