多くの癌は再発してしまいます。

犬猫の全がんの再発率は、ゆうに50%を超えているようです。

なぜ癌は再発してしまうのでしょうか?抗がん剤で対応できるのか?そもそも再発を防ぐ方法はないのか?

がんに関する正しい情報が出回っていないため、飼い主様はご愛犬やご愛猫が癌治療を受けた後に何をしたら良いのかわかりません。
実際に再発予防の取り組みを行うのは、一部の飼い主様に限られているのが現状だと思います。

獣医師の多くも獣医大学で癌の再発率を抑える方法を習っていませんので、獣医師からの提案もあまり期待できないかもしれません。
したがって、ご愛犬やご愛猫が癌の治療を受けた後のフォローは飼い主の皆様が主体となり行っていく必要があります。

でもどんなことをすれば良いの?方法が知りたい!という皆様のお役立ちができればと思い、このページを作成しました。

ご愛犬、ご愛猫がせっかく頑張って辛い治療を受けたのですから、なんとしても再発率を下げて、ワンちゃんがワンちゃんらしく、猫ちゃんも猫ちゃんらしく過ごせるようにしていただきたいと思います。

 

癌の再発とは

手術や抗がん剤治療で一度は見えなくなったがんが、その後再び見えてきたとき、それが癌の再発です。

もしがん細胞が存在していても、塊が小さくて検査で見つからなければ再発とは言いません。

大きな塊も見過ごしてしまえば再発とはなりませんので、検査機器の精度、獣医師の熟練度などによって、再発と診断されるタイミングは変わります。

もともとがんがあった場所に再発したときは、局所再発と呼ばれ、離れた臓器やリンパ節に再発したときは、遠隔転移もしくは単に転移と呼ばれます。

 

なぜ、がんは再発してしまうのか

治療をしたにも関わらず、がん細胞を体内に残してしまうことが根本的な理由です。

  • 外科手術後の再発・・・がん細胞を取り残している。
  • 抗がん剤治療後の再発・・・がん細胞を叩ききれていない。

がん細胞の取り残しは少しも珍しいことではありません。

がんは早い段階で小さな転移(微小転移)を起こします。そのため手術でがん細胞の塊(腫瘍)を取り除いても、微細な癌細胞を取り残してしまうケースが珍しくないのです。

悪性リンパ腫などの抗がん剤が良く反応するがんでは、血液を調べてがん細胞がいなくなる状態(寛解状態)まで持ち込めますが、血液以外の場所にがん細胞が隠れています。

 

癌の再発は免れないのか?

そんなことはありません。

手術や抗癌剤治療を受けても、多くのケースで体内にがん細胞は残っていますが、それを駆逐すれば良いのです。

癌細胞を完全に駆除できなくてもがん細胞数を増やさないことです。犬や猫の寿命までがん細胞を少ないままにしておけば再発する前に寿命が訪れますので、結果として再発を防げたことになります。

癌の再発・転移を防ぐことができるかは、犬自身、猫自身にかかっています。彼らの中にある免疫の働きにかかっています。

飼い主様は、癌を患ってしまったからといってあきらめたり、運を天に任せるのでなく、ご愛犬、ご愛猫の免疫をサポートするための、良い取り組みを始めてください。

 

手術後の抗がん剤治療で癌の再発は防げる?

抗癌剤治療だけでは癌の再発を抑えることは難しいのが実情です。

「手術後に抗がん剤治療をプラスしたおかげで助かった犬猫は、何%くらいいると思いますか?」と質問すると、50%くらいと思っている人が多いようです。少なくとも30%以上だと思っている人が大部分でしょう。

しかし実際はそれほど多くのケースで再発・転移は防げていません。
抗癌剤の効果の限界を知っている獣医師(の本音)は「術後の抗癌剤で癌を治すことは容易ではない」という事を知っています。

それにも関わらず手術後の抗がん剤治療は標準治療だと言われており、飼い主様を惑わせています。

これは重要な事ですが、抗がん剤の「効く」は、がんが治るという意味ではありません。抗がん剤の効くは、次のような意味です。(固形癌の場合)

「一時的にでも良いので、腫瘍が小さくなれば効果あり。その後悪化しても効果あり。症状が緩和するだけでも効果ありとする。延命するか否かは問わない。」

それで抗がん剤を一生続け、腫瘍を小さいままにすれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、次のような理由から積極的にはお奨めしていません。

  • がんは、抗がん剤に対して耐性を獲得するので、だんだん効かなくなる。
  • 抗がん剤の副作用は厳しいため、長期間投与すると体がもたない。
  • 抗がん剤は増がん剤と言われる通り、新たながんを発生させてしまう可能性がある。
  • 延命するケースもあれば短命になるケースもある。副作用死もありえる。
  • がんとの闘いが、抗がん剤との闘いになりがち。
  • 抗がん剤によりほぼ確実に免疫力は低下する。

ですから術後に抗がん剤を使うかどうかは、複数の獣医師に相談するなどして情報を集め、よく考えて判断して頂きたいと思います。
抗癌剤の効果や副作用について「知らなかった」と後悔することがないように、慌てずに納得してから治療を受けて頂きたいと思います。

なおエビデンス(科学的根拠)があると説明されることがあるかもしれません。「エビデンスがある」と言われると、なんとなく良さそうに思えてしまいますが、「エビデンスがある=有効な治療」という意味ではありません。

しっかりとしたデータが有るという意味です。中には「1割の犬猫にはメリットがあったが、9割の犬猫には無意味だった。」程度のデータもあります。それでもエビデンスとなってしまいます。

 

ではなぜ、癌が再発しない犬や猫がいるのか

癌治療後に再発・転移しないのは、手術や抗がん剤治療でがん細胞が残ってしまっていても犬自身、猫自身が癌の増殖を抑え再発・転移を抑えているからです。
みなさんご存知の「免疫」の働きが、がんを抑えているのです。

術後の免疫の良し悪しが、再発率に大きく影響しています。免疫を整える事は癌の再発・転移を防ぐという目的ではもっとも重要な要因だと言っても良いと思います。

日本人は免疫を軽んじ、医療に重きをおく傾向がありますが、あくまでも医療というものは自己治癒力を補助するもので、多くの慢性疾患は自己の治癒力(免疫力)で病気を治しています。

兎にも角にも、免疫を良好な状態にすること。それができている犬や猫の再発率は確実に下がると思われます。

免疫を高める手段はいくつもあります。良い食事からの適切な栄養補給、運動、ストレス管理など、獣医師の手を借りなくても自宅でできることもたくさんあります。

ぜひともいままでの生活習慣を見直してください。

 

癌の再発・転移のリスクを抑えていくために-免疫対策サプリメント「コルディ」のご紹介

悪性リンパ腫や乳腺腫瘍、メラノーマや肉腫など手術後数ヶ月から1年以内に再発しやすい癌でも、免疫対策の一環としてコルディをお飲みいただき、数年以上にわたり再発・転移を抑えているという御報告を数多く頂いております。

弊社のコルディはワンちゃん、ネコちゃんの免疫を整え体調を維持することを目指し開発されたサプリメントです。
獣医師の先生方や飼い主様から癌治療後の長期生存例、元気食欲を維持している例が報告されています。

大切なご家族であるご愛猫が癌と診断されたら、コルディの使用をご検討してみてはいかがでしょうか?

コルディのお問い合わせ、ご注文はこちら
コルディの資料請求(無料)はこちら


<こちらも合わせてごらんください>
>> 犬の癌克服のヒント-症状、治療、原因、末期がんなど-はこちら <<
>> 猫の癌克服のヒント-症状、治療、原因、末期がんなど-はこちら <<

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

  • コルディ使用例
    犬猫の乳腺腫瘍にコルディを使用した例-動物病院からの報告
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期にコントロールした使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫の腹腔内悪性リンパ腫(猫の悪性リンパ腫)への使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の膀胱がんにコルディを使用した例-膀胱腫瘍(エコー画像)
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    犬の口腔内メラノーマを長期コントロールしている使用例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    猫伝染性腹膜炎(FIP)にお勧めのコルディ
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ紹介動画(採取・製造・安全性等)
    2018年01月13日
  • コルディ使用例
    犬の甲状腺癌の肺転移使用例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディ®(犬・猫・ペット用の冬虫夏草サプリ)の安全性への取り組み
    2018年05月12日
  • コルディ使用例
    犬・猫の脾臓腫瘍にコルディを使用した例
    2018年02月06日
  • コルディ使用例
    うさぎのリンパ腫/胸腺腫を負担を掛けずにコントロールした例
    2018年02月06日
  • コルディMについて
    コルディのテレビCM
    2017年12月01日
おすすめの記事
こころ動物病院(東京都江東区)
取扱い動物病院の一覧
動物たちの「こころ」を大切に こころ動物病院は東京都江東区にある動物病院です。 都営新宿線の大島駅より 亀21 東陽町駅行き「北砂7丁目」下...