獣医師推奨サプリメント
コルディ®
コルディM30g
株式会社モノリス
無料相談:048-474-0813
HOME » ニュース・コラム » がんに負けない、新しい食事のアイデア(犬猫編)<コルディは日本国産の冬虫夏草をオリジナル培養した製品です>
ご相談とご注文方法
コルディ製品情報はこちら
プラセンタ製品情報はこちら
Facebook(最新情報)
記事の検索ができます。キーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
ご愛犬やご愛猫と同じような状況の子のコルディ使用例やご相談への回答が見つかるかもしれません。

がんに負けない、新しい食事のアイデア(犬猫編)

がん予防の食材リスト「ペットだって医食同源」

goodfood02-1がん予防、がんの治療時に食事のヒントとなる資料「ペットだって医食同源」を配布しております。

どうぞ自由にお持ち帰りいただき、ご愛犬ご愛猫のためにお役立てください。

PDFファイルで閲覧

パソコンでしたらファイルの保存も簡単です。メールに添付することもできます。右クリックより対象ファイルを保存してください。

 

 

ご興味を持っていただけましたら、ぜひ続きもお読みください。

「何とかしてがんを減らしたい」私たちの願い

この「ペットだって医食同源」は「がん予防に役立つ食事」を広く発信するために、犬猫たちの栄養を大切に考える獣医師たちと共同作成いたしました。できるだけ入手しやすい食材でまとめるように心がけました。

近年、犬猫たちのがんは非常に多く、あまり望ましい状況とはいえません。がんは減らず、むしろ増えてしまっているようです。出口はまったく見えていません。弊社も危機感を募らせています。

どのような病気もそうですが、予防には薬物投与などよりも生活の見直しのほうが効果的です。もちろんがんも同様です。もっとも身近であり、がんとの関わりが強いと考えられている「食生活」から見直してみることを提案させていただきます。

私たちは、糖質を多く与えていると「がんのリスク」が高まるという考え方をベースに持っています。具体的には、穀物や芋ばかりのフードはほどほどにして、肉魚豆などの高タンパク食品を与えたほうが良いと考えています。

これは比較的新しい考え方であるために、耳で聞いただけですぐに実行できる人はなかなかいらっしゃいません。私たちもまた、限られた時間を栄養の話ばかりに割くことに限界がありました。

もし私たちの考えをまとめた配布資料があれば、飼い主様も私たちもきっと助かります。家でゆっくり読んでいただけますし、困っている知人のために取り寄せることもできるでしょう。より多くの方により良い食事法を理解していただけると思いました。そして作り上げたのが「ペットだって医食同源」です。

「犬猫たちがもっともっと長生きして、飼い主様の笑顔ももっともっと増える。」これは私たち共通の願いです。その願いを叶えるためには、犬猫たちの脅威になっているがんから目を背けることはできません。私たちの考えはきっと間違っていないでしょう。

 

 

内容の根拠につきまして

糖質を減らすという私たちのアイデアは、「がんの主エネルギーはブドウ糖である。」という事実を根拠にしています。

がん細胞のエネルギー利用法は、正常細胞とかなり異なっています。理論的には正常細胞の20倍近くのブドウ糖を消費し、増殖の糧としています。

犬猫が肉食か雑食かという議論とはあまり関係がありません。雑食性である我々人間も、がんリスク低下のために糖質摂取量を見直したほうが良いと考えています。

 

過去の常識と新しい常識

いままでの常識では、犬にはドッグフードが、猫にはキャットフードが、健康のために最も良い食事とされてきました。我々人間の食材を与えることは非常識だとされ、多くの飼い主様がその教えを守ってきました。

しかし時代は変わり、だんだんと過去の常識は見直されつつあります。屋外飼育が多く10歳にもなれば長寿と言われていた頃と、ペットが飼い主の一員となり平均寿命でゆうに10歳を超える今では、食事の考え方が変わるのは自然の流れだと思います。

今は栄養不良やカロリー不足が問題になることはまずありません。現代の最大の脅威は、犬猫たちの半数が冒される「がん」です。がんを減らすための食事バランスを考えたほうが良いのです。

手作り食の良さを目指したペットフードも登場するようになりました。ペットの食事は量よりも質が問われる時代になりつつあります。

食事の常識の見直しは、やはり人間界のほうが一歩先を行っています。ほんの数年前には考えられなかったことですが、最近は医師が「従来の常識を覆す食事法」を積極的に発信するようになりました。テレビや雑誌でも盛んに取り上げられ、みなさまも多少なりとも関心をお持ちでしょう。

タンパク質、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸。今まで大切だとわかっていても軽視されがちだったことが、あらためて重要視されるようになりました。

動物分野への応用はこれからといった感じです。とはいえ動物医療は人間医療に追随することは明らかですので、その日が来るのを待っている必要はありません。先に自分の中の常識を見直してしまって良いかと思います。

 

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)のご紹介

「ペットだって医食同源」の作成メンバーの何人かは最新の栄養学に通じています。分子整合栄養医学は、病気と栄養状態の関わりを深く掘り下げ、病的状態の根本原因にアプローチします。

医師たちを中心に、少数ながら獣医師メンバーもいます。彼らは薬物治療に限界があることを隠さず、むしろ素直に認めています。

「病気になってから治療をする」のではなく「病気になりにくい」食事なり環境づくりをしていくことがご愛犬やご愛猫、そして飼い主様にとって真の幸せにつながるのではないかと考えております。

ぜひ「ペットだって医食同源」を参考にしていただきたく存じます。

PDFファイルで閲覧

パソコンでしたらファイルの保存も簡単です。メールに添付することもできます。右クリックより対象ファイルを保存してください。