治癒不可能の病気ですが有効な予防法があります。人に感染する心配はありません。

FIVとよばれるウイルスが原因の病気です。FIVを保有した猫との交尾・ケンカにより感染します。日本の猫の10%~20%が感染していると考えられます。

発症してしまえば治療法がなく、免疫不全におちいってしまう難しい病気です。ただし感染したからといって早期に重篤な症状が出るわけではなく、5年程度(個体差があります)の潜伏期間があります。その間は健康な猫と変わりなく過ごすことができます。

潜伏期間が長いため、発症せずに天寿を全うできる猫もいます。感染がわかったからといって、悲観的になりすぎることはありません。しかし潜伏期間が長いということは、知らぬ間に他の猫に感染させてしまう可能性があるということです。もし感染がわかったら、室内飼いを徹底するのは大事なマナーです。

治癒させる方法はありませんが、まだ感染の恐れのない小さいうちに去勢・避妊手術を受けることで、感染リスクをほぼ0%にすることができます。去勢した猫は交尾・ケンカをしなくなるため、感染の危険が極端に減るのです。

 

猫エイズワクチンについて

猫エイズワクチン(商品名:フェロバックスFIV)が発売されています。感染阻止率は70%と言われています。しかしワクチンを接種したからといって他の猫と密な接触を許していては、いつかは感染してしまうでしょう。ワクチンはあくまで補助的なものとして考えるべきです。なお感染後にワクチンを接種しても効果はありません。

 

猫エイズで死んでしまう理由

猫エイズの原因ウイルスのFIVは、猫の免疫細胞に感染します。FIVが増殖し始めると免疫力はどんどん低下してしまいます。その結果、健康であればまったく心配のいらない細菌やカビによっても病気になってしまいます。これは日和見感染と呼ばれています。命を落としてしまうのは、猫エイズ自体ではなく免疫低下に伴う様々な感染症が原因です。

もし検査で陽性になったら、獣医師のアドバイスを聞いて発症を防ぎましょう。清潔な環境では発症が遅れるとの報告があります。室内飼いを徹底し、他の猫への感染を確実に防いでください。

なお人のエイズとは別です。猫エイズが人に感染することはありません。

 

免疫を高めましょう

免疫を高めて感染症にかからないようにしてください。適度な運動や質の良いフードは役立つでしょう。心配な時はサプリメントを使ってみてください。

 

犬猫の病気の関連記事
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
おすすめの記事
コルディ使用例
コルディをご使用いただいている動物病院様からいただいたご報告です。 動物病院様の承諾をいただいて掲載しています。 うさぎのびょういんjoyj...
取扱い動物病院の一覧
心のこもった動物病院 めぐむ動物病院は埼玉県ふじみ野市にある温かみのある動物病院です。 東武東上線 ふじみ野駅から徒歩10分ほどの場所に有り...