サプリメントをコルディMに変更してから腫瘍が縮小

柴犬の膀胱移行上皮癌のエコー(超音波検査)の画像です。

飼い主様から提供して頂きました。

 

ピロキシカムとサプリメントを続けてきましたが、腫瘍が大きくなってきたためコルディMを開始しました。

 

腫瘍の大きさは、コルディM服用開始前は7mmでしたが、服用約1ヶ月半後には2mmにまで縮小しています。 現在コルディMとピロキシカムを併用しています。以前飲んでいたサプリメントは中止しました。

膀胱がんの治療について

膀胱がんは手術で取り除いて治療終了、とはいきません。手術後は後遺症に悩まされることが多く、術後のQOL(生活の質)が低下してしまいます。排尿障害は高率で発生しますが、排便障害なども起こることがあります。手術を決める前には、メリットとデメリットをよく検討する必要があります。

 

最近になり、ピロキシカム(商品名バキソ、医薬品、内服薬)が膀胱がん治療に用いられるようになってきました。

 

今日ではスタンダートといえるほど使われています。ピロキシカムはもともと人間の消炎鎮痛剤です。抗癌剤のような強烈な副作用はありませんし、連用によって効果が激減することもありません。 この症例でもピロキシカムを継続しています。心配な胃腸障害の副作用も出ていないようです。

 

サプリメントをコルディMに変更したところ良い反応が得らましたので、ピロキシカムとコルディMの併用は良い組み合わせのように思えます。 関連ページ:犬の膀胱がん

関連キーワード
コルディ使用例の関連記事
  • 猫の悪性乳腺腫瘍①

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
おすすめの記事
ニュース・コラム
小さい頃『お腹を冷やしちゃダメだよ』と言われた記憶はないでしょうか。 お腹を冷やすと、下痢になってしまったり、なんとなく体が不調に陥ってし...
取扱い動物病院の一覧
いつでも頼れる地元の獣医さん 下丸子動物病院は東急多摩川線・下丸子駅より徒歩3分、線路沿いにあります。 電車の中から見かけて来院するオーナー...
ニュース・コラム
食事とがんの関係 がんの発生率と食事の内容には、深い関わりがあります。ヒトでは明らかなデータがあり、そのデータに基づいた世界的な勧告も行われ...
取扱い動物病院の一覧
がんの子に無理な治療はしません。コルディMをお勧めしています。 大宮のアイ動物病院の紹介で訪問してきました。朝イチだったので患者さんもいらっ...