うさぎ専門の動物病院

うさぎのびょういんjoyjoyは東京都国立市にあるほのぼのとした雰囲気のウサギ専門の動物病院です。
JR国立駅北口から徒歩2、3分の場所に有ります。

予約優先なので診察を希望される場合はあらかじめ電話連絡をしてから受診されることをお勧めします。(受診時はバスタオルをご持参ください)

提携駐車場がありますのでお車での来院も可能です。

うさぎのびょういんjoyjoyHPはこちら

院長の伊東久美子先生はウサギが大好きな優しい雰囲気の先生です。

繊細なウサギのために、いつでも飼い主様とコミュニケーションが取れるよう電話やメールで頻繁にやり取りをしているそうです。

多くの動物病院は犬・猫の診察が中心なのでウサギのことを詳しく研究し最適な治療をほどこしているところはまだ多くないかもしれません。

日本ではステロイドや抗生剤などウサギの身体に負担となる薬を使う治療が多く、決まりきった治療になりがちです。

実際、ウサギの治療では抗生剤等が限られているため、数種類の薬を使って改善しなければ、それ以上の治療はできませんと断られてしまうことも多いと思います。

うさぎのびょういんjoyjoyでもステロイドや抗生剤を使う事はありますが、使用はできるだけ短期にとどめ体調を維持していくためにハーブやホモトキシコロジーなどを使っていきます。その際コルディをご使用いただく事も少なくありません。

「うさぎさんは草食動物なので、犬猫とは大きく異なる部分があります。犬猫には使える抗生剤でも、うさぎさんの腸内細菌はとてもデリケートな為に抗生剤に負けてしまい、使えないものがたくさんあります。 使える薬が限られてしまう分、マッサージ、鍼、灸、レーザー照射治療、ホモトキシコロジー等といった自然治癒力を引き出す治療法を取り入れています」

とは伊東院長のお言葉です。

多くの動物病院でウサギの治療に行き詰ってしまった方は一度うさぎのびょういんjoyjoyの診察を受けてみてはいかがでしょうか。

牧草等の試食ができます(要予約・有料)

うさぎさんに牧草はとても大切な食べ物です。牧草を食べることで、歯の伸び過ぎや、消化器のうっ滞を防ぐことができます。 ところが、牧草が苦手なうさぎさんはたくさんいます。いつもとは違った種類の牧草、おすすめフードの試食や、飼育相談の時間も設けています。うさぎさんのお気に入りを見つけるためにお手伝いができれば・・・と思っていらっしゃるそうです。

お泊りもできます

予約制でウサギのお泊りもできるそうです。お泊り、お預かりの場合はいつも食べているペレットをご持参ください。

コルディを扱っています

コルディM/コルディG/コルディEXを来院された方に紹介して頂いています。
ウサギはとても神経質なのでショックで死んでしまう可能性もあるとか・・

身体に負担がかからないコルディを治療の一環として積極的にご活用いただいています。
胸部に大きな腫瘍がある子にコルディをお使いいただき、数ヶ月以上元気食欲を維持できてる症例をいくつかご紹介いただきました。

大切なウサギさんの体調に異変を感じたら(本当は異変を感じる前から)うさぎのびょういんjoyjoyの受診をお勧めいたします。


リンパ腫または胸腺腫の症例

みみちゃん 2010年生まれ 雄

<初診> 2016年4月21日
2か月前にくしゃみが出て、3~4日で治ったとのこと。
ところが、今回は3~4日前から出始めたが悪化しているとのこと。

呼吸が荒く、眼球突出気味(うさぎは肺に腫瘍ができると静脈圧が高くなり、眼球が突出します)

ホモトキシコロジーの注射と抗生剤の飲み薬で回復しました。

5月19日
一昨日からくしゃみ40~50回?連発とのこと。眼球突出。
オーナーさんの希望でレントゲン撮影。

注射をすると興奮して呼吸がさらに悪くなりそうだったので、抗生剤、利尿剤、ステロイドの飲み薬とコルディMのサンプルを出しました。

5月23日
酸素ボックスをレンタル。
中の方が楽そうだとのこと。夜中に発作的にくしゃみは出る。
薬を飲ませるのは大変そうで、コルディMのみにする。
以後、ずっとコルディだけです。

1日に何回か苦しそうな時があってもすぐに治まる。食欲あり。

ゆりちゃん 2010年生まれ 雌

<初診> 2016年1月15日
子うさぎのころからくしゃみはたまに出ていたが最近増加。
抗生剤の飲み薬で回復。

4月13日
食欲不振。
1週間前に瞬膜、眼球突出とのこと。一旦治まり、また瞬膜は出ている。

4月14日
食欲など、ほぼ元通り。

8月19日
7月くらいから眼球突出が増えてきた。
レントゲン撮影。
コルディM開始。
10月20日
ずっと元気で、2本目を購入しようとしていた矢先に、朝は変わりなかったが、夕方体調が急変し死亡。


 

うさぎのびょういんjoyjoy
〒186-0001
東京都国立市北1-4-1  国立北Kビル101
042-505-5107
うさぎのびょういんjoyjoyHPはこちら

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディMについて
    コルディ®(犬・猫・ペット用の冬虫夏草サプリ)の安全性への取り組み
    2018年05月12日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
おすすめの記事
犬のコアワクチンについて
ニュース・コラム
犬のコアワクチンについて 致死率の高いウイルスの予防となるコアワクチン。 このページでは、犬のコアワクチンが予防するウイルス病がどのような病...
癌が怖い3つの理由・予防方法
ニュース・コラム
癌はいまだに不治の病です。そして致死率がとても高い病気です。有効な対策は予防です。 癌(がん)は犬の死因の第一位です。怖い病気であると同時に...
犬猫のがん食事療法
ニュース・コラム
食事とがんの関係 がんの発生率と食事の内容には、深い関わりがあります。ヒトでは明らかなデータがあり、そのデータに基づいた世界的な勧告も行われ...