かもがわ動物クリニックのご紹介

kamogawa01

京都市のかもがわ動物クリニックをご紹介いたします。

診察の合間に診察室や治療設備、免疫培養設備などを見せてもらいました。

京都市内でがん代替療法を探している方にご案内することもしばしばです。

スタッフさんたちの対応も素晴らしく、院内も清潔。とても気持ちの良い動物病院です。

駐車場も4台分あり、京都府はもちろんの事、近隣の滋賀県や大阪府、奈良県、兵庫県などからいらっしゃる方も少なくないとのことでした。

犬・猫の病状回復のため癌の3大治療(手術・放射線・抗癌剤)と代替療法とを組み合わせて治療にあたり、癌難民となっていたオーナー様から信頼を得ています。

かもがわ動物クリニックのホームページ

がんの先端治療-免疫細胞療法

kamogawa06かもがわ動物クリニックでは、がんの免疫細胞療法を受けることができます。院内に培養設備を持つため、治療開始までにあまり時間がかかりません。

また費用面でもリーズナブルな設定となっておりますので免疫療法を希望されている方は一度お問い合わせされることをお勧めします。

免疫細胞療法では、血液中の免疫細胞を取り出して体外で培養増殖。その後再び体内に戻します。樹状細胞とリンパ球を増やす方法なので、がん細胞を見つけ出す能力と攻撃する能力の両方を高めると考えられます。

免疫細胞療法は第四のがん治療法とされ、手術・放射線・抗がん剤の三大療法を補強したり、ときには代替します。

動物自身の免疫力を増強してがん細胞と戦わせるので、安全性が高く抗がん剤のような重篤な副作用はまず考えられません。犬や猫の体力が低下していても受けることができます。

全身のがんに対して効果があると考えられており、すでに転移していたり、転移の可能性が高いケースにも試す価値があります。

ただしがんが消失するといった劇的な効果を期待する治療ではありません。QOLの改善や延命を目的に実施されています。すでに免疫が低下している場合は良い培養ができなこともあります。

がんの温熱療法

kamogawa05がんの弱点のひとつは熱です。がん組織は正常な組織よりも血流が貧弱であり、そのために放熱が苦手です。

体の表面に出ているケースでは比較的簡単に加温できます。しかし体内のがんを温めるためには特殊な機器が必要になります。

かもがわ動物クリニックにあるレーザーは、体内の臓器に発生した腫瘍を温めることが可能です。これはレーザー温熱療法、レーザーサーミア療法などと呼ばれる治療法で、動物に負担をかけない安全ながん治療法のひとつです。通常は麻酔の必要もありません。

※レーザーによる体表や体内の火傷が起こることがあります。使い慣れた獣医師に治療してもらうことをお奨めいたします。

完全にがんを叩けなくても、とりあえず大人しくさせたい場合に適しています。もちろん他の治療と併用ができますから、組み合わせがマッチすれば強力な治療法となりえます。

メラノーマの温熱療法

ダックスフンドの口腔内にできたメラノーマ。下顎の舌の付け根に付近に大きな腫瘍があります。

一般的には顎ごと切除になる症例ですが飼い主様の希望で顎を温存することになり、温熱療法が実施されました。

AMTC200という温熱治療器で腫瘍を加熱。治療後数日すると腫瘍が脱落して綺麗になりました。

メラノーマの温熱療法後治療後の画像。腫瘍は消失しています。

口腔メラノーマは非常に再発しやすいがんです。目に見える腫瘍が無くなっても安心できません。治療後も動物病院で定期的にチェックしてもらいましょう。

 

高濃度ビタミンC点滴療法

kamogawa04がんの代替療法のひとつ、高濃度ビタミンC点滴療法を実施しています。

大量のビタミンCを動物の体内に入れ、発生する過酸化水素によってがん細胞を叩きます。安全性の高い治療法なので、人のがん治療でも実施されています。(保険適用外)

腫瘍の縮小例は少ないものの、体調改善が得られることは少なくありません。相性のよい他の治療法やサプリメントを組み合わせ、治療効果を高めます。

参考記事

高濃度ビタミンC点滴療法が犬猫のがん治療を変える。

 

その他の代替療法

その他にも腫瘍を退縮させるための軟膏や、治療効果を高めるために弊社のコルディM、コルディGなど、状況によっていくつかを組み合わせて提案していただけると思います。

治療にお悩みの方は一度相談してみることをお奨めいたします。

アクセス

かもがわ動物クリニック
〒603-8148京都府京都市北区小山西花池町30-1シルクシティ花・紫明1F号館
電話:075-468-1428

駐車場がありますので車が便利です。

電車でしたら地下鉄烏丸線の鞍馬口と北大路駅から歩けます。

  • ホリスティック治療も代替療法もOKです。みなせ動物病院(京都府)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)が消えた使用例
    2018年01月15日
  • コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用し縮小した例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用し腫瘍が縮小した使用例
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2017年12月20日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2017年12月21日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用し腫瘍が縮小した例(エコー画像)
    2017年12月07日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年01月15日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例
    2017年12月30日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
おすすめの記事
犬猫の病気
甲状腺とは 甲状腺は、気管の横にくっついている小さな内分泌器官で、食べ物に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌すると...
ニュース・コラム
病院でいただいてきたお薬や、コルディを飲ませる際に、そのままでは飲んでくれず、苦労されている飼い主様がいらっしゃいます。 口先もそうですが、...
取扱い動物病院の一覧
口コミで来院される飼い主様がほとんどです 高倉動物病院は埼玉県入間市の国道16号から少し入った住宅街にある動物病院です。 車4台分の駐車場が...