• コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫

情報提供:うさぎのびょういんjoyjoy様

 

【コルディMでQOL維持:子宮癌からの骨転移疑い(うさぎ)7歳♀】
2017年6月29日に右眼の白濁、左後肢挙上を主訴に来院。食欲減退。
右眼は角膜潰瘍からのぶどう膜炎と蓄膿・眼球突出、左後肢はレントゲンで骨融解、子宮には石灰沈着がみられた。
手術は選択せずにコルディMを服用。
その後、食欲も回復、元気に過ごしていたようですが、7月18日に逝去されました。
亡くなる前日まで、しっかりと食べていたとのことです。

<追記>
伊東先生より、コルディは末期の状態でもギリギリまでQOLを保つことが出来ているとのお言葉を頂いております。

【弊社より一言】
うさぎさんはとてもストレスに弱く、ワンちゃん・ネコちゃんと比較すると、積極的に検査等を行うことが難しい場合が多い動物さんです。
そのような場合に、コルディをお使いいただくことで、QOLを安定化させご体調を良化傾向に導くことも期待できます。

コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
がんは基本的に再発するものです。犬猫の全がんの1年内再発率は、ゆうに50%を超えるでしょう。 なぜ再発してしまうのか?抗がん剤で対応できるの...
取扱い動物病院の一覧
日曜・祝日も診察を受けられます 南浦和動物病院はJR京浜東北線、JR武蔵野線の南浦和駅から徒歩10分ほどにある動物病院です。駐車場も完備して...
犬猫の病気
犬のコアワクチンについて 致死率の高いウイルスの予防となるコアワクチン。 このページでは、犬のコアワクチンが予防するウイルス病がどのような病...
下顎のメラノーマ
犬や猫のがん
犬・猫・ペットの癌、肉腫、リンパ腫対策サプリ|コルディ 元気食欲を回復させ穏やかな毎日を送りたいならコルディをご検討ください。>>コルディの...
メール相談への回答集
腫瘍(癌)とてんかん発作(癲癇)の併発 犬や猫が腫瘍(癌)と腎不全(腎臓病)を併発している方からご相談をいただく事があります。対処法(案)を...