脾臓の働きと脾臓に発生する悪性腫瘍

コルディは治療目的で作られた医薬品ではありません。ペットたちの健康維持にお役立ちできれば幸いです。

脾臓がどのような働きをしているかピンと来ない方も少なくないと思います。
脾臓は血液や免疫に深くかかわる臓器でその主な働きは以下の通りです。

 

  1. 免疫の調整:免疫を司る臓器で、多くのリンパ組織があり免疫を調整しています。
  2. 血液の再生:古くなったり変形してしまった血液の細胞を壊して新しい血液の材料に換えてます。
  3. 血液の貯蔵:脾臓には血液を貯蔵する能力があり出血字に貯蔵血を放出し血液の循環量を増やします。
  4. 造血:造血は主に骨髄で行いますが、うまく造血できない時に脾臓が造血を行うことがあります。

 

脾臓に発生したしこりの多くは腫瘍病変で、悪性のものが多く、特に血管肉腫が多く発生します。
血管肉腫の他にも悪性リンパ腫や未分化肉腫なども発生します。

猫の脾臓腫瘍が縮小した使用例(エコー画像)

猫(23歳)の肥大した脾臓が縮小した症例です。リンパ腫もしくは肥満細胞腫が疑われています。獣医師の触診で脾臓にボコッとした腫瘍がありましたが、現在は触れなくなり脾臓表面は滑らかです。(先生コメント)

画像提供:つつじヶ丘動物病院

コルディ使用前(2013年9月29日)

tutuji20130929a

tutuji20130929b2

 コルディM使用後(2013年11月16日)

tutuji20131116

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ®(犬・猫・ペット用の冬虫夏草サプリ)の安全性への取り組み
    2018年05月12日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
おすすめの記事
鉄分の重要性
ニュース・コラム
鉄分とは 鉄分は、地球上の生物全てが持つ成分であり、生きていくうえで必要な金属ミネラルのひとつです。 私たちだけでなく、ペットさんの体内にあ...
猫エイズ
犬猫の病気
治癒不可能の病気ですが有効な予防法があります。人に感染する心配はありません。 FIVとよばれるウイルスが原因の病気です。FIVを保有した猫と...