• コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)

情報提供:塩田動物病院様

【肝腫瘍:コルディMとクレメジン、プラセンタの併用】
動物種:猫
性別:雌
年齢:14歳10ヶ月
コルディ使用期間:2016年8月23日~

 

治療経過

2015年10月26日:血液検査で白血球の増加がみられ経過観察。
2016年5月21日:白血球の増加がみられたため、6月11日に血液塗抹検査をしたところ、中程度の成熟好中球増多と中程度非再生性貧血が見られた。
8月23日:コルディMの服用を開始、元気食欲が維持できている。
2017年3月27日:全身状態が悪化し、他院にて肝腫瘍との診断。引き続きコルディMを服用。
4月3日:元気食欲が戻り、クレメジンの服用も開始。同月22日よりプラセンタ12000を併用。現在食欲あり、QOLを維持している。

 
【弊社より一言】
肝臓に疾患がある場合には、元気食欲が低下することが多いのですが、この症例は抗がん剤などの積極的治療をせず、コルディやプラセンタなどのサプリメントの使用でQOLを維持できています。
ご年齢もややご高齢ですが、少しでも長く、穏やかな余生を過ごしてほしいと願っております。

 
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
大型犬の来院が多い動物病院 とねり動物病院・とねりペットホテルは東京都足立区の動物病院です。 日暮里駅から舎人ライナーで20分弱の「舎人駅」...
取扱い動物病院の一覧
多摩センターにあるこうご動物病院を紹介します。2015年1月に移転したばかりの、とてもきれいな動物病院です。旧病院から南に200mくらい移転...
コルディ使用例
血管肉腫・腎不全・肝不全への使用例 血管肉腫や腎不全、肝不全の子にコルディを使用した例をご紹介いたします。 ご相談内容 ビーグル 2002....
取扱い動物病院の一覧
昭和52年開業の歴史と信頼 桜井動物病院は東京都江戸川区にある動物病院です。 都営新宿線の船堀駅より徒歩約20分、バス(錦25、新小21、錦...
ニュース・コラム
手作りレシピ集~食材編~はこちら ここ数年、手作り食の本が沢山販売されるようになりましたが、 ・色々ありすぎてどれを参考にしたらわからない…...
コルディ使用例
コルディMをご愛用頂いている飼い主様より、嬉しいご報告のメールを頂きました。 同じ疾患でお悩みの方の希望になればと思い、飼い主様のご了承を得...