• コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)

Q:8歳のトイプードルを飼っています。トリミングで、乳腺にしこりがあると言われ、かかりつけで細胞診をしたところ、良性腫瘍との診断でしたが、まだ腫瘍自体が小さいので今のうちに手術をしたほうが良いと言われました。
元気食欲はあるので、手術をするなら今だと思う半面、愛犬の体に麻酔をかけるのも正直怖い部分があります。
手術以外に何か方法が何かないかと思い調べていたところ、コルディを知りました。
良性腫瘍にも効果はあるのでしょうか。


A:ワンちゃんの乳腺腫瘍は50%の確率で悪性腫瘍と言われています。今回良性腫瘍とのことですが、良性腫瘍でも徐々に大きくなっていくこともありますし、悪性腫瘍のような動態を示す場合もあります。
腫瘍が大きくなってからの手術ですと、麻酔時間も長くなりますし、傷口も大きくなってしまいます。
ご年齢もまだ8歳と比較的お若いですし、元気食欲が十分あるということであれば、麻酔のリスクもさほど高くはないと考えられます。
しかし、これからシニア期に入りますと、免疫力はどんどん低下していきますので、腫瘍の増大も懸念されます。
麻酔処置が必要な場合には、必ず事前に血液検査をしますので、血液検査でも特に問題がないのであれば、手術を行うのも視野に入れてみたほうが良いかと思います。

 

ただ、どうしても手術が怖いということであれば、ワンちゃん自身の免疫力をしっかりと維持することで、腫瘍細胞の働きを抑えることもできます。

 

弊社のコルディは、免疫細胞に持続的に刺激を与えることで、体内の免疫力を正常に保つことを図ったサプリメントです。
コルディMでも効果は期待できますが、呼吸状態や心臓に問題がないようであれば、有機ゲルマニウムを配合しているコルディGの使用をお勧めいたします。
有機ゲルマニウムには、血流をしっかりと流すという作用が期待できます。
これからシニア期に入ると体の循環が滞りやすくなりますので、しっかりと循環を促し、デトックス効果を高めることで、免疫も定着しやすくなると考えられます。

 

また、お食事は腫瘍細胞を活性化させないように『低糖質高タンパク食』に切り替えていただくことで、腫瘍の増大を抑えることも期待できます。

お食事に関しては、弊社のホームページにも記事を掲載しておりますので、こちらを参考にしていただけたら幸いです。
低糖質、高タンパク食が、がんを制する。
がんに負けない、新しい食事のアイデア。

 


ご使用に関してご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください。

・コルディのご注文とお問い合わせ

  • 犬の乳腺腫瘍<コルディ相談>
  • 猫の乳腺腫瘍<コルディ相談>
  • 肥満細胞腫<コルディ相談>
  • 腫瘍と腎不全を併発<コルディ相談>
  • 腫瘍とてんかん発作を併発<コルディ相談>
  • 口腔内メラノーマ<コルディ相談>
  • 消化器型リンパ腫<コルディ相談>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
犬の乳がんX線画像
ニュース・コラム
ここ10年20年で犬や猫のがんが急増しています。寿命が延びたことと深い関係があります。食事の影響もあるでしょう。対策方法について考えていきま...
ニュース・コラム
動物専用の抗がん剤は発売されていません。そのため人間用の抗癌剤が動物の治療に用いられます。 抗がん剤を使うとき、その副作用を切り離して考える...
犬や猫のがん
皮膚組織球腫では手術が勧められます 皮膚組織球腫は良性腫瘍ですが、それでも切除が獎められるのは、危険な肥満細胞腫との判別が難しいケースがある...
コルディ使用例
サプリメントをコルディMに変更してから腫瘍が縮小 柴犬の膀胱移行上皮癌のエコー(超音波検査)の画像です。 飼い主様から提供して頂きました。 ...
犬や猫のがん
悪性乳腺腫瘍の概要 犬の悪性乳腺腫瘍(以下、乳腺腫瘍)とは、つまり乳がんのことです。 犬の寿命延長により増加している癌です。免疫の低下する高...
ニュース・コラム
愛するワンちゃん・ネコちゃんが、がんになってしまった、不治の病に罹ってしまったとなれば、誰でもネガティヴになってしまうと思います。 しかし、...
犬や猫のがん
早期であれば手術で根治が狙えます。しかし初期の卵巣がんは症状が乏しく発見が遅れがちです。 卵巣がんの特徴・発生原因 卵巣はメス特有の組織で、...
取扱い動物病院の一覧
がんの子に無理な治療はしません。コルディMをお勧めしています。 大宮のアイ動物病院の紹介で訪問してきました。朝イチだったので患者さんもいらっ...