腸は、体内の最大の免疫器官であり、体全体の免疫システムの70%を担っていると言われています。
これは、腸に存在する腸内細菌のうち、善玉菌が腸の免疫の活性化に関与しているためです。

腸内細菌は

善玉菌:乳酸菌など。腸の環境を保つ。
日和見菌:腸内環境によって、善玉菌として働いたり、悪玉菌として働いたりする。
悪玉菌:大腸菌など。毒素やガスなどを作り、腸の環境を乱し、様々な原因の要因となる。

の3種類で成り立っており、その比率は2:7:1と、日和見菌が一番多く存在しています。

免疫を安定させるには腸内細菌のうち善玉菌が優勢になることであり、善玉菌優勢にするためには、日和見菌が善玉菌として働いてもらわなければなりません。
日和見菌が善玉菌として働いてくれるためには、腸の環境を正常に保つことが必須です。

 

では、腸の環境を保つためにはどうしたらよいのか?
今回は、最近よく耳にする『プロバイオティクス』『プレバイオティクス』『バイオジェニックス』についてお話します。

腸を健康に!~免疫力は腸から~』の記事も合わせてお読みください。

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、善玉菌のなかの乳酸菌の一部で、体内にとって有用な菌であり、腸内細菌のバランスを整える働きをします。
よく聞く『ビフィズス菌』はプロバイオティクスの1種です。

プロバイオティクスの条件として、

・安全性が保証されている。
・摂り入れる個体自身の腸内細菌に含まれていること。
・胃液、胆汁に対して耐性がある。
・生きている菌である。
・下部小腸や大腸で増殖が可能である。
・食品中に有効な菌数が維持されている。
・容易に摂取できる。

ということが挙げられています。

 

プロバイオティクスが含まれているものとして

・ヨーグルト
・納豆や味噌、キムチなどの発酵食品
・ピスタチオ

などがあります。

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスとは、有用な菌が定着・増殖するのを助ける物質のことで、プロバイオティクスの働きを助ける役割を担っています。
オリゴ糖や食物繊維、難消化性デンプンなどがプレバイオティクスの仲間です。

プレバイオティクスの条件として

・消化管上部で吸収されない。
・大腸に存在する有用な細菌の栄養源となり、これらの菌の増殖を促進する。
・大腸の腸内細菌のバランスを、健康的なバランスに改善・維持する。
・健康増進に役立つ。

が挙げられます。

プレバイオティクスが含まれるているものとして

・ゴボウ
・キャベツ
・アスパラ
・リンゴ
・バナナ
・大豆
・ごま
・きのこ類

などがあります。

上記の、プロバイオティクスとプレバイオティクスを合わせて、シンバイオティクスと呼ばれています。

バイオジェニックスとは

バイオジェニックスは『生物により生成された』という語源から来ており、タンパク質や酵素反応などで生成される二次代謝物のことを指します。

前述したシンバイオティクスは、腸内細菌の改善によって生体に間接的に働くのが特徴です。
それに対し、バイオジェニックスは、腸内細菌の改善だけでなく、腸管免疫を高める働きもあるため、生体に対して、直接的にも間接的にも働きかける成分を指します。

 

バイオジェニックスは、直接的にも間接的にも生体に働きかけるもので

・免疫賦活作用
・コレステロール低下作用
・血圧降下作用
・整腸作用
・抗腫瘍作用

などの効果が期待できる食品成分です。

主な成分として

・ビタミンA、C、E
・DHA、EPA
・カゼインホスホペプチド(カルシウムや鉄などのミネラルの吸収を促進する成分)

などが挙げられます。

生きていないと意味がない?

『生きて届く乳酸菌』という謳い文句をよく耳にするかと思いますが、果たして本当に生きて届かなくてはいけないのか?

答えはNo

乳酸菌を摂取した個体の腸内細菌と相性が悪ければ、摂り入れた乳酸菌を『敵』とみなし排除しようとしてしまい、便として排出されてしまうこともあります。
プロバイオティクスではない乳酸菌の場合には、胃酸で死滅してしまうこともあります。

しかし、プロバイオティクスが『生きた菌』であったのに対し、バイオジェニックスは菌の生死に関わらず、作用を発揮します。
死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質(二次代謝物と菌体成分)が『乳酸菌生産物質=バイオジェニックス』であり、腸内の免疫機能を刺激することで免疫バランスが整い、腸内細菌にも良い影響を与えることで健康が保たれるということです。

つまり、菌が死んでも、菌が排除されても、菌体成分によって腸の環境を整えることができるため、菌の生死は重要ではないのです。

プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスのどれかだけを摂取するのではなく、これら全てを活用し腸の環境を整えることによって、免疫バランスが安定し、疾患を起こしにくくすることが期待できます。
食材からも摂取することが出来ますが、すでに何らかの疾患を抱えていて腸の環境が乱れている場合には、サプリメントなどで補うのがオススメです。

 

腸内環境を整えることは、心身の健康維持にも繋がります。
腸内環境を整えて免疫力を正常に保ち、体をベースアップしてあげてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ®(犬・猫・ペット用の冬虫夏草サプリ)の安全性への取り組み
    2018年05月12日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
おすすめの記事
ポメラニアンの寿命と気を付けたい病気
ニュース・コラム
もこもこ被毛でウルウルした瞳が特徴のポメラニアンさん。 現在も、人気犬種トップ20に必ず入るほどの不動の人気を獲得しています。 また、数年前...
南浦和動物病院(埼玉県 さいたま市)
取扱い動物病院の一覧
日曜・祝日も診察を受けられます 南浦和動物病院はJR京浜東北線、JR武蔵野線の南浦和駅から徒歩10分ほどにある動物病院です。駐車場も完備して...