犬や猫に発生する口腔内メラノーマへの対応

犬や猫に発生する口腔内メラノーマとは

犬や猫に発生する口腔内メラノーマは非常に悪性度が高く、手術をしても再発率が高い悪性腫瘍です。
また抗癌剤もほとんど効果が期待できないため予後の悪い疾患です。

しかし自身の免疫細胞がしっかりと働けるようになれば、腫瘍の増殖を防ぐことが期待ができます。

今回、ビーグル犬に発生した口腔内メラノーマをコルディを服用し長期にコントロールしている症例報告をいただきましたのでご紹介いたします。

コルディでメラノーマの病状コントロール

情報提供:ペットハウスきずな動物病院様
大阪府大阪市阿倍野区阪南町3-1-8

【口腔メラノーマ:外科手術とコルディMの使用】
犬種:ビーグル犬
性別:去勢雄
年齢:2001年5月7日生まれ(2017年7月現在16歳)
コルディ使用期間:2015年夏頃~

 

治療経過

2015年4月6日、右下口唇に5×4×3mmの腫瘤発見し、同月15日に切除、病理検査の結果悪性黒色腫(メラノーマ)と診断。
夏頃よりコルディM(0.4g/kg/day)の使用を開始、その他アンチノール併用、食事は腸管アシストを与えていた。
2016年5月12日、同部位に腫瘤再発、体表の複数腫瘤と同時切除、口唇部の病理検査は悪性黒色腫(メラノーマ)。
10月21日にも同部位に3mmほどの黒色斑発見。切除等の治療せず、コルディMのみで経過観察(写真①)

【写真①】
写真①

 

2017年6月9日に同部位に腫瘤再発・切除、病理検査は悪性黒色腫(メラノーマ)。抗がん剤等の積極的治療は行わず、引き続きコルディMのみで治療継続中(写真②)。

【写真②】
術前
写真② (2)

 

術後
写真②術後

 

【弊社より一言】
高齢でありながら、2度の手術を乗り越えてくれています。
術後は免疫の低下が懸念されるため、出来るだけ早く免疫力を元に戻し、体内に残っている腫瘍細胞を抑え込んでいくかが重要です。
術前術後はコルディの使用量を多めにしていただくことで、通常より早い術後の回復が見込めます。
コルディのご使用に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

 

<こちらも合わせてごらんください> ご愛犬、ご愛猫が癌でも笑顔で過ごせるように-対策のご案内

関連キーワード
コルディ使用例の関連記事
  • 猫の悪性乳腺腫瘍①

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
他県からの来院も多い紹介制の動物病院 ヒラミ動物病院は東京都練馬区にある4階建ての大きな動物病院です。 西武新宿線上石神井駅、武蔵境駅または...
取扱い動物病院の一覧
外園動物病院は埼玉県熊谷市にある動物病院です。 とても大きな駐車場がありますので、お車での来院をお勧めします。 治療の一環としてコルディをご...
コルディ使用例
洋犬Mix 16歳 10kg(もともと15kg)雌 2014年に乳腺腫瘍ができたが、年齢を考慮し手術はしなかった。 現在手作り食で、大根、人...