• コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例

情報提供:塩田動物病院様

【乳腺腫瘍:コルディMと抗生剤の併用】
犬種:雑種
性別:雌
年齢:17歳
コルディ使用期間:2016年8月31日~2016年12月25日

2015年11月16日に下腹部のシコリを見つけ、12月12日に腫瘍摘出。
2016年5月2日に再発し、ラリキシンの服用を開始。
6月1日に腫瘍の縮小が見られたが硬結感が出てきたため、引き続きラリキシンを服用、8月31日よりコルディMの服用を開始した。
10月19日腫瘍の縮小が確認されるも、11月30日に自壊。
12月25日永眠。

 
【先生、飼い主様からのコメント】
食欲低下が見られていたものの、亡くなる3日前まで食事は取れていた。
苦しむこと無く、穏やかな最後を迎えさせてあげられるお手伝いができたのではないかと思います。
【弊社から一言】
17歳というご高齢にも関わらず、腫瘍と良い意味での「共存」が出来たのではないかと思う一例です。
ご年齢的に手立てがない、何もしてあげることがないと見放されてしまっても、コルディなどサプリメントを用いることで、余生を穏やかに過ごすことも可能な時代になってきました。
積極的治療ではなく、緩和治療にも目を向けていただくと、新たな道筋が見えてくるかもしれません。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
腹腔内 悪性リンパ腫への使用例 悪性リンパ腫 リンパ腫とは白血球の1種であるリンパ球が腫瘍性に増殖する悪性腫瘍です。 犬の腫瘍中では発生率が...
取扱い動物病院の一覧
自然療法を取り入れた治療が人気。サプリメントも積極的に利用して治療の質を高めています。 神奈川県相模原市のひだまり動物病院のご紹介です。 最...
下顎のメラノーマ
犬や猫のがん
犬・猫・ペットの癌、肉腫、リンパ腫対策サプリ|コルディ 元気食欲を回復させ穏やかな毎日を送りたいならコルディをご検討ください。>>コルディの...
取扱い動物病院の一覧
ホモトキシコロジー、オゾン療法、ビタミンC点滴などの代替療法が受けられます。 さくら動物病院は東武東上線「ふじみ野駅」が最寄り駅です。歩くと...
コルディ使用例
情報提供:塩田動物病院様 【乳腺腫瘍:コルディM使用】 犬種:マルチーズ 性別:雌 年齢:9歳3ヶ月 コルディ使用期間:2017年3月4日~...
コルディ使用例
洋犬Mix 16歳 10kg(もともと15kg)雌 2014年に乳腺腫瘍ができたが、年齢を考慮し手術はしなかった。 現在手作り食で、大根、人...
ニュース・コラム
2012年7月19日の読売新聞朝刊に次のような記事が掲載されました。   脂っこい食事の誘惑に勝つ…身近な食材、発見   玄米の成分が脂肪分...
コルディ使用例
情報提供:塩田動物病院様 【乳腺腫瘍:コルディMと抗生剤の併用】 犬種:雑種 性別:雌 年齢:17歳 コルディ使用期間:2016年8月31日...