minase01京都府乙訓群大山崎町のみなせ動物病院をご紹介いたします。

西洋的な獣医学だけでなくホリスティックな考えを併せ持ち、各種代替療法、自然療法を実践する動物病院です。

院長の鈴木つぼ美先生は、優しくて話をしっかり聞いてくれるタイプの先生です。

栄養療法を重視

犬や猫の健康維持に日頃の食事が重要な事は言うまでもありませんが、それを治療レベルまで突き詰めて考えられたのが栄養療法です。分子整合栄養医学です。

鈴木先生は日常の診療とJAHVSという団体を通じて、動物たちの新しい栄養療法の普及に努めています。

この栄養療法は理論的で科学的な根拠に基づいた医療であると同時に、飼い主様が自宅で実践することができる敷居の低い療法です。

西洋医学に偏った治療では、どうしても症状や病変に注目した治療(対症療法)に注力しがちですが、鈴木先生の栄養療法はより根底にある問題点を同時に解消していこうとするものです。問題点は食事内容のヒアリングや血液検査値から見当がつきます。

根本にある問題が解決されれば再発率は低下するでしょう。総合的な健康状態が向上するため、元気で長生きというすべての飼い主様の願いが叶いやすくなると言えます。

お近くでしたら一度食事のアドバイスを聞きに行ってみてください。きっと参考になる話が聞けるでしょう。

代替療法(ホリスティック治療)の紹介

みなせ動物病院では複数の代替療法が受けられます。訪問時に改めて教えてもらってきましたのでご紹介します。

※代替療法というのは一般的な動物病院が施す治療以外の治療です。

  • 高濃度ビタミンC点滴療法(がん)
  • オゾン療法(アレルギー、椎間板ヘルニア、がん)
  • 栄養療法(すべての疾患)
  • ホモトキシコロジー(主に猫の腎不全)
  • 漢方薬(さまざま)
  • 鍼治療(犬の椎間板ヘルニア、後脚麻痺、腰痛)
  • リハビリ(椎間板ヘルニアの治療後、足腰の弱った高齢動物)
  • レーザー温熱(がん、腫瘍)

これらの治療は単独でもOKですが、副作用が少ないという特性から他治療との併用も可能です。通常治療で満足する結果が得られていないときご一考ください。

アクセス

みなせ動物病院 院長:鈴木つぼ美先生

618-0071京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田2-47

電話:075-952-7772

阪急京都線の大山崎駅が最寄りです。東海道本線の山崎駅からも歩いて行けます。

車なら大山崎インターチェンジから1kmくらいです。駐車場完備ですのでご安心ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします