• コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫

血管肉腫・腎不全・肝不全への使用例

血管肉腫や腎不全、肝不全の子にコルディを使用した例をご紹介いたします。

ご相談内容

ビーグル 2002.07.24.生 8.5~9kg 雄 
  • 2016年3月26日 右前肢の血管肉腫摘出手術。完全には取りきれなかった。
  • 手術したその日に抗がん剤スタート。強い骨髄毒性により瀕死状態になり、輸血を行う。
  • 余命1ヶ月と宣告。
  • 以前より腎数値の悪化あり(BUN57、Cre2.4)
  • 牛・豚・米アレルギー
  • 既往歴:急性膵炎

2016年3月28日にお電話でご相談頂き、翌日3月29日よりコルディMの服用を始めました。
腎数値に関しては、3月28日より静脈点滴を行っていた事で正常に戻りましたが、免疫がかなり落ちているということでしたので、1日約4gを目処に与えていただきました。

その後点滴は継続、食欲低下が見られるため、吸収力の良い物にコルディを混ぜて与えていただいていました。
お食事についてはがん細胞に栄養が行かないよう、糖質制限をお願いしていましたが、カロリー摂取不足を懸念し、食欲が戻るまでは若干の炭水化物であれば大丈夫とお伝えし、体力維持に努めていただきました。
また、お母様が愛用している栄養補助食品も少量混ぜて与えており、4月18日に一旦点滴を終了しました。

余命1ヶ月と宣告されてから、ちょうど1ヶ月後の4月26日。
転移もなく術後の患部の腫れも落ち着いているが、腎不全がやや進行。
コルディは1日5gに増やして与えていたとのことです。

経過(※個人の感想です)

5月5日

腎不全の進行が見られたため静脈点滴をご提案、かかりつけの動物病院で行って頂いたところ、BUN、Creの値がともに少し改善。
食欲が回復し、1ヶ月ぶりくらいにドライフードを食べた。

コルディは少し量を減らし、ミキプルーンに混ぜ込んで、1回2g×2回に変更。
病院から体調の回復が見られたため、メトロノーム療法での抗がん剤を勧められ、5月1日よりスタート。
しかし、現段階での抗がん剤使用についてはまだリスクが高いのではと思い、使用抗癌剤の添付文書の内容をお伝えし、今後の投与について再考していただき、投与中止した。

5月13日

静脈点滴を皮下補液に切り替えたところ調子が下り坂に。
循環量不足による毒素の排泄不良、皮下補液の過剰、体質的に合わない等の原因が考えられたため、体調が落ち着くまでは静脈点滴で経過観察をとお伝え。

この翌日より静脈点滴に変更。14日時点でBUN 81、Cre 2.5、ALKP 1705。
レントゲン検査で、肝転移が疑われました。

5月15日に吐血、16日午前には下血、その後、数回黒色便。
14日、15日の夜に少量のジャーキーを食べることが出来、その他は強制給餌でアニモンダの腎臓ケア、ミキプルーン、タンパク質を補うためのプロテイン、これらにコルディを混ぜて与えていらっしゃいました。

5月20日

数日前より良い便が出ていたが、今朝散歩中に黒色便。
いつもお散歩で訪れる公園で倒れてしまい、かかりつけの動物病院へ。

心電図は問題なく、動くことも出来るが、血液検査の結果も悪化しており、レントゲンでは肝臓肥大による胃の圧迫像が見られたとのこと。
獣医師からは、もって数日ではと伝えられた。

お食事は、以前のものにミキエコー(アボカドオイル)を飲ませている。
※アボカド(グアテマラ系。日本のスーパーで取り扱っているものもグアテマラ系です)についてはワンちゃん・ネコちゃんで中毒を起こすことがあるため、ミキエコーの会社に動物に投与が出来るか否かを確認して頂いたところ、問題ないとのことだったので、継続して与えていただいています。

5月23日

排便もできており、22日にはトリミングに行くことも出来た。
肝臓肥大による胃の圧迫で食が細くなっているため、少量でカロリーが摂れる免疫サポートも追加。
血液検査的にはいつ亡くなってもおかしくない状態で、病院の先生も驚いている。

5月25日

朝の強制給餌後に嘔吐、24日より固形物を受け付けなくなってしまった。
ただ、お腹に貼ってある痛み止めテープ(モルヒネテープ)の張替え時には怒ったり、強制給餌を避けるために2階から1階に降りたりする元気はある。
排便排尿もしっかりとしていて、まだ頑張ってくれそうな様子。

6月1日

5月28,29日とお仕事の関係で動物病院のペットホテルで過ごしたが、無事乗り切ってくれたとの事。
お食事は強制給餌を頑張っていただいており、体重も以前より減ったものの7.8kg前後で推移している。

コルディも調子が良い時は2g-1g-2gの1日3回、嫌がってしまう時には2g×2回で投与。
以前、肝数値が上昇した時にウコンの投与をお勧めしましたので、ウコンもお食事に混ぜて与えている。

6月5日

永眠

001

このお写真は、亡くなる数時間前のお写真だそうです。

この症例のワンちゃんは、お散歩仲間の方から色々なおやつやフードをいただいたり、ご自宅での強制給餌と言う形で命を繋いでいました。

お母様も勉強熱心で、ご不安なことがあれば、その都度お電話でご相談頂いており、手術から2ヶ月が経過、獣医師の余命宣告された1ヶ月を乗り切ってくれました。

体力の衰えがあったり、強制給餌や点滴、その他痛み止めや内服薬の投与は行っているものの、ワンちゃんらしい穏やかな日々を送っていましたが、2016年6月5日、お父様、お母様に見守られながら安らかな眠りにつかれました。

亡くなる数分前より呼吸が辛かったとのことですが、亡くなった当日も朝晩とお散歩にいかれ、排便排尿もしっかり出来、最期までワンちゃんらしくいられたと仰っていただきました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コルディの使用で、奇跡的に腫瘍が消える子もいます。

しかし、腫瘍が消えずとも、悪さをしないように抑えこんだり、増殖スピードを遅らせたり、縮小させることが出来たり…外見的にも被毛の艶が良くなった、若返ったように見えると言うお声も沢山頂きます。

抗がん剤や放射線治療の副作用でグッタリしてしまったり、嘔吐・下痢が止まらない、寝たきりの生活、被毛もバサバサ…

愛するワンちゃん・ネコちゃんのそんな姿を見るより、良い意味で腫瘍と共存し、余生をワンちゃんがワンちゃんらしく、ネコちゃんがネコちゃんらしく過ごすことができ、穏やかな最期を迎えるほうが良いと思いませんか

全ての子に効果があるとは申し上げられませんが、症状が緩和し、穏やかに生活されていると言うご報告も沢山頂いております。
もしコルディのご使用を迷っているということであれば、是非一度お試しください。
スタッフ一同、精一杯サポートさせていただきます。

また、ご不明な点やご心配な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディの製品情報はこちら
製品のご注文とお問い合わせはこちら

 

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
取扱い動物病院の一覧
積極的に自然療法を取り入れ、動物たちに癒やしを与えます。 福岡県福津市にあるさくら動物病院は代替療法を導入している動物病院です。もちろん西洋...
新井動物病院(長野県下伊那郡)
取扱い動物病院の一覧
  長野県下伊那郡高森町にある新井動物病院をご紹介いたします。 国道153号線沿いの地域に根ざした動物病院です。最寄り駅はJR飯田線の市田駅...
メール相談への回答集
Q:推定12歳の保護猫の女の子です。7歳の時に一度乳腺腫瘍の手術をしたのですが、最近また腫瘍らしきしこりが見つかりました。 元気食欲はしっか...
取扱い動物病院の一覧
口コミで来院される飼い主様がほとんどです 高倉動物病院は埼玉県入間市の国道16号から少し入った住宅街にある動物病院です。 車4台分の駐車場が...