• コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)

情報提供:塩田動物病院様

【乳腺腫瘍:コルディEXのスプレー、ベターシャークの併用】
動物種:猫
性別:雌
年齢:7歳
コルディ使用期間:2016年9月2日~2016年11月2日

治療経過

2016年6月13日、腹部にシコリが見つかり、デポメドロール及びプレドニンの注射を開始。以後、定期的に注射に来院。
8月2日に食欲が減退し削痩、腹部腫瘤に変化がないものの、頸部にも腫瘤ができたため、ベターシャークの服用を開始。
同月23日よりコルディMの服用を試みるが嫌がってしまうため、9月2日よりコルディEXを患部にスプレーしていただく治療法に変更。
11月2日永眠。
【弊社から一言】
猫の乳腺腫瘍は悪性度が高く、手術で摘出してもすぐに再発してしまう子が少なくありません。
その都度手術を行っていると、麻酔の影響で免疫力はどんどん低下、腫瘍の再発率が高くなってしまいます。
手術を受けられる場合もそうでない場合も、免疫の調節能力を素早く元に戻すことが重要だと考えています。
今回は、コルディEXを外用薬として使用したことで痛みが軽減、そこからストレス緩和につながり免疫力をつけることが出来たと考えられます。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
情報提供:うさぎのびょういんjoyjoy様 【コルディM併用でQOL維持:子宮癌末期(うさぎ)】 腹腔の半分以上が腫瘍性病変だが、コルディM...
取扱い動物病院の一覧
近隣だけではなく遠方からの来院も多い動物病院 あさか台動物病院は、東武東上線の朝霞台駅・JR武蔵野線の北朝霞駅から至近距離にある動物病院です...
ニュース・コラム
私たちの体の6~7割が水分で構成されているように、ワンちゃん・ネコちゃんも体の殆どが水分で構成されています。 ただ、私たちと違い、ワンちゃん...
取扱い動物病院の一覧
口コミで来院される飼い主様がほとんどです 高倉動物病院は埼玉県入間市の国道16号から少し入った住宅街にある動物病院です。 車4台分の駐車場が...
取扱い動物病院の一覧
動物保護にも力を入れている動物病院 馬場総合動物病院は神奈川県川崎市中原区、JR南武線武蔵中原駅から徒歩10分中原街道沿いにある動物病院です...
メール相談への回答集
肥満細胞腫でのコルディの使用前相談 Q:愛犬が肥満細胞腫との診断を受け、現在パラディアという薬を服用していますが、最近食欲がやや落ちてきてい...