脂肪酸の記事でもお話させていただいた、オメガ3(n-3)系飽和脂肪酸であるEPA・DHA。
EPAとDHAは一緒くたにしてお話されることが多いのですが、実はEPA・DHAは夫々作用が違うんです。

EPAとは

EPAは、正式名称を『エイコサペンタエン酸』と言います。
1960年代に存在が確認され、研究が開始しています。
全身の細胞に取り入れられ、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があり、血液性状の改善に役に立つことから、動脈硬化や高血圧症などの予防・改善に働きます。

DHAとは

DHAは、正式名称を『ドコサヘキサエン酸』と言います。
EPAに遅れることおおよそ10年、研究が開始されています。
EPA同様、全身の細胞に取り入れられ、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があり、血液性状の改善に役に立つことから、動脈硬化や高血圧症などの予防・改善に働きますが、その作用はEPAより劣ります。
研究では、純度100%のDHAを使用しているものはなく、EPAを含んだデータで発表されているものもあるため、上記の効能はDHA単独での効果の程は不明です

 

EPAとDHAの違い

EPAとDHAには大きく違う点があります。
それは、脳血液関門を通れるか通れないか ということです。

脳はとてもデリケートな部分のため、あらゆる薬剤や成分などが簡単に入っていかないように、血液脳関門というバリケードが張られています。
DHAは、この血液脳関門を突破できることが出来る、数少ない成分の一つです。
血液脳関門を突破できる=脳神経系に働きかける』ことが出来るため、脳細胞の活性化作用から認知症予防に用いられたり、脳が作られる乳幼児(成長期)で積極的に摂ると良いとされています。

更に、DHAは血液網膜関門というバリケードも突破出来ます。
目の網膜の脂肪の40~60%がDHAで構成されているため、DHAを摂取することで、目の症状(ドライアイなど)を緩和することも期待出来ます。

 

 

EPAは脳血液関門を突破することができないため、脳神経系に働きかけることはできませんし、同様に血液網膜関門の突破も出来ないので、目の症状の緩和は期待できません。
しかし、摂取後血液中に増えやすい性質があるため、血液や血管など、全身の循環器の健康維持に重要とされています。
故に、『青魚を食べると血液がサラサラになる』と言うのは、EPAの働きのことを指しています。

 


 

以上のように、EPAとDHAには効果に違いが現れます。
ただ、現状販売されているサプリメントはEPAとDHAが一緒に配合されているため、全身にも脳にも効果は期待できると考えられます。
様々なメーカー様から販売されていますが、原材料や成分などをしっかりご確認いただき、添加物が少ない、安心して与えられる物をお選びください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします