• コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
洋犬Mix 16歳 10kg(もともと15kg)雌
  • 2014年に乳腺腫瘍ができたが、年齢を考慮し手術はしなかった。
  • 現在手作り食で、大根、人参、ブロッコリー、さつまいも、舞茸、米を与えている。
  • 2016年3月上旬に下痢が続いたため、乳酸菌製剤を与えたところお腹の調子は落ち着いた。
  • 乳腺腫瘍の腫大と、ぶつけてしまったところから膿が出てしまうため、なにか手がないかと言うことでコルディを検討している。

お電話でご相談いただき、2016年4月上旬よりコルディ服用を始めました。
 
横からのお写真です。
 
DSC_0211
 
かなり大きい腫瘍が、お腹に垂れ下がっている状態です。
DSC_0212
 
生活する中で腫瘍をぶつけてしまい、表面が自壊してしまっています。

弊社からのアドバイス

・手作り食の内容を見直す。⇒糖質の多い人参、さつまいも、米を抜き、他の食材を使ってみる。
・コルディは外用薬としても使用できるため、自壊している部分にスプレーしていただく。
・お腹を温めて免疫を活性化する。(それと同時に腫瘍がぶつかってしまうのも防げる)
 

経過

・コルディはよく食べてくれ、下痢も治まっている。
・腫瘍の大きさは変わらず。
・体調も良く、血液検査やレントゲンの結果も特段悪いわけではないため、局所麻酔で腫瘍摘出できるかもとの提案をされた。
・自壊した部分からの臭いが酷く、このままでは可哀想。
 
お電話で沢山話し合いをした結果、かかりつけの獣医師からも今の体力があれば手術も頑張れるのではということで、2016年4月20日に全身麻酔下で手術されました。
高齢犬であることを考慮し、手術前後は、コルディの量を増量していただいております。
 
術後のお写真です。
 
DSC_0222

DSC_0214
 

現在のご様子

・手術後、麻酔の覚醒も問題なく、無事退院。
・肺転移も見られていない。摘出した腫瘍の大きさは2.5kg。
・体重減少はあったものの、今は8.64kgにまで増えている。
・しばらく尻尾をふることがなかったが、痛みから解放されたからか、数カ月ぶりに尻尾を振ってくれるようになった。
 
コルディを服用していただいたことで、手術が出来るまでの体力・免疫力がつき、17歳という高齢にもかかわらず、全身麻酔下での摘出手術を頑張ることが出来たのではと思います。
今後、再発や転移を抑え、QOLを維持していくことが目標となります。
 
しかし、このように良い経過を辿っている一番の要因は、悩みすぎてしまいネガティヴになってしまっていたお母様のお気持ちが、前向きになり、明るく生活出来たことではないかと感じています。
 
精神的ケアも治療の一つでもお話させていただきましたが、やはり、メンタル面は治療効果に少なからず影響します
 
初めはお声も沈みがちで、悩みすぎてしまうことで体調も崩してしまったそうですが、何度かお電話を重ね、心配なこと・不安なことを1つずつ解消していくうちに、徐々に元気で明るいお声に変わっていきました。
 
全ての悩みを解決するのは難しいですが、前向きな思考に変えるだけでも、良い結果がついてくるのでは無いかと思います。
 
17歳でもこんなに頑張れた!と言うことを少しでも皆様に知っていただきたい、悩んでいらっしゃる方々の希望にしていただけたらと言うことで、飼い主様にご了承いただき、掲載させていただきました。
 
コルディが持つ抗がん作用・抗炎症作用・免疫賦活作用を更に活かしていくためにも、少しでも心に引っかかるものがあれば、それを少しずつ解消していきましょう。
ご使用の中で、ご不安なこと・ご心配なことがございましたら、ご遠慮無く弊社にご連絡ください。
 

その後

DSC_0220
手術、お疲れ様でした!

DSC_0219
腫瘍の煩わしさや痛みがとれ、横になってくつろいでいます。
 

5月5日

無事抜糸を終えることができました。
 
DSC_0227 DSC_0226
 
コルディをお水に溶いたものを傷口にスプレーしていただいてました。
 
痛みも軽く、傷口の治りも17歳とは思えないほど綺麗に仕上がっています。
腫瘍を取り除いたことで、体も軽くなり、飛び跳ねたりもしているそうです。
 

5月19日

1463628428769 1463628442526
 
お食事もしっかり食べてくれていて、以前は3~4日に1回の排便が、今は毎日きちんと出てくれているそうです。
お友達も出来たそうで、お散歩も楽しく行っているとのことです。
 

5月27日

右に傾くことが多くなってきたので、5月24日にかかりつけの病院を受診したところ、脳腫瘍の可能性があるとの診断(体への負担を考慮し未検査)。
 
今後、発作・痙攣が起きる可能性もあるとのお話をうけましたが、現段階ではそのような様子もなく、QOLが維持できているとのことです。
現在、ステロイドとビタミン剤を服用中。
 

6月7日

DSC_0254
 
6月第2週より、ステロイド休薬しているが、痙攣も発作も起きていないとのこと。
体重も9kgまで増えました。
 

6月15日

DSC_0276 mitenecdf7cba6-e416-4cc8-a6d9-cf55ae1f2d0d
 
首の傾きはあるものの、少し傾斜が良くなり、すこぶる元気。
コルディは1日4g。現在はビタミン剤のみ服用。
 
手術後に右胸にあった小さなしこりも、心なしか小さくなったとのこと。
お孫さんと仲が良く、立派なお姉ちゃんをしてくれているそうです。
お散歩仲間の方にも、17歳とは思えない元気さにびっくりしているということです。
 

6月23日

DSC_0297   DSC_0296
 
弊社のお勧め、Britannia(ブリタニア)様のドライフードを食べてくれたとのご報告を頂きました。
 
Britannia様のフードは北海道産の材料のみで作られた、安心安全なフードです。
その他、手作り食のトッピングに使えるものや、生食も取り扱っております。
お食事のご相談にも乗っていただけますので、是非ご検討ください。
 

6月25,26日

DSC_0303
 
お孫さんが寝ているソファーに飛び乗るほど、足腰が強くなってきたとのこと。
お散歩中によろけて鼻を道路にぶつけてしまい、流血してしまったそうですが、コルディを吹きかけていただいたことで、傷の治りも順調とのご報告を頂きました。
 
歩き方も少し変化が出たのか、ご近所の方にも「この年齢でこんなに元気なのはすごいね!」と褒められたそうです。

7月のご様子

腕枕
 
腕枕で寝ています。
あっお父さんだ おかえり~
 
お父さんのお出迎えに駆けつけています。
17回目の記念日である7月7日を元気に迎えることが出来ました。
 
少し食欲が落ちた時があったので、暑さを凌ぐためにキュウリを新たにお食事に加えて頂いたところ、食欲もまた戻ってきたそうです。
 
朝、いつも通りの時間に起きないという事がありましたが、そのまま寝てしまうと昼夜逆転してしまったりと生活リズムが崩れることで、ご家族の負担も増えてしまうため、極力生活リズムを崩さないように、決まった時間に起こしてお散歩に行っていただきました。
排便排尿も問題なし。
 
首の傾きは現状維持で、お散歩時にくるくる回ってしまうこともありますが、元気に過ごしてくれています。
 

9月のご様子

ご家族の方がお留守のときに、ソファと壁の間に入り込んでしまい、そこでもがいた影響で皮膚が剥けてしまったとのこと。
 
コルディを内服と外用のダブル使いのアドバイスをさせていただきました。
当初はぐったりしてしまいお食事もままならず、コルディをスプレーすると痛がっていたとのことですが、日に日に回復を見せ、約10日目には傷口が全部かさぶたとなり、現在は一番傷が大きかった肋の部分のみで、その他は綺麗にかさぶたも剥がれたとのことです。
 
処方された抗生剤の投与を行いませんでしたが、特に感染した様子もありません。かかりつけ医から傷が治るまではかなり時間がかかるかもとのお話もあったとのことですが、予想以上の傷の治りに先生も驚いていらっしゃるとのことです。
 

10月のご様子

9月にできてしまった傷口も良化傾向です。肋の部分のかさぶたも綺麗に剥がれました。
 
dsc_0368
 
中旬頃から旋回の症状がやや強く出るなどの異常行動が出てくるようになりました。
ご年齢的に老齢性の変化か、若しくは脳腫瘍の可能性ということもありますが、積極的治療はせずに、DHA、EPAの摂取と頓服でステロイド剤を使用していました。
ハーブが功を奏してくれるかもと思い、ノラ・コーポレーション様のバレリアンプラスを追加したところ、症状が緩和してきました。
 
ノラ・コーポレーション様はペット用のハーブやサプリメント、オーガニックハーブを使用したシャンプー等を扱っていらっしゃいます。
ハーブですので穏やかに作用しますし、サプリメントの中でも個人的にはサーモンオイルがお勧めです。
その他人間用のハーブも取扱がございますので、気になる商品がございましたら、直接ノラ・コーポレーションにご連絡をお願い致します。
 

11月のご様子

9月の傷口部分全てに発毛が見られました。かなり大きな脱毛が起きていたことや、体調が一時期不安定なこともあり、発毛は難しいとかかりつけ医も思っていたようで、驚かれたとのことです。
 
今までは右下でしか寝られなかったのが、左下でも寝られるようになりました。
体全体的に、回復傾向に向かっています。
 
1478960113088
 
dsc_0374

 
寒くなってきたので、毛布にくるまれて寝ています。
 

12月

排尿の際に出血が見られたとのご連絡がありました。
乳腺腫瘍摘出の際、ご年齢を考慮して腫瘍のみの摘出だったため、避妊手術は行っていないこと、毎年この時期に生理が来ていたとのことなので、恐らく生理による出血と考えられます。
 
ただ、万が一膀胱炎ということもあるため、かかりつけの先生にも見ていただくようお伝えしました。
また、下旬には頭部が震える痙攣様症状が見られましたが、一時的なもので、現在は治まっています。
 
生理によるホルモンバランスの乱れによる体調の変化も見られていますので、体力を落とさないよう、しっかりとお食事を食べていただき、ステロイドを頓服で使用するなどしてご様子を見ていただいています。
 
2016年12月_0378
 

2017年1~3月

ご年齢とともに老齢性の症状が見られるものの、元気食欲は維持できており、お散歩にも行っています。
今までは左側が下でないと寝られなかったのが、右側を下にしても眠れるようになったとのことです。
 
1年前は腫瘍を患っていてできなかったお花見ですが、今年は無事行うことができたようです。
 
DSC_0009
DSC_0089
 
DSC_0018
 

4~6月

4月、5月と昼夜逆転がひどくなってきたとのご報告がありました。
ご年齢的にもシニアの症状が出てしまうため、少しでも昼夜逆転を緩和させるために、マッサージや骨格の立て直し、筋肉の弱りが見えてきていたのでリハビリも加えてご様子を見ていただいていました。
 
6月に入ってから、毎日何十回と起きる動作を繰り返していたことがリハビリにもなっていたようで、少し尻尾を振ることができるようになったり、お顔の傾きも和らいできてくれました。
 
天然のポリフェノールで作られたサプリメントを追加し、一時期は効果が強く現れてしまいましたが、現在は使用量を控えめにしたことで、粗相の回数も減少、昼夜逆転もやや元に戻りつつあり、まとまって寝てくれるようになったとのことです。
17年6月15日七ちゃん
 

7月

7月7日、18回目の記念日を迎えることが出来ました。
ご家族の仲間入りをした記念すべき日。プレゼントに車椅子を貰ったそうです。
睡眠時間もだいぶまとまって取れるようになりました。
 
2017.07.07.車椅子
 
7月15日、肺に穴が空き、空気が貯留していたようで、空気抜去を行いましたが、17日に逝去されました。
 
ご冥福をお祈り申し上げます。
 
※症例掲載は飼い主様のご了承をいただいております。
 

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
血管肉腫・腎不全・肝不全への使用例 血管肉腫や腎不全、肝不全の子にコルディを使用した例をご紹介いたします。 ご相談内容 ビーグル 2002....
犬猫の病気
肛門周囲腺腫はがんではなく良性腫瘍です。かなり大きくなることもありますが、治癒を狙えます。また一般的に治療後の予後は良好です。 肛門の近くに...
取扱い動物病院の一覧
院長のまじめな診療スタイルが好評です。 京王線「東府中駅」が最寄り駅です。大きな専用駐車場がありますから車での来院も便利です。   コルディ...
ニュース・コラム
ここ数年、ワンちゃん・ネコちゃんのお口の中から健康にということで、動物病院でも「デンタルキャンペーン」が行われているところが増えているように...
犬や猫のがん
犬の悪性リンパ腫の概要 悪性リンパ腫は「血液のがん」に分類される、全身性のがんです。致死率は極めて高く、現在の獣医療では不治の病です。 リン...
ニュース・コラム
犬も猫も人間も、ビタミン無しでは生きていけません。慢性的なビタミン不足では、肌は荒れ、病気になりやすく、とても健康で長生きすることなどできま...
犬猫の病気
犬のコアワクチンについて 致死率の高いウイルスの予防となるコアワクチン。 このページでは、犬のコアワクチンが予防するウイルス病がどのような病...