情報提供:塩田動物病院様

【肺腫瘍:コルディフローラ低アレルギーの使用】
犬種:パピヨン
性別:雌
年齢:15歳5ヶ月
コルディ使用期間:2017年4月17日~

 

治療経過

2017年4月17日、他院にて左肺後葉に肺腫瘍の疑いと診断され、免疫を高める注射で経過観察していたが、セカンドオピニオンを希望して来院。
他院での治療と併用して、コルディフローラ低アレルギーの処方を開始。
同月24日の再診時、食欲が出てきている。
【弊社より一言】
15歳と高齢なため、積極的治療は適応外となることが多々あります。
手立てがないという状態でも、コルディをご利用いただくことでQOLを維持し、余生を穏やかに過ごせている子も沢山いらっしゃいます。
高齢だからと諦めず、サプリメントや代替療法という選択肢も視野に入れてみてください。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

<こちらも合わせてごらんください> ご愛犬、ご愛猫が癌でも笑顔で過ごせるように-対策のご案内

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
おすすめの記事
犬の乳がんX線画像
ニュース・コラム
ここ10年20年で犬や猫のがんが急増しています。寿命が延びたことと深い関係があります。食事の影響もあるでしょう。対策方法について考えていきま...
ニュース・コラム
はじめに モノリスでは、がんを患っている犬猫たちにはワクチン接種を推奨しておりません。可能でしたらワクチン接種を控えていただきたいと思います...
ニュース・コラム
がんや病気を抑えるために重要な免疫の働き 免疫とは、体に備わる大切な防御メカニズム。昼夜を問わず働き続け、がんや感染症などの病気から犬と猫の...
犬猫の病気
甲状腺とは 甲状腺は、気管の横にくっついている小さな内分泌器官で、食べ物に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌すると...