K9ナチュラルのフリーズドライフード

「K9ナチュラル」は、自然豊かなニュージーランド生まれ。原材料はすべて人間食用を使用、穀物、人工の添加物は一切使用していません。
生産から製品の加工まで、全て厳しい審査のもと管理されています。

犬・猫の食性に合ったフードを提案しており、犬用フードは原材料の90%、猫用フードは99%以上が人間食用の新鮮な肉類を使用。
非加熱フリーズドライ製法にすることで、食材の持つ栄養がそのまま、分解吸収しやすい形で残されており、美味しさもそのまま。

嗜好性も高いため、いつもの食事のトッピングとしてもご利用いただけます。

K9ナチュラルに使われる肉は全て、ニュージーランドの肥沃な大地で放牧されて育った健康な家畜だけを使っています。これらの肉類には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切不使用。病気で死んだ家畜や衰弱した家畜、廃棄部分(ヒヅメ、尻尾、鼻など)も一切使用していません。

K9ナチュラルの特徴

  • 穀物(小麦・米・トウモロコシ・大豆等)不使用
  • 人工の添加物(香料・着色料・保存料)不使用
  • AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア
  • 子犬からシニア犬までオールステージ対応
  • 食材はすべて人間食用を使用

K9ナチュラルは、原材料の99%以上に自然食材を使用し、その栄養や風味を最大限に生かすため、原材料の加工を最小限に抑えながら、非加熱で製造しています。

そのため、原材料の収穫時期やサプライヤー(供給元)の違い、季節による家畜・家禽の脂肪分の違い、気候による野菜・果物などの成分の違いなど、素材の特長がそのまま、粒に反映されるため、保証成分値の範囲内ではありますが、粒の形状や、硬さ、色や香りなど、違いがあります。 また、一般的なドライフードのように、肉食動物である犬や猫にとって不要な、穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。

K9ナチュラルは、基本的な与え方として、本来の食事に近づけるために、生食の水分値に戻してから与えていただくフードですので、粉状になっているものはそのまま、粒状のものはくずしてから、水かぬるま湯(37℃以下)を加えると、短い時間で、戻ります。

チキン・フィースト<犬用>(お試し用15g 297円)

<チキン・フィーストの特徴>
・高タンパク質。
・タンパク質の吸収効率が良い。
・低脂肪、低カロリー。
・豊富なメチオニン(肝臓をサポートする栄養素)
・香りが控えめで食べ飽きが少ない。

<こんな子にお勧め>
・オールステージ。
・肝機能の低下が見られている子。
・お腹が弱い子。
・食が細い子。
・偏食気味の子。

原材料

鶏肉(人間食用の家禽から生産される)、卵、フラックスシードフレーク、ホキ(白身魚)オイル、昆布、ニュージーランド緑イ貝、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、硫酸カリウム、乾燥昆布、りんご、洋なし、塩化ナトリウム、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、ひまわり油、酸化マグネシウム、セレン酵母、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ベータカロチン、ビタミンB1、ビタミンD3

チキン・フィースト<犬用>(お試し用)のお求め

コルディやプラセンタなどと同梱頂けます。食いつきのお試しにいかがですか?
チキン15gはこちら

K9ナチュラル パピー<犬用>(お試し用15g 297円)

<パピーの特徴>
離乳期からの成長に大切な栄養に特化したレシピです。丈夫な筋肉や内臓を作る動物性タンパク質や脂質、強い歯や骨を作るカルシウムやグルコサミン・コンドロイチン、健康な脳や目に必須なオメガ3(EPA・DHA)が豊富です。

子犬だけでなく、オールステージで与えられます。オメガ3脂肪酸も豊富に含むため炎症が心配な子やシニア犬の認知症などの予防にもお勧めのフードです。

・豊富なオメガ3脂肪酸(EPA・DHA)。
・嗜好性の高いビーフを使用。
・少量で高カロリー。
・動物性鉄分が豊富。

<こんな子にお勧め>
・オールステージ。
・シニア犬の認知症などの予防。
・食が細い子。

原材料

牛肉(人間食用の家畜から生産される)、血(牛)、グリーントライプ(牛)、卵、レバー(牛)、心臓(牛)、 骨(牛)、ホキ(白身魚)オイル、ひまわり油、昆布、フラックスシードフレーク、腎臓(牛)、キャベツ、ブロッコリー、 チャード(葉野菜)、にんじん、カリフラワー、乾燥昆布、炭酸カルシウム、りんご、洋なし、ニュージーランド緑イ貝、ベータカロチン、ビタミンD3、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、プロティネイト鉄、プロティネイト銅、プロティ ネイトマンガン、ビタミンB1、葉酸、セレン酵母

パピー<犬用>(お試し用)のお求め

コルディやプラセンタなどと同梱頂けます。食いつきのお試しにいかがですか?
パピー15gはこちら

ラム&キングサーモン・フィースト<猫用>(お試し用10g 297円)

<ラム&キングサーモン・フィーストの特徴>
低コレステロールでヘルシーな「ラム」と抗酸化作用のアスタキサンチンや、オメガ3(EPA・DHA)が豊富な「サーモン」。
ニュージーランドを代表する“山と海の恵み”が詰まっています。

オメガ3脂肪酸も豊富に含むため炎症が心配な子やシニアの認知症などの予防にもお勧めのフードです。

・高タンパク質。
・低コレステロールでヘルシー。
・強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンが豊富。
・オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)が豊富。

<こんな子にお勧め>
・オールステージ。
・食が細い子。
・腎臓疾患を持っている子。

原材料

心臓(子羊)、鮭、腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、乾燥昆布、タウリン、ビタミンE、酸化マグネシウム、プロティネイト亜鉛、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸。

ラム&キングサーモン・フィースト<猫用>(お試し用)のお求め

コルディやプラセンタなどと同梱頂けます。食いつきのお試しにいかがですか?
ラム&キングサーモン10gはこちら

良くある質問

愛犬の好き嫌いが激しく、気に入るか心配です。
“犬は元来、新鮮な生肉の食事を好む動物です。でも、もし愛犬が最初ためらうようでしたら、フードを戻す際にぬるま湯(37度以下)を使うことをお勧めします。水で戻すより、おいしそうな匂いがするようになります。きっと、愛犬も夢中で食べるようになるはずです。また嗜好性の高いグリーントライプを少量混ぜるのも良いでしょう。 (※絶対に電子レンジで加熱しないでください。マイクロ波が食物の分子の構造を変えてしまい、消化吸収が悪くなります。) “
どんなサイズの犬にも与えられますか?
K9ナチュラルは、犬のサイズ、犬種、活動量、年齢に関係なく、すべての犬に与えることができます。
どの犬種・猫種や年齢でも大丈夫ですか?
良質な動物性タンパク質を中心とした、高品質で消化吸収の良い栄養素は、子犬・子猫からシニアまで全てのライフステージに必要な保証分析値を満たしていますので、給与量で調整できる総合栄養食です。丈夫な筋肉や内臓、強い歯や骨・関節、健康な脳や眼などに必要な栄養素が豊富に含まれています。
K9ナチュラルを与えることによって得られる最大のポイントは?
新鮮な素材をフレッシュ(生・非加熱)のままフリーズドライ加工した質の良いタンパク質や必須脂肪酸を生肉から摂ることができることです。そして、天然のビタミンやミネラル、カルシウム、酵素などを野菜・果物・内臓・ボーンパウダーなどから摂ることができるという点です。
犬のダイエットに役立ちますか?
K9ナチュラルは、生肉が90%以上使用された、動物性のタンパク質と良質な脂質が主体の食事で、体内で脂肪に変わり肥満を招きやすい炭水化物はほとんど含みません。また嗜好性アップのための砂糖や甘味料も入れておらず、太りにくいフードと言えます。
肉の量がとても多いですが太りませんか?
犬や猫が太ってしまう食材は、肉や脂ではなく、糖質(ブドウ糖)を多く含んだ穀類が原因といわれています。K9ナチュラルには、穀類・イモ類・豆類も、砂糖などの甘味料も一切使われていません。
豊富な動物性タンパク質や脂質が、酵素や乳酸菌などの善玉菌の働きで、しっかりと消化吸収されれば筋肉や内臓などの各器官に栄養がいきわたり、代謝が上がって、引き締まった体へと変わっていくでしょう。
加熱したり電子レンジを使っても大丈夫ですか?
加熱をすると、生の食材が持つ、大切な栄養素(ビタミン・ミネラル・酵素・善玉菌など)が失われてしまいます。
電子レンジのマイクロ波は、食材の分子構造を変えてしまい、消化吸収がしにくくなる、と言われています。
水で戻さないで、そのまま与えても大丈夫ですか?
大丈夫ですが、食事から摂取する水分はとても大切なので、水に戻さずに与える際は、新鮮なお水を側に置きいつでも飲めるようにしてください。胃腸や腎臓に不安のあるコは、生食の水分値に戻してから与えてください。
素材の肉の種類によって、栄養上に違いがあるのでしょうか?
肉(動物)の種類の違いによって、タンパク質や脂肪の含有量の違いがありますが、どの種類のK9ナチュラルにも十分なビタミン、ミネラルなどが含まれていて、自然界での食事と同じような内容になっています。ラム(子羊)、ビーフ(牛肉)、ベニソン(鹿肉)、チキン(鶏肉)この4種類を交互に与えることで、自然界での捕食(肉食動物が餌となる対象の動物を捕らえて食うこと)と同様のバラエティーが得られ、栄養バランスがさらに良くなります。ぜひお試しください。
生(なま)の食材の菌や寄生虫は大丈夫ですか?
ニュージーランドでは、政府による厳しい輸出基準や、国の機関による定期的な検査、各農場における家畜1頭1頭の健康診断など、徹底的な安全管理がされていて、過去130年以上に渡り、疫病ゼロを守っています。さらに、K9ナチュラルでは、製品化の前後で第三者機関による細菌検査も行われています。
食べない場合はどうしたらいいですか?
犬や猫は本来、新鮮な生肉の食事が大好物です。少しでも口にすれば、味を理解して食べてくれることでしょう。
冷たい水よりも、ぬるま湯(37度以下)で戻した方が香り高くなりますので嗜好性が上がります。
また、嗜好性が高く、消化吸収を助ける酵素や乳酸菌の宝庫「グリーントライプ」をトッピングするのもお勧めです。
同じ種類を購入しているのに、袋によって、粒の色や硬さが違ったり、粉々になっているものがありますが、このまま与えられますか?
大丈夫です。安心して与えてください。 K9ナチュラルは、原材料の99%以上に自然食材を使用し、その栄養や風味を最大限に生かすため、原材料の加工を最小限に抑えながら、非加熱で製造しています。 そのため、原材料の収穫時期やサプライヤー(供給元)の違い、季節による家畜・家禽の脂肪分の違い、気候による野菜・果物などの成分の違いなど、素材の特長がそのまま、粒に反映されるため、保証成分値の範囲内ではありますが、粒の形状や、硬さ、色や香りなど、違いがあります。 また、一般的なドライフードのように、肉食動物である犬や猫にとって不要な、穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。 K9ナチュラルは、基本的な与え方として、本来の食事に近づけるために、生食の水分値に戻してから与えていただくフードですので、粉状になっているものはそのまま、粒状のものはくずしてから、水かぬるま湯(37℃以下)を加えると、短い時間で、戻ります。
犬用と猫用では何が違うんですか?
犬用フードのK9ナチュラルの原材料は肉類が約90%、野菜・果物・卵・緑イ貝・サプリメントが約10%の比率で使用されています。犬よりもさらに肉食性の強い猫用のフィーラインナチュラルの原材料は、肉類99%以上で総合栄養食の基準を満たしています。さらに猫用フードに必須のタウリンも人工のものではなく、肉類の内臓などに含まれる天然のタウリンがそのまま使われています。
猫は、好き嫌いが多いのですが Feline Naturalキャットフードだけで大丈夫ですか?
猫は、犬より頑固な肉食動物です。本来、野菜や果物は、犬と違って食べません。 Feline Naturalを最初にあげた時からすぐに気に入ってくれるコもいますが、警戒して食べないコもいます。すぐに食べない場合は、何日か続けて与えてみてください。 (一度、水かぬるま湯(37℃以下)で戻したフードは、容器にラップを貼るか、密閉容器に移して、冷蔵庫で保管してください。3日間保存できます。)一度、おいしいとわかってもらえると、次からは、催促してくるようになるでしょう。 ●今までの調査では、6~7割のコが最初から食べてくれて、他1~2割のコが後々、時間がかかりますが、 食べるようになったと報告されています。(※フリーズドライのままだと食べるコも含まれます。) ●猫は、内臓に負担をかけないためにも、食事から水分を補給するのが理想なので、水で戻したFeline Naturalは、理想的な食事だと言えます。
猫用のフィーラインナチュラル(Feline Natural)の特徴は何ですか?
肉食性の強い猫のために、原材料の99%以上に生の肉類を使用。非加熱なので、良質な動物性たんぱく質や脂質、天然のタウリンが豊富に含まれ、生きた酵素や乳酸菌により、良質な栄養を効率よく摂取できます。
水で生食に戻して与えることで食事から水分摂取ができますので、胃腸や腎臓のケアにも、とてもお勧めです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします