獣医師推奨サプリメント
コルディ®
コルディM30g
株式会社モノリス動物医療事業部
無料相談:048-474-0813
HOME » コルディ使用例 » 犬の膀胱がんのサプリメント使用例-エコー画像<コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
服用の相談(TEL)048-474-0813
コルディのお求め
製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)

犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)

Pocket

サプリメントをコルディMに変更してから腫瘍が縮小

柴犬の膀胱移行上皮癌のエコー(超音波検査)の画像です。飼い主様から提供して頂きました。 ピロキシカムとサプリメントを続けてきましたが、腫瘍が大きくなってきたためコルディMを開始しました。腫瘍の大きさは、コルディM服用開始前は7mmでしたが、服用約1ヶ月半後には2mmにまで縮小しています。 現在コルディMとピロキシカムを併用しています。以前飲んでいたサプリメントは中止しました。

犬の膀胱がんのエコー画像犬の膀胱移行上皮癌のエコー写真

※エコー画像をクリックすると大きくなります。

膀胱がんの治療について

膀胱がんは手術で取り除いて治療終了、とはいきません。手術後は後遺症に悩まされることが多く、術後のQOL(生活の質)が低下してしまいます。排尿障害は高率で発生しますが、排便障害なども起こることがあります。手術を決める前には、メリットとデメリットをよく検討する必要があります。

最近になり、ピロキシカム(商品名バキソ、医薬品、内服薬)が膀胱がん治療に用いられるようになってきました。

今日ではスタンダートといえるほど使われています。ピロキシカムはもともと人間の消炎鎮痛剤です。抗癌剤のような強烈な副作用はありませんし、連用によって効果が激減することもありません。 この症例でもピロキシカムを継続しています。心配な胃腸障害の副作用も出ていないようです。

サプリメントをコルディMに変更したところ良い反応が得らましたので、ピロキシカムとコルディMの併用は良い組み合わせのように思えます。 関連ページ:犬の膀胱がん

Pocket