私が幼い頃のペットフードはほんの数種類程度だった用に思いますが、近年は様々なペットフードがホームセンターなどに陳列されています。
幼い頃から知っているものもあれば、パッケージがオシャレで如何にも女性が好みそうなもの、高級志向のものetc…
何を基準に選んだら良いのかわからない。というご相談も頂きます。

食事は毎日のことです。この食事で体は作られていきます。
ご愛犬・ご愛猫にとって、より良い日常生活を送ってもらうためにも、ペットフードの選ぶ基準を覚えていただけたら幸いです。

こちらの記事も合わせてご一読ください。

犬猫の食事の大切さ~ペットフードの選び方~

安全なペットフード

原材料や成分表示(保証成分値)など、細かいところまで見たことはありますか?
あの小さな文字の中には、フードに関しての情報が沢山詰まっています。
しっかりとパッケージを見ることが、良いフードを選ぶ第1歩となります。

 

有害な添加物・毒性物質・重金属は入っていませんか?

ペットフードの添加物の基準は、人間の食品と比較した場合、とても低い基準に設定されています。

例えば、『BHA』。
この成分、元々はガソリンの酸化防止剤です。
過去は、食用油脂、バター、マーガリンなど、多くの食材に使用されていましたが、発がん性が確認されてからは、一般食品に使用することは禁止されています。
しかし、ペットフードでは『酸化防止剤』として多くのフードで使用されています。

 

同じく酸化防止剤でよく使われている『エトキシキン』。
これは、ベトナム戦争で使われていた化学兵器の枯葉剤の成分で、殺虫剤・農薬・除草剤などに使われています。
日本では、人間用の食品添加物としての使用は不可ですし、農薬としての使用も禁止されています。

 

環境省のペットフード安全法には、食品添加物の使用量規制が記載されています。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html

 

聞きなれない成分が沢山羅列されていますが、一つ一つ検索してみてください。

人間には使われていないような添加物も沢山あります。

人間の食べ物に添加することは禁止されているのに、私たちよりも体の小さいペットの食品への使用は許可されているというのは、おかしいと思いませんか?
しかも、この成分が入ったフードを毎日食べていると考えたら…恐ろしいですよね。

 

良質な原材料を使っていますか?

原材料は、使用された食材の重量の重い材料から順番に記載されています。
(この順番も、実はトリックが隠されています。)

 

ご愛犬・ご愛猫が食べているペットフードが何から作られているか、原材料をしっかり見たことはありますか?

犬は肉食動物寄りの雑食動物、猫は真性肉食動物です。

体と腸の長さを比較した場合、犬も猫も穀類の消化はあまり得意ではない消化器の作りとなっています。
にも関わらず、一部の粗悪なペットフードでは、『小麦粉』や『とうもろこし』などが一番初めに記載されています。

 

 

先日訪れたフード売り場で、原材料のトップ3が

 

穀類(トウモロコシ・小麦粉等)・糖類(ぶどう糖果糖液糖、ショ糖)・肉類(チキンミール・ビーフミール・ササミパウダー等)

 

と記載されたフードを見ました。

 

不要な穀類、添加された糖類(特にぶどう糖果糖液糖は遺伝子組み換えをした大豆などを使用している場合が多いです)、肉の名前ではなくミールやパウダー。

個々の体質がありますから、このようなフードを毎日食べていてもなんてことないと言う子もいるかもしれません。

でも、通常であれば、このフードを毎日食べていて健康が保てる方が不思議です。

ご自宅のパッケージを、今一度ご確認してみてください。

 

 

※4Dミートとレンダリング※
原材料の欄で時々記載されている、○○ミール。
ミールとは、加工された肉で、加工段階で使用する防腐剤なども含まれているため、良質なタンパク源とは言い難い材料です。

そして、この『ミール』に使用されていることが多いものが『4Dミート』。

4Dミートとは、
「Dead(死んだ)」
「Dying(死にかけている)」
「Diseased(病気の)」
「Disabled(けがをした)」

これらの英単語の頭文字である4つのDをあわせて『4D』といい、食品として不適格な肉類のことを指します。
人が食べられない部分や病死した動物、殺処分された動物などがこれらに含まれます。

 

そして、この4Dミートや、飲食店などの廃棄用食材を加工して再利用することを『レンダリング』と言います。
このレンダリングされたものから、油脂や肉粉(ミール、パウダーなど)が作られます。

栄養バランスは保たれていますか?

ワンちゃん・ネコちゃんにとって必要な栄養素は、

 

1.タンパク質(アミノ酸)
2.脂質
3.炭水化物(糖質+食物繊維)
4.ビタミン
5.ミネラル

 

です。

前述した通り、ワンちゃん・ネコちゃんは肉食動物ですので、タンパク質をしっかり摂取しなければなりません。
また、腫瘍を患っている子の場合には、炭水化物に含まれる糖質が腫瘍の栄養となることから、炭水化物をできるだけ排除したものを与えていただくことで、腫瘍の増大を抑えていくことが期待できます。

 

 

前述の通り、原材料は重量の重い材料から明記されていきます。
しかし、この明記にはトリックがあります。

 

例えばトウモロコシ。
トウモロコシは、成分を分けることでコーングルテン・とうもろこし粉となります。
これらは別々の重量として記載することができますので、実際の原材料表記では後ろの方に記載がされていたとしても、元の素材は同じです。

つまり、コーングルテンととうもろこし粉の重量を合算すると、一番重量が重たくなるということもあります。

 

 

したがって、原材料をチェックするのはもちろん大事ですが、原材料表示だけで栄養素のバランスをみるのは危険。
合わせて成分表示(保証成分値)もチェックすることが重要です。

 

 

成分表示(保証成分値)の計算の仕方

では、成分表示の数字をそのままみれば、栄養素がどの程度含まれているかわかるのか?

答えはNoです。
ドライフードと缶詰などのウェットフードでは、水分の含有量が違うため、成分表示の数値では判断が出来ません。
成分値の計算の仕方は以下になります。

 

(調べたい成分の成分値)÷(100-水分の成分値)×100

 

 

<例>
ドライフード:タンパク質32% 脂質12% 水分10%の正規タンパク質の成分値
32÷(100-10)×100=約35.6%

 

ウェットフード:タンパク質8% 脂質4% 水分80%の、正規タンパク質の成分値
8÷(100-80)×100=40%

 

 

成分表示の数値だけですと、ドライフードのほうがタンパク質が多いように見えますが、水分含有量を加味すると、ウェットフードのほうがタンパク質の割合が多いことが分かります。

 

また、ドライフードは固形にするために炭水化物を使用しなければならないため、フードに含有される炭水化物量はウェットよりも多くなってしまいます

 

歯石付着の問題などでドライフードが良いとされがちですが、個人的見解から言えば、ウェットフードのほうが水分摂取量を増やすことも出来ますし、炭水化物量を減らすことも出来ます。
(ただし、ウェットフードも添加物が豊富に含まれている場合がありますので、原材料をしっかりとチェックしてください)

特に、ネコちゃんの場合には積極的に水分を摂るということが難しく、水分摂取不足による下部尿路疾患(膀胱炎や結石など)、腎不全などが起こりやすい傾向にあるため、これらを改善するといった点でも、ウェットフードは有効かと思います。

 

ただし、前述した通り、ウェットフードはドライフードと比較した場合、歯石が付着しやすくなりますので、お食事後はスポイトなどでお口にお水を入れていただくか、濡れたガーゼなどを指に巻きつけてお口の中を拭き取るなどをして、残ったフードを取り除いてあげてください。

 

 

 

 

様々な種類のフードがありますが、選ぶポイントをしっかり抑えることで、大切なご愛犬・ご愛猫のお身体への負担が軽いお食事を与えることが出来ます。
今後のフードを選ぶポイントの一つとして覚えていただけたら幸いです。

弊社オススメのフードメーカー様のご紹介はこちらをご覧ください。

モノリスお勧めのフード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします