ニュース・コラム

コルディminiのご紹介

健康の維持には『免疫の安定』が不可欠です。

自身の力で免疫安定が図れれば良いのですが、シニア、多頭飼い、天候不安定など、様々な要因で免疫はアンバランスな状態となり、自力での安定は難しいと考えられます。

そこでお勧めしたいのが『コルディmini』です。

コルディminiは、免疫安定を担う『コルディM』に肝機能をサポートする『プラセンタ12000』が配合されています。

『コルディM』は、腫瘍を患っている子でお使いただいており、免疫が安定してきたことによって腫瘍が縮小したり、腫瘍による症状が緩和、元気や食欲などQOL(生活の質)が改善したというお声を沢山いただいております。

コルディMの使用例は『コルディ研究室』をご参照ください。(検索願います)

 

『プラセンタ12000』は、国産のSPF豚プラセンタを使用しており、肝臓の数値が悪化している子、お薬などを服用していて肝臓のダメージが気になる子でお使いいただいております。
肝臓は様々な栄養素の代謝を担っておりますので、肝臓を健康にしておくことで、元気や食欲が安定したり、また皮膚・被毛の状態の改善なども見られます。

プラセンタについては、『コルディ研究室 プラセンタについて』をご参照ください。(検索願います)

 

コルディ単独では食べてくれなかった子も、プラセンタが加わることで風味が増し、嗜好性も高まりました。

病気になってから対処するのではなく、病気になりにくい体作りこそが、健康で長生きの秘訣と考えられます。
是非、コルディminiを日々のケアに取り入れていただき、免疫安定+肝機能サポートで、穏やかなワンニャンライフを楽しんでいただければと思います。













 

 

監修獣医師:林美彩  所属クリニック:chicoどうぶつ診療所

 

代替療法と西洋医学、両方の動物病院での勤務経験と多数のコルディの臨床経験をもつ。 モノリス在籍時には、一般的な動物医療(西洋医学)だけでは対応が困難な症例に対して多くの相談を受け、免疫の大切さを痛烈に実感する。
ペットたちの健康維持・改善のためには薬に頼った対処療法だけではなく、「普段の生活環境や食事を見直し、自宅でさまざまなケアを取り入れることで免疫力を維持し、病気にならない体づくりを目指していくことが大切である」という考えを提唱し普及活動に従事している。

メールアドレスの入力だけで簡単にコルディ資料請求

コルディ電話TEL:048-474-0813
コルディメール相談