情報提供:塩田動物病院様

【肝腫瘍:コルディMとクレメジン、プラセンタの併用】
動物種:猫
性別:雌
年齢:14歳10ヶ月
コルディ使用期間:2016年8月23日~

 

治療経過

2015年10月26日:血液検査で白血球の増加がみられ経過観察。
2016年5月21日:白血球の増加がみられたため、6月11日に血液塗抹検査をしたところ、中程度の成熟好中球増多と中程度非再生性貧血が見られた。
8月23日:コルディMの服用を開始、元気食欲が維持できている。
2017年3月27日:全身状態が悪化し、他院にて肝腫瘍との診断。引き続きコルディMを服用。
4月3日:元気食欲が戻り、クレメジンの服用も開始。同月22日よりプラセンタ12000を併用。現在食欲あり、QOLを維持している。

【弊社より一言】
肝臓に疾患がある場合には、元気食欲が低下することが多いのですが、この症例は抗がん剤などの積極的治療をせず、コルディやプラセンタなどのサプリメントの使用でQOLを維持できています。
ご年齢もややご高齢ですが、少しでも長く、穏やかな余生を過ごしてほしいと願っております。

コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

<こちらも合わせてごらんください> ご愛犬、ご愛猫が癌でも笑顔で過ごせるように-対策のご案内

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
動物用救急車のある動物病院 NHKプロフェッショナル仕事の流儀に塩田眞院長が出演します 2017年1月30日放映予定 NHKプロフェッショナ...