ご愛犬とご愛猫へ贈る
長生きのための「がん対策」
コルディM30g
株式会社モノリス動物医療事業部
無料相談:048-474-0813
HOME » 未分類 » 動物病院様からのご報告 <コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
服用の相談(TEL)048-474-0813
コルディのお求め
製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)

動物病院様からのご報告

Pocket

コルディをご使用いただいている動物病院様からいただいたご報告です。
動物病院様の承諾をいただいて掲載しています。(※獣医師の先生方のお言葉をそのまま掲載しております)

うさぎのびょういんjoyjoy様より

腫瘍が肺転移している状態から子宮卵巣摘出手術をしたうさぎに使用したところ、良好に維持出来ており、術前以上に元気になっているとのこと。
同様に腫瘍を患っており、血液検査やレントゲン検査等では大きな変化はあまり見られないが、元気や食欲が以前よりもあるという子が何匹もいらっしゃるとのことです。

【コルディMのみでの改善報告(うさぎ)】
2016年4月 呼吸困難で来院。レントゲン撮影不可。抗生剤6日分とホモトキシコロジーの注射で落ち着いたとのこと。

2016年5月 くしゃみ頻発(40~50回)、呼吸困難による眼瞼突出を主訴に来院。レントゲンで、心臓圧迫され転移するほどの大きな腫瘍を確認。コルディMとエンロフロキサシン、ラシックス、プレドニゾロンを4日間ほど併用したが、服用させるのが困難とのことで、以後コルディM 0.4g/㎏のみ服用。酸素ボックスもレンタル。

2016年7月現在、呼吸が穏やかな時間が多くなり、食欲は発症以前よりもあるとのこと。
30分程度であれば、酸素ボックスから出しても特に問題ないとのことで、もう少し長時間出ていられるようになった段階で再検査予定。
コルディも1本使いきれるか否かの状態だったが、現在2本目に入り、飼い主様も喜ばれているとのことです。

<追記>
コルディMと酸素室のみで闘病生活を送られていましたが、2017年2月28日に逝去されました。
末期の病気だということを忘れるくらい元気に過ごされていたそうで、亡くなる前日に急激な体調悪化が見られたものの、明け方にりんごを食べることも出来たとのご報告を頂いております。

【コルディM併用でQOL維持:子宮癌末期(うさぎ)】
腹腔の半分以上が腫瘍性病変だが、コルディM、イスクラ漢方、消化器系内服薬で元気に跳ね回っているとのこと。
通常であれば、このような状態での元気維持は難しいため、これらの相乗効果でQOLが維持できているとご報告を頂きました。

うさぎのびょういんjoyjoy 東京都国立市北1-4-1 国立北Kビル101

アイ動物病院様より

【メラノーマのリンパ節転移:コルディG、丸山ワクチンの併用】

犬種:ミニチュア・ダックスフンドimg_0379
性別:避妊雌
年齢:2006年12月10日生まれ

2015年10月末より左側耳下腺の腫脹がみられ、12月11日に他院にて摘出。病理検査でメラノーマのリンパ節転移病巣との診断。
12月30日より当院にてコルディGの内服と丸山ワクチンの皮下注射(週1回投与)を開始。
来院時には、右側耳下腺リンパ節と甲状腺近くのリンパ節の腫脹がみられた。

治療開始1ヶ月後、リンパ節の腫脹も改善。
体調により、下顎リンパ節の腫脹がみられることもあったが、治療継続により縮小していった。
2016年7月 元気食欲は良好、通常の生活を送っていたが、8月末より急激な体調悪化がみられ、9月に逝去。

飼い主様からは、「抗がん剤を一切使用せずに、ここまでQOLが維持できて良かった」とのお言葉を頂いております。

【腸間膜リンパ腫:コルディG、ホモトキシコロジーの併用】

犬種:ミニチュア・ダックスフンドimg_0384
性別:避妊雌
年齢:2003年11月7日生まれ

2015年7月より、慢性の咳(気管虚脱によるもの)と慢性血便がみられ、他院にて治療を受けていたが改善されなかった。
リンパ腫の影響だとのことで、自然療法を希望され、当院に転院。
2015年10月27日より、コルディGの内服とホモトキシコロジーの皮下注射(週1回)を開始。便が細いことと、排便時のいきみが強いことから、直腸付近のリンパ腫を疑った。
上記の治療で、11月下旬には咳の回数も減り、便もやや太くなり、血便の回数も減った。
〈治療内容〉
2015年12月下旬まで  コルディG内服、ホモトキシコロジー皮下注射(週1回)
2016年2月下旬まで  コルディG内服、ホモトキシコロジー皮下注射(2週間に1回)
2016年7月現在まで   コルディG内服、ホモトキシコロジー皮下注射(月1回)

現在は、血便も咳も殆どなく、元気食欲を維持しているとのことです。

アイ動物病院  埼玉県さいたま市大宮区三橋2-854-4

たかすの丘どうぶつ診療所様より

【悪性リンパ腫:コルディM、オゾン療法、抗がん剤の併用】

犬種:ヨークシャー・テリア (ハッピーくん)cimg0003
性別:雄
年齢:2005年7月10日生まれ

2016年5月2日に、体表リンパ節が腫大、腹部の内出血があるとのことで来院。5日後に左膝窩リンパ節を摘出、病理検査にて悪性リンパ腫との診断。
時々呼吸が荒くなることから、5月14日よりコルディMの服用とオゾン注腸法(週1回)と隔日のステロイド投与を開始。
7月に脾臓の腫大が確認され、上記治療に加え、抗がん剤も数回使用。

12月10日現在、元気食欲ともに問題なしとのことです。
飼い主様もQOLが維持できていることを喜んでいただいているようです。
病院様からは、コルディM、オゾン療法、西洋医学の夫々の良いとこ取りが出来た結果、元気に過ごせていると思うとのお言葉を頂いております。

たかすの丘どうぶつ診療所 北海道上川郡鷹栖町16線9号2番地

あさひかわのどうぶつ診療所(分院) 北海道旭川市末広2条13丁目1-4

 

 

塩田動物病院様より

【耳介の扁平上皮癌:コルディMの内服と外用、コルディGの外用】
動物種:猫
性別:雄
年齢:不詳
コルディ使用期間:2016年8月20日~2017年3月17日

2015年1月24日、耳介に怪我があるとのことで来院、元気消失、食欲減退。
2016年7月9日に細胞診をしたところ、扁平上皮癌との診断。
インターキャット、バイトリル(抗生剤)、Pd、ラクテック、ベターシャーク(ヨシキリザメ軟骨のサプリメント)を服用
8月20日よりコルディMの服用を開始。
9月29日に右耳介切除、病理検査で悪性扁平上皮癌と診断、同月29日には左耳介より出血が確認され、細胞診の結果、慢性可能性の炎症との診断。
11月22日より、コルディEXの塗布を開始。
12月17日より、コルディMをニベアクリームに混合した軟膏の塗布を開始。
2017年1月10日より、コルディGをニベアクリームに混合した軟膏の塗布を開始。
3月17日永眠。

【先生、飼い主様よりコメント】
定期的な補液とベターシャーク服用を併用し、削痩が見られていたものの、最期まで食欲があった。

 

 

【腹腔内高悪性度リンパ腫:コルディM、コルディEXの服用】
犬種:シーズー
性別:雄
年齢:12~13歳
コルディ使用期間:2016年9月24日~12月21日

2016年9月17日、皮膚病の初診で来院、腹部に腫瘤が見つかり、同月24日よりコルディMの服用を開始。
10月15日に排便困難で来院、腹腔穿刺したところ、細胞診で高悪性度のリンパ腫との診断。
12月11日にコルディEXの服用を開始したが、同月19日に大量の血尿、21日に呼吸不全で永眠。

【先生、飼い主様よりコメント】
食欲にムラがあったものの、院内でのトリーツは毎週食べていた。

 

 

【上皮性腫瘍:コルディMとステロイドの併用】
犬種:ボーダーコリー
性別:雌
年齢:14歳
コルディ使用期間:2016年8月20日~2017年1月13日

2016年8月8日、肛門脇に40×60mmのシコリを発見、抗生物質の服用を開始するも、シコリに変化なく、同月17日に細胞診で上皮性腫瘍(肛門嚢アポクリン腺癌の疑い)と診断。
同月20日より、コルディMとステロイドの服用を開始し、10月12日からはアンチノールも併用。
一時期腫瘍の縮小が見られたが、ステロイドを切ったところ、11月28日に再発が見られた。
その後、元気食欲問題なく、排便もスムーズに行えていたが、12月28日に呼吸喘鳴、痙攣の症状が見られる。
2017年1月4日、咳や鼻汁があるものの、元気食欲は問題なかったが、1月13日に午前中に食事を食べ、散歩にも行っていたが、午後に永眠。

 

 

【乳腺腫瘍:コルディEXのスプレー、ベターシャークの併用】
動物種:猫
性別:雌
年齢:7歳
コルディ使用期間:2016年9月2日~2016年11月2日

2016年6月13日、腹部にシコリが見つかり、デポメドロール及びプレドニンの注射を開始。以後、定期的に注射に来院。
8月2日に食欲が減退し削痩、腹部腫瘤に変化がないものの、頸部にも腫瘤ができたため、ベターシャークの服用を開始。
同月23日よりコルディMの服用を試みるが嫌がってしまうため、9月2日よりコルディEXを患部にスプレーしていただく治療法に変更。
11月2日永眠。

 

 

【乳腺腫瘍:コルディMと抗生剤の併用】
犬種:雑種
性別:雌
年齢:17歳
コルディ使用期間:2016年8月31日~2016年12月25日

2015年11月16日に下腹部のシコリを見つけ、12月12日に腫瘍摘出。
2016年5月2日に再発し、ラリキシンの服用を開始。
6月1日に腫瘍の縮小が見られたが硬結感が出てきたため、引き続きラリキシンを服用、8月31日よりコルディMの服用を開始した。
10月19日腫瘍の縮小が確認されるも、11月30日に自壊。
12月25日永眠。

【先生、飼い主様からのコメント】
食欲低下が見られていたものの、亡くなる3日前まで食事は取れていた。
以上の5件は逝去されてしまいましたが、どの症例も、最期まで食欲があったとのお声を頂いております。
苦しむこと無く、穏やかな最後を迎えさせてあげられるお手伝いができたのではないかと思います。

 

 

【肝腫瘍:コルディMとクレメジン、プラセンタの併用】
動物種:猫
性別:雌
年齢:14歳10ヶ月
コルディ使用期間:2016年8月23日~

2015年10月26日に血液検査で白血球の増加がみられ経過観察。
2016年5月21日にも白血球の増加がみられたため、6月11日に血液塗抹検査をしたところ、中程度の成熟好中球増多と中程度非再生性貧血が見られた。
8月23日よりコルディMの服用を開始、元気食欲が維持できている。
2017年3月27日に全身状態が悪化し、他院にて肝腫瘍との診断。引き続きコルディMを服用。
4月3日には元気食欲が戻り、クレメジンの服用も開始。
同月22日よりプラセンタ12000を併用。
現在食欲あり、QOLを維持している。
【乳腺腫瘍:コルディM使用】
犬種:マルチーズ
性別:雌
年齢:9歳3ヶ月
コルディ使用期間:2017年3月4日~

2017年1月28日、他院にて乳腺腫瘍の疑いとの診断のため来院、血液検査で腎機能低下が認められたため、クレメジン(活性炭)の服用開始。
3月4日よりコルディMの服用を開始、4月22日の再診時に腫瘍の縮小がみられている。
 

 

【肛門周囲腺腫:コルディフローラ低アレルギーとプロポリスの併用】
犬種:シーズー
性別:雄
年齢:7歳2ヶ月
コルディ使用期間:2016年11月24日~

2015年6月24日に肛門周囲の発赤、出血があり、鼻根部に腫瘤が確認されたため、抗生物質の服用を開始、同月30日の再診で発赤は落ち着いた。
鼻根部腫瘤は経過観察していたが、2016年11月15日に腫大がみられたため、細胞診を行ったところ、肛門周囲腺腫との診断。
11月24日からコルディフローラ低アレルギーとプロポリスの服用を開始。
2017年3月24日の再診時では、腫瘍の大きさも半分程度にまで縮小、4月12日に去勢手術を行っている。
 

 

【体表腫瘍:コルディGとステロイドの併用】
犬種:ラブラドール・レトリーバー
性別:雌
年齢:9歳5ヶ月
コルディ使用期間:2017年4月15日~

2017年4月4日、右腰部に42×42mの腫瘤を確認、細胞診で血管内皮細胞由来の腫瘍性病変との診断、ステロイドの注射処置を行う。
4月8日の再診で腫瘍の縮小がみられたが(30×35cm)、4月15日に腫大が見られたため、ステロイドとコルディGの服用を開始。
4月22日時点で腫瘍の縮小がみられている。
 

 

【肺腫瘍:コルディフローラ低アレルギーの使用】
犬種:パピヨン
性別:雌
年齢:15歳5ヶ月
コルディ使用期間:2017年4月17日~

2017年4月17日、他院にて左肺後葉に肺腫瘍の疑いと診断され、免疫を高める注射で経過観察していたが、セカンドオピニオンを希望して来院。
他院での治療と併用して、コルディフローラ低アレルギーの処方を開始。
同月24日の再診時、食欲が出てきている。

塩田動物病院  東京都杉並区荻窪1-19-14

Pocket