• コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)

猫伝染性腹膜炎(FIP、エフアイピー)とは、コロナウイルス科コロナウイルス属猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。

猫コロナウイルスは唾液や排泄物より感染するために感染が広がりやすく、日本の猫の半分が感染しているとも言われています。

このウイルスには猫腸コロナウイルス(FECV)と猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)の2つの型に分類されます。

猫腸コロナウイルス(FECV)は腸管に感染することで、軽い下痢を引き起こしますが、無症状の場合もあり、比較的軽い病態で済みます。

しかし、このウイルスの一部が突然変異を起こすと猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)という、強い病原性を持つウイルスになってしまうのです。

この突然変異のきっかけはストレスによる免疫低下と言われています。

猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)もウェット型(滲出型)ドライ型(非滲出型)の2つの型に分類されます。

どちらも感染初期は食欲低下、発熱、嘔吐、下痢と言った他の疾患でも起こりうる症状を呈しますが、その後、ウェット型ですと腹水による腹部膨満、胸水による呼吸困難、黄疸が起こり、ドライ型ですと黄疸、てんかん発作などの神経症状、目の異常などが現れます。

ウェット型とドライ型を比較すると、ドライ型のほうが進行は緩やかであり、ウェット型のほうが再発率が高いとされています。

猫伝染性腹膜炎ウイルスに感染しているか否かを調べるためには血液検査でウイルスの抗体価を調べるという方法がありますが、これは猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)だけでなく猫腸コロナウイルス(FECV)にも反応してしまうため、「高FCoV抗体価 = FIP確定」ではありません

症状がある場合は、血液検査で高蛋白血症を確認し、FIP抗体価が陽性と出ればほぼ猫伝染性腹膜炎が確定します。

症状がない場合は、FIP抗体価で陽性が出たら約1ヶ月後に再検査をし、そこで陽性か否かを診ます。もしこの際検査でFIP抗体価が下がっているということであれば、一時的に猫腸コロナウイルス(FECV)に感染していたと考えられます。

つまり、FIP抗体価検査は猫腸コロナウイルス(FECV)感染の有無をスクリーニングする(ふるいにかける)ため、またFIP診断の「補助」としては利用ができます。

 

猫伝染性腹膜炎(FIP)は完治させる治療法はなく、延命するための治療になります。

一般的には血管炎を抑えるための抗炎症剤(ステロイド剤)、免疫力を高めるためのインターフェロン、これに抗生剤が使用される場合もあります。

また、ウェット型(滲出型)で腹水・胸水が溜まってしまう場合には、その程度によって水を抜くこともあります。

ただし、腹水・胸水には栄養素が溶け出していますし、その水があることで体の恒常性(バランス)が保たれていることもありますので、過度に抜いてしまうことで余計に衰弱してしまう場合もあります。

先生により考え方も様々ですので、しっかりとお話を聞いたうえでどの程度抜くのかを決定されると良いと思います。

 

猫腸コロナウイルス(FECV)に感染したからといって、必ず猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症してしまうわけではありません。

猫腸コロナウイルス(FECV)に感染したうち、猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症するものは10%以下と言われています。

つまり、猫腸コロナウイルス(FECV)が猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)に変異しないよう、免疫をしっかりと正常範囲に保つことが出来れば、何も怖いことはないのです。

猫ちゃんがストレスを溜めにくい環境を作れるのは、飼い主様だけです。

・音がうるさい

・寒暖差が激しい

・トイレが汚れている

・多頭飼い

・移動が多い

・栄養が偏っている

・運動不足

これらはほんの一部ですが、私たちであればさほどストレスにならないようなことでも、体の小さい猫ちゃんにとっては大きなストレスとなってしまっていることが多々あります。

猫ちゃんの環境がどのような状態なのか、今一度ご確認いただき、少しでもストレスフリーな生活を送ることが出来るよう心掛けてあげてください。

コルディを使用して猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状が和らいだ症例や、改善した症例もございます。
コルディの使用に関してご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
コルディのお問い合わせ、ご注文はこちらから

 

犬猫の病気の関連記事
  • 犬の肛門周囲腺腫
  • 猫白血病ウイルス感染症-リンパ腫の発生に注意
  • 猫エイズ
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)
  • 犬・猫・ペットの腎不全について(慢性腎不全・腎臓病など)
  • 犬のコアワクチンについて
  • 猫のコアワクチンについて
  • 腫瘍と腎不全を併発<コルディ相談>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ホモトキシコロジー
自然療法・代替療法
ホモトキシコロジーの紹介 ホモトキシコロジーは一般的な西洋治療に対する代替療法として、最近広まりつつある治療法です。 ホモトキシコロジー製剤...
コルディMについて
競走馬理化学研究所のドーピング検査にもパス 日本国では、競馬法によってレースに出場する競走馬には、「その馬の競走能力を一時的に高め又は減ずる...
コルディ使用例
口腔内メラノーマへの対応 口腔内メラノーマとは 口腔内メラノーマは非常に悪性度が高く、手術をしても再発率が高い悪性腫瘍です。 また抗癌剤もほ...
ニュース・コラム
犬や猫の医薬品について、がん予防、がん治療という観点から記事を集めました。 「すべての薬は、しょせん毒である。」という言葉が示す通り、医薬品...
取扱い動物病院の一覧
積極的に代替療法を取り入れている動物病院 ふぅ動物病院は東京都青梅市の動物病院です。 犬・猫・ハムスター・小鳥・うさぎの診察を行っています。...