犬の肝機能・腎機能低下へのプラセンタ12000の使用例

コルディは治療目的で作られた医薬品ではありません。
ペットたちの健康維持にお役立ちできれば幸いです。

情報提供:塩田動物病院様

【肝機能・腎機能低下:プラセンタ12000】
犬種:チワワ
性別:14歳
年齢:去勢雄
プラセンタ12000試用期間:2017年7月20日~

治療経過

2017年5月25日、元気食欲不振、嘔吐もあったため来院。腎臓と肝臓昨日の改善薬を処方。
7月3日も食欲不振、嘔吐あり、血液検査で腎臓と肝臓の数値に異常値がみられたため(BUN 61、Cre 1.99、GOT 590、GPT 3288、ALP 9337)、引き続き改善薬の処方。
また、心雑音も見られたため、アピナックも同時に処方。

7月20日に元気食欲廃絶、下痢を主訴に来院。プラセンタ12000を処方。
8月24日、元気食欲良好。アピナックからフォルテコールプラスに処方変更。

9月21日、体調安定、血液検査でも改善が見られている。

 

7月3日 8月3日 9月21日
BUN(尿素窒素) 61 281 185
Cre(クレアチニン) 1.99 3.63 2.3
GOT 590 51 31
GPT 3288 128 40
ALP 9377 1517 367

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします