ご愛犬とご愛猫へ贈る
長生きのための「がん対策」
コルディM30g
株式会社モノリス動物医療事業部
無料相談:048-474-0813
HOME » 症例報告 » 飼い主様からのご報告 <コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
服用の相談(TEL)048-474-0813
コルディのお求め
製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)

飼い主様からのご報告

Pocket

コルディを使用して良い反応が見られた症例を紹介します。飼い主様の承諾をいただいて掲載しています。
(※個人の感想です)

このページでご紹介させていただいた以外にも、飼い主様から改善例掲載の承諾をいただきましたら順次ご紹介いたします。
最新の改善症例報告はこちらをご覧ください。

2012年

脳腫瘍(アストロサイトーマ)-ミニチュア・ダックスフンド14歳

2012年5月 MRIにて脳に腫瘍が見つかる。 アストロサイトーマと診断された。 ロムスチン(抗癌剤)を開始。他にプレドニゾロン(ステロイド剤)、フロセミド(利尿剤)を併用。 麻痺が起こったり、目がよく見えない状況だったが、薬で少し改善。 ただロムスチンだけでは治癒が期待できないため、コルディMを併用することにした。

2012年7月 体調が良いのでコルディMを継続する。

2012年8月 MRIで検査したところ脳腫瘍が消失。

2012年9月 体調良好。 ロムスチンの投与間隔を3週に1回から5週に1回に減らしたが問題なし。コルディMは継続。

 

膀胱がん-ビション・フリーゼ11歳

2012年3月 膀胱移行上皮がん再発。2年前に手術をした。ピロキシカム(抗炎症剤:膀胱がんに有効)を服用中。

2012年4月 コルディM服用開始。

2012年9月 エコー検査でがんが見えなくなっていた。

 

 

2016年

以下の3症例は、多頭飼いされている飼い主様からのご報告です。
腫瘍性疾患ではありませんが、ネコちゃんであれば起こるリスクが高い疾患です。
抗生剤やステロイドとコルディGを併用していますが、3匹とも、体調は上向き、食欲も落ちず、毛並みが良くなってきたとのことです。

猫ヘモプラズマ・腎不全 雌猫 推定5-6歳

慢性腎不全も患っており、クレアチン(Cre)も高い。
体重が1.3㎏まで減少していたが、コルディGを与え始めて1週間で体重1.5kgまで回復。
食欲が維持できているのが不思議。

炎症性腸疾患(IBD) 雄猫 15歳

IBDの症状である下痢が、コルディGを与え始めて3日目で下痢が治まった。

口内炎 雄猫 8歳

内服薬で痛みのコントロールをしていた。
以前までは薬がきれてしまうと痛みが再発してしまっていたのが、コルディGを与えてから、薬をきらしてしまっても痛みが出てこなかった。

 

A.H. 様 悪性乳腺腫瘍 Mix犬(甲斐犬Mix)推定15歳

2016年2月16日より元気・食欲減退。2月18日よりコルディM服用。
同年3月15日には腫瘍縮小し、食欲も元に戻っている。

 

N.M. 様 悪性乳腺腫瘍 Mix猫(バーマン似)3.5kg 推定13~14歳

2015年9月に手術で腫瘍摘出し、10月中旬よりコルディM服用。
2016年7月下旬の段階で、再発の兆候なし、コルディ投与量は1日0.5g。
2016年10月下旬現在、術後1年経過しているが再発なし、経過良好。

 

T.D. 様 口腔内腫瘍 Mix猫 3.5kg 17歳

2015年11月に口腔内腫瘍が出来、2016年6月上旬では当初の倍の大きさになっていた。年齢を考慮し、積極的な治療はしていない。
2016年6月よりコルディG服用。服用後より、口腔内の粘つきが治まり、調子良好。腫瘍も当初はぶよぶよしていた感じだったが、引き締まってきたように見える。
2016年7月末現在、腫瘍の大きさも発見当時の大きさに縮んでいる。

Pocket