• コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み

情報提供:うさぎのびょういんjoyjoy様

【コルディMのみでの改善報告】

2016年4月

呼吸困難で来院。レントゲン撮影不可。抗生剤6日分とホモトキシコロジーの注射で落ち着いたとのこと。

2016年5月

くしゃみ頻発(40~50回)、呼吸困難による眼瞼突出を主訴に来院。レントゲンで、心臓圧迫され転移するほどの大きな腫瘍を確認。コルディMとエンロフロキサシン、ラシックス、プレドニゾロンを4日間ほど併用したが、服用させるのが困難とのことで、以後コルディM 0.4g/㎏のみ服用。酸素ボックスもレンタル。

2016年7月

呼吸が穏やかな時間が多くなり、食欲は発症以前よりもあるとのこと。
30分程度であれば、酸素ボックスから出しても特に問題ないとのことで、もう少し長時間出ていられるようになった段階で再検査予定。
コルディも1本使いきれるか否かの状態だったが、現在2本目に入り、飼い主様も喜ばれているとのことです。

<追記>
コルディMと酸素室のみで闘病生活を送られていましたが、2017年2月28日に逝去されました。
末期の病気だということを忘れるくらい元気に過ごされていたそうで、亡くなる前日に急激な体調悪化が見られたものの、明け方にりんごを食べることも出来たとのご報告を頂いております。

【弊社より一言】
うさぎさんはとてもストレスに弱く、ワンちゃん・ネコちゃんと比較すると、積極的に検査等を行うことが難しい場合が多い動物さんです。
そのような場合に、コルディをお使いいただくことで、QOLを安定化させご体調を良化傾向に導くことも期待できます。

コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
犬や猫のがん
皮膚組織球腫では手術が勧められます 皮膚組織球腫は良性腫瘍ですが、それでも切除が獎められるのは、危険な肥満細胞腫との判別が難しいケースがある...
取扱い動物病院の一覧
口コミでの来院が多い動物病院   豊島どうぶつ病院は東京都豊島区の動物病院です。 地下鉄有楽町線・副都心線の要町駅と千川駅からそれぞれ5~6...
メール相談への回答集
肥満細胞腫でのコルディの使用前相談 Q:愛犬が肥満細胞腫との診断を受け、現在パラディアという薬を服用していますが、最近食欲がやや落ちてきてい...
ニュース・コラム
最近でこそ手作り食が見直されてきていますが、それでも尚、 ・総合栄養食であるペットフードだけを食べていれば良い ・病院が勧める療法食以外は食...
犬や猫のがん
犬の悪性リンパ腫の概要 悪性リンパ腫は「血液のがん」に分類される、全身性のがんです。致死率は極めて高く、現在の獣医療では不治の病です。 リン...
コルディ使用例
情報提供:うさぎのびょういんjoyjoy様   【コルディMでQOL維持:子宮癌からの骨転移疑い(うさぎ)7歳♀】 2017年6月29日に右...
取扱い動物病院の一覧
心のこもった動物病院   めぐむ動物病院は埼玉県ふじみ野市にある温かみのある動物病院です。 東武東上線 ふじみ野駅から徒歩10分ほどの場所に...