• コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み

口腔メラノーマへの使用例

口腔メラノーマとは

犬において悪性度の高いメラノーマというとまず頭に浮かぶのは口腔内に発生する口腔内メラノーマです。
極めて悪性で進行も早くリンパ節や肺へ高い頻度で転移を起こします。
 
しかし、コルディをお飲みいただいたり、食生活等の生活習慣を見直すことで長期にQOL(生活の質)を維持しながら病態をコントロールすることができる例もあります。
 

口腔メラノーマへのコルディ使用例

コーギー 15歳 14.5㎏ 
  • 2015年9月に顔の腫れに気付き、同月26日に口腔メラノーマと診断。
  • リンパ節への転移あり、肺転移なし。
  • 余命2ヶ月と言われる。

 
お食事は、ph調整食から手作り食に切り替えてみたものの下痢をしてしまったので、二食のうち一食は元のph調整食に戻し、同時にコルディの投与を開始されています。

 

経過(※個人の感想です)

2015年10月3日

抗がん剤(カルボプラチン)1回目。
1週間食欲不振が続いたため、コルディをありとあらゆるものに混ぜて摂取させた。
 
20F6C476-2BA4-4113-8C73-CA9901B47791 治療開始2週間後のご様子。
 

11月14日

抗がん剤3回目。腫瘍の大きさが3cmから2cmに縮小した。抗がん剤の副作用は大きく出ていない。
 

12月26日

抗がん剤5回目。肺転移見られず。
血液検査にやや異常がみられたため、肝臓の内服薬が処方された。
お食事をドッグフードに変更。
 

2016年2月6日

抗がん剤7回目。腫瘍の大きさ1cmにまで縮小。
血液検査特に変化なし。肝臓の内服薬に、腎臓の内服薬(ネフガード)を追加。
 

2月14日

無事15歳のお誕生日を迎えられた。
 

3月19日

抗がん剤9回目。腫瘍の大きさ変化なし。
家族会議の末、抗癌剤の継続を中止。ネフガードのみ継続していくことに。
コルディは同様の量で続けていく。
 

5月14日

腫瘍の大きさ変化なし。
 

現在のご様子(※個人の感想です)

 
年相応の衰えはあるものの、食欲旺盛、腫瘍に関しての変化は殆ど無いとのことです。

 

コーギーさんの平均寿命を考慮すると、免疫力はかなり低下しやすい状態にあり、またその状態で抗がん剤を使用すると通常は副作用が大きく出てしまいます。
今回のワンちゃんの場合は、コルディを多く与えていただいていたことで免疫力低下の抑制が出来、抗がん剤の副作用軽減と、腫瘍に対しての効果が発揮できたことで、今回のような結果になったのではと思います。
 
抗がん剤はメリット(効果)>デメリット(副作用)であれば使用する価値があると思います。
しかし、継続することでがん細胞が抗がん剤に対して耐性を持ってしまい、効果が現れにくくなっていきます。(メリット<デメリット
 
そうすると、更に強い抗がん剤の使用を勧められることが多いですが、強いものになればなるほど、副作用も重篤化していきます。
抗がん剤を含め、全てのお薬には副作用が伴います。
 
そのお薬のメリットを最大限に活かし、デメリットをカバーすることで、QOLの維持も可能となります。
ワンちゃん・ネコちゃんの体に負担が少しでもかからないよう、日頃のお食事の見直しや、サプリメントの利用をご検討頂けたら幸いです。
 

コルディ使用例の関連記事
  • 使用例報告5:口腔内メラノーマ(ミニチュアダックスフンド)
  • 使用例報告2.リンパ腫
  • 犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • 脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • 猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • 犬の乳腺腫瘍の使用例
  • 犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ニュース・コラム
手作りレシピ集~お食事編~はこちら 手作り食で使える食材を紹介します。 一度にいろいろな食材を入れるもの良いですが、あまり沢山の食材を混ぜて...
犬や猫のがん
犬の悪性リンパ腫の概要 悪性リンパ腫は「血液のがん」に分類される、全身性のがんです。致死率は極めて高く、現在の獣医療では不治の病です。 リン...
取扱い動物病院の一覧
動物用救急車のある動物病院 NHKプロフェッショナル仕事の流儀に塩田眞院長が出演します 2017年1月30日放映予定 NHKプロフェッショナ...
コルディMについて
コルディのテレビCM <<コルディの紹介動画(採取・培養・安全性等について)はこちら>>...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
ここでは、ワンちゃんの肝臓疾患で、腫瘍以外の主な疾患についてご紹介します。ネコちゃんの肝臓疾患に関する病気はこちら をご覧ください。 犬伝染...
メール相談への回答集
消化器型リンパ腫での使用について Q:15歳の猫を飼っています。数ヶ月前より下痢が続いており、抗生剤を使用しても改善しなかったため検査をした...
犬や猫のがん
皮膚組織球腫では手術が勧められます 皮膚組織球腫は良性腫瘍ですが、それでも切除が獎められるのは、危険な肥満細胞腫との判別が難しいケースがある...
取扱い動物病院の一覧
積極的に自然療法を取り入れ、動物たちに癒やしを与えます。 福岡県福津市にあるさくら動物病院は代替療法を導入している動物病院です。もちろん西洋...