• コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例

ふじわら動物病院は東京都葛飾区にある動物病院で犬・猫を中心にハムスター・フェレットの診察も行っています。

ふじわら動物病院HPはこちら

京成線お花茶屋駅、または京成立石駅より徒歩10分ほど、駐車スペースもあるのでお車での来院も可能です。

藤原院長も看護師の方も動物を心より愛していることが伝わってくる、犬や猫を家族のように大切に扱ってくれる動物病院だと飼い主様数名から伺いました。

お昼休みを1時間2時間過ぎても来院される方が後を絶たないほど盛況ですが、スタッフの皆さんも嫌な顔、疲れた表情を見せることなく常に笑顔で対応しているのがとても印象的でした。

いつも混雑していますが待合室も広く、飼い主様同士で情報交換をしながらゆったりと診察を待つことができます。

 

丁寧な説明を心がけています

幾通りかの治療法を考え、それぞれのメリット・デメリットや治療費(の見積)、身体への負担を丁寧に説明し、飼い主さんとペットの負担をできるだけ軽減する治療を心がけているそうです。

「ご家族の一員であるペットの診療は、金銭的な面を含めて飼い主さんとっては大きな負担になるものです。ですから、どんな治療をして検査や薬にいくらかかるのか、しっかりとご説明をして飼い主さんに納得していただくこと。その上で飼い主さんご自身に治療法を決めていただくことが基本的な考え方です。

ただし、私からひと通り説明をして、「治療法を選ぶのは飼い主さんですから」と責任を押し付けるわけではありません。飼い主さんのご意見をお聞きして一緒に考えながら、ペットにとって最善の治療法を見つけたいと思っています。

そのためには、飼い主さんの家族構成や主な飼育者、ほかにもペットを飼っているかなど、ペットを取りまく環境についてお聞きすることもあります。獣医師である私と飼い主さん、お互いに責任をもってペットの健康を守って行くのが理想ですよね。飼い主さんからいただく「ありがとう」という言葉を励みに、たくさんのペットを元気にしたいと思っています。 」

との院長の言葉は愛情にあふれている印象を持ちました。

 

幅広く深い知識をお持ちの先生です

藤原院長は東京大学博士課程を修了したというインテリでもありますが、物腰がとても柔らかく、温和な先生です。

常に獣医医療の知識・技術の研鑽に余念がなく幅広く深い知識をお持ちの先生です。
そのため、幾通りもの治療法を提案できるのだと思います。

 

しつけ相談・食事指導も行います

犬の問題行動でお悩みの飼い主さんには、スタッフにトレーナーの資格を持ってもらい、個別に相談をお受けしています。

犬のしつけについては「ほめて、のばす」ことを基本に、トレーナーの資格を持つ看護師と私が担当しています。

予防接種や定期的な健康診断のほか、ペットの体重を管理しながら食事内容を調整することでも病気を予防することができます。毎日の生活で気にかかること、相談したいことがありましたら、お気軽にお声かけいただきたいですね。

 

免疫療法が受けられます

腫瘍の治療は外科療法、化学療法、放射線療法が一般的に知られていますが、さらに第4の治療として免疫療法が近年注目されています。ふじわら動物病院では、これらを組み合わせてワンちゃん、ネコちゃんひとりひとりにあった治療法をご提案しています。

樹状細胞療法・リンパ球療法いずれにも対応可能です。

 

コルディを扱っています

コルディM/コルディG/コルディEXを来院された方に紹介して頂いています。
身体に負担がかからないコルディを治療の一環として積極的にご活用いただいています。

 

ふじわら動物病院
〒124-0012
東京都葛飾区立石5-4-5
03-5698-8196
ふじわら動物病院HPはこちら

 

  • ナナ動物病院(東京都 杉並区)
  • かも動物病院(東広島市)-先進的ながん治療で実績多数
  • ひだまり動物病院(神奈川県相模原市)
  • アイ動物病院(埼玉県大宮市)-鍼、サプリメント、自然療法に強み
  • フェアリー・ペットケアクリニック(埼玉県桶川市)-気軽にホリスティック治療を受けられる
  • たてる動物病院(東京都日野市)-おしゃれな建物も好評
  • アカシア動物病院(東京都小平市)
    アカシア動物病院(東京都小平市)-外科治療を望まない飼い主様へ
  • ブルーミントン動物病院(東京都杉並区)-漢方、サプリを駆使して実績多数

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ゆげどうぶつクリニック
取扱い動物病院の一覧
西武新宿線の花小金井駅と西武池袋線のひばりヶ丘駅の中間くらいにあります。駅からは距離があるためひばりヶ丘駅からのバスか、車で行くのがお奨めで...
メール相談への回答集
口腔内メラノーマでの使用について Q:14歳 ミニチュアダックスフントを飼っていますが、先日、口にメラノーマが出来てしまいました。かかりつけ...
コルディ使用例
猫(23歳)の肥大した脾臓が縮小した症例です。リンパ腫もしくは肥満細胞腫が疑われています。獣医師の触診で脾臓にボコッとした腫瘍がありましたが...
犬・猫もプラセンタ<肝臓の働き・皮膚が心配な子へ>
肝臓の機能 肝臓は体内の中でも最大の臓器であり、様々な機能担っています。その中でも重要な機能として ①胆汁の生成、分泌(栄養の消化吸収に関与...