コルディ使用例
cordy

肛門周囲腺腫はがんではなく良性腫瘍です。かなり大きくなることもありますが、治癒を狙えます。また一般的に治療後の予後は良好です。

肛門の近くに発生する腫瘍です。去勢により発生率は低下するため、男性ホルモンの影響を大きく受けていると考えられます。オス犬にばかり発生し、メス犬では稀です。

悪性のものは肛門周囲腺がんと呼ばれ、この場合は治癒は困難です。見分けがつかないので早めに検査を受けたほうが良いでしょう。

治療

良性とはいえ大きくなり出血することもあるため、手術で取り除いてしまうのが一般的です。あまり大きくならず生活に支障がない場合や高齢で手術や麻酔に耐えられない場合など、手術が奨められないケースもあります。

なお手術をしてもまた新しい腫瘍が出てきてしまうことがあります。

一般的な治療法

  • 手術で腫瘍を取り除きます。
  • 去勢していない場合は去勢して、予後を改善します。
  • ホルモン剤投与で男性ホルモンの働きを抑え、予後を改善します。

肛門周囲腺がんの場合は、がんはその場に留まりません。リンパ節や肺転移を起こしやすく予後は良くありません。早い段階で免疫を高める取り組みを開始することをお奨めします。

犬猫の病気の関連記事
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
おすすめの記事
豊島どうぶつ病院(東京都 豊島区)
取扱い動物病院の一覧
口コミでの来院が多い動物病院 豊島どうぶつ病院は東京都豊島区の動物病院です。 地下鉄有楽町線・副都心線の要町駅と千川駅からそれぞれ5~6分に...
コルディの飲ませ方【成功例】
ニュース・コラム
日頃ご相談いただく中で、どうやったらコルディを食べてくれるのかと言うご質問があります。 特に、ネコちゃんはワンちゃんに比べて味覚がデリケート...
こころ動物病院(東京都江東区)
取扱い動物病院の一覧
動物たちの「こころ」を大切に こころ動物病院は東京都江東区にある動物病院です。 都営新宿線の大島駅より 亀21 東陽町駅行き「北砂7丁目」下...
積極的なビタミン摂取は、がんを減らす
ニュース・コラム
犬も猫も人間も、ビタミン無しでは生きていけません。慢性的なビタミン不足では、肌は荒れ、病気になりやすく、とても健康で長生きすることなどできま...