獣医師推奨サプリメント
コルディ®
コルディM30g
株式会社モノリス動物医療事業部
無料相談:048-474-0813
HOME » ニュース・コラム » 病気の予防と、健康に役立つドライフードの選び方 <コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
服用の相談(TEL)048-474-0813
コルディのお求め
製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)

病気の予防と、健康に役立つドライフードの選び方

Pocket

ドライフードの最大のメリットは給餌の手軽さです。多くのドライフードは保管性に優れ、食事のたびに冷蔵庫から食材を出すという煩わしさから飼い主様を解放します。

ドライフードは栄養バランスが考えられていて、総合栄養食をうたうドッグフードならば、それだけで栄養補給が完結します。

飼い主様がこだわれば、ナチュラル、オーガニック、プレミアム、犬種・猫種ごとの専用ドライフードも選択できます。

アレルギー対応、消化器サポート、結石サポート、なかには免疫サポートまで、様々な疾患に対応するドライフードも手に入れることができます。

選択肢が多いことは飼い主様にとってメリットのはずですが、「うちの子にあったフードが見つからない。」「本当にこのフードで良いのか。」「品質の良いフードを与えたいが、高価で続けられない。」と飼い主様を悩ませる種にもなっています。いわゆるフードジプシーになってしまう飼い主様も現れるようになりました。

このページではドッグフードを選ぶときのポイントを病気予防と健康維持の観点からお伝えします。なかなか皆様が知ることができない情報を盛り込んでいます。

 

パッケージで選ぶ危険性

ドライフードのパッケージは広告です。メーカーがかなり自由に書くことができます。

たとえばチキンを少し増やしてプレミアムとつけたり、リンゴを入れてナチュラルと書くことも特に問題がありません。光沢のあるパッケージで高級感をかもし出したり、あえて質素な感じでオーガニックな雰囲気を漂わせたりして、書かれているキャッチコピーに説得力を持たせることについては、もうまったく自由です。

ペットショップにいけば何十種類ものドライフードがずらーっと並んでいます。そこでお客さんの目を引き、手に取ってもらわなくてはなりません。そしてキャッチコピー、つまり決めゼリフで購入を決断してもらわなくてはなりません。メーカーにとってパッケージは命です。

文字フォントや文字間隔によっても印象が変わるため細部まで手が抜けません。手を抜けば売上が下がるわけですからメーカーがパッケージに込める意気込みは相当なものです。

パッケージには売るための宣伝文句がずらずら書いてあるわけですから、本質的に大切なことはほとんど書かれていないと思っていいでしょう。

言い回しのテクニックもあります。例えば新鮮な肉を80%使用と書かれれば、きっとみなさんは「タンパク質多めで良さそうだな!」と思ってしまうでしょう。でも成分表示をよく見てみるとタンパク質20%台なんてこともあります。これは嘘の広告ではなく、上手なだましのテクニックです。獣医師だってだまされるでしょう。

新鮮、たっぷり、栄養満点、ベストバランスなども、あくまでメーカー主観の装飾語です。まったくもって選択基準にはならないことを覚えておいてください。

パッケージと品質には相関性が無いことをご理解いただけたらと思います。

裏面の成分表示欄を必ずチェックする

パッケージで選ぶのは危険だとわかっても、実際にはどうしたらいいのかわからない…。という方は多いですよね。

すこし面倒かもしれませんが製品を手に取り、裏面もしくは側面の成分表示欄をチェックしてください。これは必須です。

一見難しく見えるかもしれませんが、着目ポイントは「(粗)タンパク質」です。

成分表示欄は、売り場で得られる唯一の正確な情報源です。(どこまで正確かはわかりませんが)これを見ずにドライフードを購入してはいけません。

成分分析値

出来上がった製品に、栄養素がどのくらい含まれているかを表示します。

 

(例)基本的な成分表示
分析項目 分析値
タンパク質 15%以上
脂肪 10%以上
繊維質 10%以下
灰分 10%以下
水分 10%以下

 

(例)アピールしたい項目があるときの成分表示&項目の解説
分析項目 分析値 簡単な解説
タンパク質 25%以上 ドッグフードの質をみるときに、もっとも重要な項目です。主に肉や魚に由来します。加熱によりタンパク質は分解してしまうと思っている人が多いですが、栄養価が極端に落ちてしまうという心配はありません。ただし精肉のときには存在していた酵素は、ほとんどすべてが壊れ、失活するでしょう。
脂肪 15%以上 カロリーを稼ぐのにもっとも良いのが脂肪です。タンパク質と炭水化物が共に1g=4kcalであるのに対して、脂肪は倍以上1g=9kcalの熱量を誇ります。動物性の固形脂も、サラダオイルもここに入ります。入れすぎれば当然ネチャネチャしてきます。高温でネチャネチャするのは動物性の固形脂が液状化してくるためです。
繊維 10%以下 繊維は炭水化物のうち消化吸収されないもの(残りの炭水化物が糖質)です。近頃は健康素材だと見直されていますが、基本的には繊維が多いほど質の悪いスカスカのフードだと言えます。穀物や野菜に由来し、肉や魚にはほとんど含まれません。
水分 10%以下 栄養価はなく不要な成分です。加熱乾燥でゼロに近づきますが、フードがカチカチに硬くなってしまいます。水分10%ということは1kgのドッグフードを買ってくると、そのうち100gは水ということになります。
リン 1%以上 腎不全でリンの量を気にしている方はけっこういるでしょう。動物病院でそのように言われるわけですが、それほど根拠のあるアドバイスだとは思いません。ちなみにリンはほとんどの食材に含まれています。
カルシウム 0.5%以上 骨や歯を丈夫にしている成分です。多くのドッグフードは骨ごと肉をミンチにしているので、あまり気にしなくて良いでしょう。
ビタミンC 2000mg ビタミン類を表示すると、含有量に関わらず良い印象を持つ人が増えます。フルーツを使うフードではアピール度が高まります。
ビタミンE 100UI もし表示されていなくても、欠乏してしまうようなドッグフードはなさそうです。
グルコサミン 10mg 動物の軟骨成分の1つです。表示されていなくても問題ありません。
コンドロイチン 10mg 動物の軟骨成分の1つです。グルコサミン同様、表示されていなくても問題ないでしょう。
オメガ3 100mg 脂肪の中に含まれますが、あえて別に表示するドッグフードがあります。知識レベルの高い飼い主様に対してオメガ3の含有表示は良いアピールになります。ただしフードの成形前に投入されたオメガ3は、加熱乾燥の工程で酸化されるため、むしろ健康に良くありません。
オメガ6 500mg 悪者扱いされるオメガ6ですが、不足させてはいけません。とはいってもたいていは十分量含まれているので別表示するほどのものではありません。オメガ3とのバランスが良い場合はアピールになります。
エネルギー(カロリー) 350kcal

 

チェックポイントは、タンパク質がたっぷり入っているか否かです。

タンパク質20%未満…余程の理由がない限り使わないほうがいいです。

タンパク質30%未満…メタボリックシンドローム(生活習慣病)を引き起こしやすい。特に肥満、糖尿病が心配。

タンパク質40%未満…及第点か。がん予防を意識するなら、まだお奨めできるレベルではありません。

タンパク質40%以上…なかなか売っていませんが探すとあります。50%超えもあり、メタボリックシンドローム対策、がん対策に役立つ可能性があります。
ただ、一般的なホームセンターやペットショップではなかなか30%以上のドライフードの取り扱いがありません。

そういった場合は、出来る限りたんぱく質量が多いフードを選んで頂き、そこにお肉やお魚をトッピングしてたんぱく質摂取量を増やしてあげると良いでしょう。

 

 

療法食は安全?

何かしらの疾患を患っている子には、療法食を処方する獣医が多いと思います。療法食にはメリットもありますが、何でもかんでも療法食で良いのでしょうか。
疾患の根本を考えた場合、その療法食がその子にとって良いものなのか否かを判断しなくてはなりません。

まずは添加物。

疾患を治すための食餌なのに、体に有害な添加物が入っていては元も子もないですよね。

きっと動物病院の先生は、添加物の量は少量で、一生食べても問題ないと仰ると思います。でも、健康な子ももちろんですが、疾患を持っている子であれば、有害なものは少量だとしても体内に入れたくないはずです。

添加物で多いのが酸化防止剤に含まれているBHA、BHT。これは発がん性のある添加物です。

BHAは、元々ガソリンの酸化防止のために合成されたもので、ラットによる実験で発がん性が見出されており、現在は、「油脂の製造に用いるパーム原料油およびパーム核原料油」に限り仕様が認められていますが、その他一般の食品には使用できないとされています。

ラットでの実験ですので、これがワンちゃん・ネコちゃんにとってどこまでの発がん性を有するかは不明ですが、少なからず同じ哺乳類に対して発がん性があるということですから、良い作用は無いと言うことはご理解いただけると思います。

BHT は、動物実験では脱毛・無眼症が報告されており、また、アメリカでの実験報告によれば膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する可能性有ります。

 

 

Pocket