年末年始営業時間のお知らせ

12/29,30 :9:00-14:00

12/31-1/4:休業

1/5より通常営業

年末年始は宅配業者の繁忙期のためご希望日時にお届けできない可能性があります余裕をもってご注文ください。

プラセンタの肝臓に対する作用

Part1でお話したように、プラセンタは肝細胞を活性化し、活性酸素を予防・除去し、さらには活性酸素による炎症を抑える抗炎症作用も期待できるもので、肝機能の機能低下や肝炎・肝硬変といった肝障害に効果が期待できると言えます。

肝臓の機能や肝臓の数値についての説明はこちらを参照ください。

下記に、肝機能の改善に役立つ作用をまとめてみました。

強肝作用

強肝作用に役立つものとして、①肝細胞増殖因子(HGF)②活性酸素除去 ③抗炎症作用 の3つが挙げられます。
①HGFの働きにより、肝細胞の分裂増殖が促進され、肝臓の線維化の分解・除去を促します。
肝炎を引き起こしている場合には、TGB-βの働きによってHGFの分泌が抑えられることで肝細胞の再生が抑制され、肝臓の線維化を促進してしまいます。
しかし、プラセンタによってHGFが補われることで、肝細胞の分裂増殖が促進されると同時、TGF-βの出現が抑制され、線維化された肝臓の分解・除去作用を示します。
プラセンタにもTGF-βは含まれますし、この物質も細胞の増殖や分化を調節したり、線維芽細胞を形成したりと、体の再生には必要不可欠な成分ですので、TGF-βとHGFがバランスよく存在することが重要だと考えられます。

②肝臓は主に代謝・解毒・胆汁生成を担っていますが、これらが行われる際に大量の酸素を消費します。つまり活性酸素が発生しやすくなるため、肝細胞は酸化ダメージを受けやすく、肝機能が低下してしまいます。この発生した大量の活性酸素をプラセンタが除去することにより、肝細胞を保護、肝機能低下を防ぐことが期待出来ます。

活性酸素による炎症の影響により、肝機能の低下が起こります。炎症が続くと肝硬変などの更なる病気に発展する恐れがあるため、早い段階で炎症を止めなくてはなりません。
プラセンタの抗炎症作用により、肝障害の悪化を防ぐことが期待できます。

解毒作用

肝臓は、体内に入ってきた有害物質を酸化・還元・加水分解・抱合などの作用で解毒を行い、体外に排出します。
また、食事で取り込んだタンパク質から作られるアンモニアの解毒も担っていますので、肝障害を起こすことでアンモニアが体内に蓄積し、脳障害・肝性脳症を引き起こしてしまいます。
プラセンタによる肝臓機能のサポートにより解毒の働きを強化することが出来るため、体内のアンチエイジングにも役立ちます。
肝機能の悪化が見られている場合には、体内に毒素が蓄積しやすくなるだけでなく、薬剤の解毒がうまくいかなくなることから、使用できる薬剤が限られてしまったり、副作用の増大が懸念されます。
現在肝臓の数値に悪化が見られる子や、長期の薬剤投与をしている子、これから積極的治療を行う子で、プラセンタがお役に立てる可能性があります。

 

 

 

弊社お勧めのプラセンタ プラセンタ12000については、こちらをご参照ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コルディ使用例
犬の甲状腺癌の肺転移使用例 甲状腺がんとは 甲状腺の腫瘍の発生は、犬の腫瘍全体の2%未満とまれです。しかし、多くが悪性の甲状腺がんでリンパ節...
コルディ使用例
情報提供:塩田動物病院様 【乳腺腫瘍:コルディEXのスプレー、ベターシャークの併用】 動物種:猫 性別:雌 年齢:7歳 コルディ使用期間:2...
ニュース・コラム
病院でいただいてきたお薬や、コルディを飲ませる際に、そのままでは飲んでくれず、苦労されている飼い主様が多い印象です。 口先もそうですが、手先...
ニュース・コラム
あなたの愛犬の体調が悪いとき、または重い病気の治療中、狂犬病予防注射を受けて大丈夫だろうかと心配になったことはないでしょうか。 例えばがん治...
取扱い動物病院の一覧
心のこもった動物病院 めぐむ動物病院は埼玉県ふじみ野市にある温かみのある動物病院です。 東武東上線 ふじみ野駅から徒歩10分ほどの場所に有り...