• コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫

情報提供:塩田動物病院様

【体表腫瘍:コルディGとステロイドの併用】
犬種:ラブラドール・レトリーバー
性別:雌
年齢:9歳5ヶ月
コルディ使用期間:2017年4月15日~

 

治療経過

2017年4月4日、右腰部に42×42mの腫瘤を確認、細胞診で血管内皮細胞由来の腫瘍性病変との診断、ステロイドの注射処置を行う。
4月8日の再診で腫瘍の縮小がみられたが(30×35cm)、4月15日に腫大が見られたため、ステロイドとコルディGの服用を開始。
4月22日時点で腫瘍の縮小がみられている。
【弊社より一言】
大型犬の9歳は高齢であり、積極的治療が適応とならないこともあります。
しかし、高齢を理由に治療を諦めるのではなく、体質改善をしたりすることで腫瘍の変化が見られることもあります。
この子の場合、ステロイドの抗炎症作用を活かし、副作用の免疫抑制をコルディがカバーすることで、腫瘍の縮小が出来たのだと考えられます。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
日頃ご相談いただく中で、どうやったらコルディを食べてくれるのかと言うご質問があります。 特に、ネコちゃんはワンちゃんに比べて味覚がデリケート...
ニュース・コラム
あなたの愛犬の体調が悪いとき、または重い病気の治療中、狂犬病予防注射を受けて大丈夫だろうかと心配になったことはないでしょうか。 例えばがん治...
犬猫の病気
肛門周囲腺腫はがんではなく良性腫瘍です。かなり大きくなることもありますが、治癒を狙えます。また一般的に治療後の予後は良好です。 肛門の近くに...
取扱い動物病院の一覧
近隣だけではなく遠方からの来院も多い動物病院 あさか台動物病院は、東武東上線の朝霞台駅・JR武蔵野線の北朝霞駅から至近距離にある動物病院です...
コルディ使用例
腹腔内 悪性リンパ腫への使用例 悪性リンパ腫 リンパ腫とは白血球の1種であるリンパ球が腫瘍性に増殖する悪性腫瘍です。 犬の腫瘍中では発生率が...
ニュース・コラム
がんは基本的に再発するものです。犬猫の全がんの1年内再発率は、ゆうに50%を超えるでしょう。 なぜ再発してしまうのか?抗がん剤で対応できるの...
ニュース・コラム
肥満のワンちゃん・ネコちゃんが増えています。太っていると可愛く見えるかもしれませんが、健康面から考えればマイナスが多すぎます。   肥満が良...