• コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫

動物専用の抗がん剤は発売されていません。そのため人間用の抗癌剤が動物の治療に用いられます。

抗がん剤を使うとき、その副作用を切り離して考えることはできません。リスクが伴うことを納得のうえで使用を検討してください。 抗がん剤のリスクを知らないまま使ってしまったり、抗がん剤で治癒できると過大に期待してしまうと、きっと後悔してしまうでしょう。

抗がん剤の特性を図解。なぜ副作用が多いのかがわかります。

 

抗がん剤の特徴(一般的なもの)

抗がん剤は非常に特殊な薬剤です。抗がん剤以外の医薬品とはあきらかに特徴が異なります。

抗がん剤の特徴

  • がんが確定してから使う。がんの疑いでは使わない。
  • けして予防で使わない。
  • 健康な動物が使えば、発癌する危険がある。
  • がん細胞を攻撃するように設計されているが、正常細胞も巻き添いを食らってしまう。
  • がんを叩くメカニズムは、がん細胞の増殖を抑制したり、細胞分裂を失敗させることによる。
  • 副作用は高頻度で起こり、軽度のものから命に関わるものまである。
  • 骨髄抑制の副作用が起こりやすく、白血球や血小板が低下しやすい。
  • 免疫力が低下するため、感染症にかかりやすい。
  • 吐気、下痢などの胃腸障害が起こりやすい。
  • 肝機能が低下しやすい。
  • 一部のがんを除き、抗がん剤だけで完治することはない。
  • 使い始めは効果が出やすいが、連用により耐性が発現し効果が出にくくなる。
  • 即時に起こる副作用と、連用により現れてくる副作用がある。
  • 投与量はがんを消し去る量ではなく、体が耐えられる量を基準に設定される。
  • 効果を高めるためにメカニズムの違う抗がん剤を組み合わせて使われることが多い。

代表的な抗がん剤一覧表

動物の化学療法で使われることのある代表的な抗がん剤をまとめてみました。これらはすべて人間用です。動物用の抗がん剤は発売されていないため、人間用を利用します。

代表的な抗がん剤
薬剤名 特徴など
ブリプラチン/ランダ
(シスプラチン)
白金原子を含みプラチナ系と呼ばれる抗がん剤です。細胞のDNAに結合して架橋を作ります。細胞の増殖が強力に抑制されます。非常にコンパクトな分子サイズなので、がん組織に到達しやすいと考えられています。強力な抗がん作用を持つ反面、厳しい副作用が発現します。吐気、腎臓障害の副作用はしっかり管理する必要があります。
パラプラチン
(カルボプラチン)
プラチナ系。シスプラチンの改良版です。腎臓毒性がかなり軽減しましたが、それと引き換えに抗癌作用は低下しています。
タキソール
(パクリタキセル)
細胞内の微小管とよばれる構造物に結合します。微小管は細胞分裂に関わっており、そこにタキソールが結合すると細胞は分裂・増殖することができなくなります。投与時に危険な過敏反応が出ることがあるので、ステロイドや抗ヒスタミン剤を先に投与します。人間の場合ではほぼ100%脱毛してしまいます。
エンドキサン
(シクロフォスファミド)
歴史のある古い薬ですが、悪性リンパ腫では現在も使われています。DNAに結合して、細胞の分裂・増殖を抑制します。骨髄抑制による感染症に気をつけます。出血性膀胱炎が起こる音があります。
アドリアシン
(ドキソルビシン)
強い抗癌作用を持っています。悪性リンパ腫に使われます。DNAの複製に必要な酵素の働きを阻害します。副作用で心臓が障害されることがあります。
オンコビン
(ビンクリスチン)
微小管と呼ばれる細胞内の器官の働きを阻害します。その作用により細胞の分裂・増殖を抑えます。悪性リンパ腫、白血病に使われます。神経障害が出やすく、指がしびれたり、うまく歩行できなくなったり
プレドニン
(プレドニゾロン)
※抗がん剤ではありません
ステロイド剤。本来はアレルギーや炎症を抑える薬として使われます。抗がん剤ではありませんが、悪性リンパ腫の治療に用いられます。免疫抑制作用があるので、感染症にかかりやすくなります。

シクロスポリン、アドリアシン、オンコピン、プレドニンを組み合わせて使う療法はCHOP療法と呼ばれ、悪性リンパ腫の代表的なレジメン(抗がん剤の組み合わせ)です。悪性リンパ腫は抗がん剤が比較的反応するがん種です。

  • コルディの安全性への取り組み
  • 競走馬理化学研究所のドーピング検査
  • 免疫(免疫力)は癌や病気を抑える切り札
  • 手作りレシピ集~食材編~
  • 手作りレシピ集~作り方~【改定】
  • 手作り食のサポート~ビール酵母~
  • 犬・猫のワクチンについて
  • ワン・ニャンも歯が命!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
メール相談への回答集
消化器型リンパ腫での使用について Q:15歳の猫を飼っています。数ヶ月前より下痢が続いており、抗生剤を使用しても改善しなかったため検査をした...
犬猫の病気
猫伝染性腹膜炎(FIP、エフアイピー)とは、コロナウイルス科コロナウイルス属猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。 猫コロナウ...
犬猫の病気
猫のコアワクチンについて 致死率の高いウイルスの予防となるコアワクチン。 このページでは、猫のコアワクチンが予防するウイルス病がどのような病...
ニュース・コラム
手作りレシピ集~お食事編~はこちら 手作り食で使える食材を紹介します。 一度にいろいろな食材を入れるもの良いですが、あまり沢山の食材を混ぜて...
ニュース・コラム
癌はいまだに不治の病です。そして致死率がとても高い病気です。有効な対策は予防です。 癌(がん)は犬の死因の第一位です。怖い病気であると同時に...