• コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み

情報提供:たかすの丘どうぶつ診療所様

【悪性リンパ腫:コルディM、オゾン療法、抗がん剤の併用】

犬種:ヨークシャー・テリア (ハッピーくん)
cimg0003
性別:雄
年齢:2005年7月10日生まれ

2016年5月2日

体表リンパ節が腫大、腹部の内出血があるとのことで来院。5日後に左膝窩リンパ節を摘出、病理検査にて悪性リンパ腫との診断。

時々呼吸が荒くなることから、5月14日よりコルディMの服用とオゾン注腸法(週1回)と隔日のステロイド投与を開始。

7月に脾臓の腫大が確認され、上記治療に加え、抗がん剤も数回使用。

2016年12月10日

元気食欲ともに問題なしとのことです。
飼い主様もQOLが維持できていることを喜んでいただいているようです。

病院様からは、コルディM、オゾン療法、西洋医学の夫々の良いとこ取りが出来た結果、元気に過ごせていると思うとのお言葉を頂いております。
【弊社より一言】
抗がん剤は強い副作用を伴うお薬のため、副作用で弱ってしまい命を落としてしまうこともあります。
コルディとオゾン療法を併用することで、抗がん剤の副作用をカバーでき、QOLが維持できていたのだと考えられます。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ホモトキシコロジー
自然療法・代替療法
ホモトキシコロジーの紹介 ホモトキシコロジーは一般的な西洋治療に対する代替療法として、最近広まりつつある治療法です。 ホモトキシコロジー製剤...
犬や猫のがん
早期であれば手術で根治が狙えます。しかし初期の卵巣がんは症状が乏しく発見が遅れがちです。 卵巣がんの特徴・発生原因 卵巣はメス特有の組織で、...
ニュース・コラム
最近でこそ手作り食が見直されてきていますが、それでも尚、 ・総合栄養食であるペットフードだけを食べていれば良い ・病院が勧める療法食以外は食...
犬の乳がんX線画像
ニュース・コラム
ここ10年20年で犬や猫のがんが急増しています。寿命が延びたことと深い関係があります。食事の影響もあるでしょう。対策方法について考えていきま...