• コルディMについて
    コルディの安全性への取り組み
  • コルディ使用例
    脾臓腫瘍での使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の乳腺腫瘍の使用例
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんの使用例(エコー画像)
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマ(ビーグル)
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマにおける使用例
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)における使用例

投与回数

コルディは1日2回以上、できればより小分けにして与えていただけるとより良いです。

(常に体の中にコルディがある状態にしていただくのがベストです)

1日1回で与える場合は夕食後や寝る前の服用をお奨めしています。
(就寝中の免疫が大切だと考えています。)

投与量

1日の目安量は、体重1kgあたり0.1g~0.4gです。

健康維持や病気の予防には0.1g/kgを、体調不良時や治療時には0.4g/kgを目安として下さい。
なお獣医師の指示がある場合は、そちらを優先して下さい。

※コルディGの場合、体温上昇に伴い呼吸が早くなってしまうことがあります。短頭種の子や呼吸器疾患がある子の場合はグッタリとしてしまう可能性もありますので、少量から始めて頂き、徐々に推奨投与量に近づけるようにしてください。

 

多く与えていいの?

多く与えても構いません。

コルディMは安全な食品(サプリメント)ですから、数倍量を飲んだとしても問題が起こることは考えられません。

基本的には0.4g/kgを1日目安量にしてもらいますが、例えばがんの進行が速い時には増量しても構いません。

量を増やす場合は、体に負担をかけないよう、徐々に増やしてください。

 

減らしてもいいの?

構いません。

病状・体調が改善してきましたら、量を徐々に減らして様子をみてください。

量を減らしても調子が良いのであれば、さらに減らしていただいて結構です。もちろん慎重に減量していきましょう。

体調が優れない時は、一度また元の量に戻して様子をみてください。

コルディによる反応は比較的早く見られることが多いです。結果的にコストパフォーマンスにも優れたサプリメントだと思います。

 

患部に塗ってもいいの?

塗って構いません。皮膚表面に腫瘍があるのでしたら、内服に併せて塗布を行なってみてください。

コルディ0.1g程度を10ml程度の水で溶いてみてください。完全には溶けきりませんがよく懸濁します。それを指先、脱脂綿、綿棒、ガーゼなどを使って患部に塗ります。

 

  • コルディの安全性への取り組み
  • 飼い主様からの質問と回答
  • 投与量・投与回数
  • コルディのテレビCM
  • コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
  • 競走馬理化学研究所のドーピング検査
  • サイトマップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
犬や猫のがん
悪性乳腺腫瘍の概要 犬の悪性乳腺腫瘍(以下、乳腺腫瘍)、乳癌は発生率の高いがんです。   乳腺腫瘍は犬の寿命が伸びたことにより増加している癌...
コルディ使用例
猫伝染性腹膜炎(FIP、エフアイピー)とは、コロナウイルス科コロナウイルス属猫コロナウイルス(FCoV)が原因で起こる病気です。 猫コロナウ...
ニュース・コラム
私たちの体の6~7割が水分で構成されているように、ワンちゃん・ネコちゃんも体の殆どが水分で構成されています。 ただ、私たちと違い、ワンちゃん...